◆不動産投資セミナーレポート③ 2014年1月25日◆ 2014年1月25日(和不動産スタッフブログ) 不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  スタッフブログ  >  2014  >  1月25日

スタッフブログ

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

2014年1月25日【◆不動産投資セミナーレポート③ 2014年1月25日◆】

◆2014年1月25日◆

不動産投資セミナー開催レポート③◆

セミナー写真こんにちわ!

今回も先日の「本格派FP大倉修治先生による不動産投資セミナー」 「2014年、今年の不動産投資のトレンドはこれだ!」の開催レポート第三弾です。

次のテーマは、人口推移のお話です。

日本では、人口減少が確実視されていますが、「人口ボーナス期」という お話をされました。

「人口ボーナス期」の詳細は省きますので、興味がある方は 是非調べてみてください!

「人口ボーナス期」は経済が高度成長しやすいので、

アジアのインドネシアやフィリピンが あてはまるそうですが、これらの海外不動産を2013304購入するには、『不動産賃貸業』として、 商習慣の違いや法制上の問題なので、大倉先生はお勧めしないそうです。

そなると、注目すべきは、日本特に『東京』だと。 東京=九州(沖縄を除く)人口が同一です。 また、

『東京』は東洋経済のにもあったように、世界一魅力的な投資対象となってます。

 

201314続いてのテーマは、「金利」についてです。 不動産投資をする際に、ほとんどの方が金融機関から資金調達されると思いますが、 今は、低金利の時代なので、キャップレートが生まれやすいと。

特に、不動産投資の場合は金利も経費に計上できるのをご存知ですか?

住宅ローンが1%を切っている時代、不動産投資の金利は、3%前後ですが、 減価償却と共に、金利も経費計上できるので、特に所得税の高い方は、 金利はそれほど気にならないのではないでしょうか。

レバレッジ効果を考えると、CCRやFCR、K%、NOIが大切です。 これら用語については、また別の機会でご説明させていただきます。

このテーマの結論として、インフレとともに金利上昇の懸念はありますが、 リスク回避方法は、 ①繰り上げ返済(強調色づけ) ②複数の物件を所有し、完済時期を早め、分散する(強調色づけ) ③現金で少額物件を購入する

ということを勧めていらっしゃいました。

今回のセミナーレポートはここまで。 次回続きを報告します!ではまた! 

セミナー開催中 老後破産を防ぐ メディア掲載実績 フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オリジナルコンサルシステム オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

株式会社和不動産
メニュー