不動産投資情報「新・中間省略登記」に高まる期待!」 2014年2月28日(和不動産スタッフブログ) 不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  スタッフブログ  >  2014  >  2月28日

スタッフブログ

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

2014年2月28日【不動産投資情報「新・中間省略登記」に高まる期待!」】

 ★流通コスト削減で活性化★

こんにちわ!

いつも和不動産ブログを愛読いただき有難うございます!

不動産の業界紙「住宅新報」2014年2月18日号に不動産投資にメリットのある記事が

掲載されていたので、御紹介します。

福田先生

和不動産でも、登記でお世話になっているフクダリーガル コンストラクツ&サービシス代表の

福田龍介先生による所有権移転に関する登記のお話です。

新中間省略登記図2

中古物件を購入するときは、現在の所有者から登記を移転し、購入後の所有者へ所有権が移転します。

その中で、中古物件の買い取り・再販業者が、物件の売主になる場合があります。

和不動産はまさしく、業者としての「売主責任」がある買い取り・再販を手がけています。

その際、売主になるため、所有権や登記を業者に移転させると、不動産取得税や登録免許税など

無駄なコストがかかります。

業者は、売主責任として、再販するだけなので、登記は必要ないので、売買契約の際に、特約で、

直接移転登記の条項をいれておけば、現所有者の消費者から再販後の消費者に直接登記や

所有権を移転することができ、これを、「新・中間省略登記」といい、フクダ先生が考案されました。

新中間省略登記表

「新・中間省略登記」は、買主の消費者としては、業者の売主責任でいろいろな権利が

保護されますし、おまけに業者は頭金の経費が削減され、再販価格を押さえることが

できるため、双方にとってメリットが大きくなります。

国としても、中古住宅市場の活性化を図っている中で、この「新・中間省略登記」が推進される

ことに期待を持っているようです。

和不動産では、既に2年以上前からこのシステムを取り入れ、買主へのサービスを

提供してきました!

これからも、買主の方のプラスになるサービスを提供続けるよう頑張っていきます。

今後も和不動産の新サービスにご期待くださいませ!

キャプチャ88


セミナー開催中 老後破産を防ぐ メディア掲載実績 フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オリジナルコンサルシステム オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー