不動産投資情報◆賃料下落についての考察その4◆ 2014年3月4日(和不動産スタッフブログ) 不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  スタッフブログ  >  2014  >  3月4日

スタッフブログ

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

2014年3月4日【不動産投資情報◆賃料下落についての考察その4◆】

◆賃料下落についての考察その4◆

みなさんこんにちは!!
前回に引き続き、賃料下落についての考察
(三井住友トラスト基礎研究所投資調査 研究員 菅田氏レポート)

から今回は、経年劣化による賃料下落を軽減する管理・運用の鍵について



詳しくお話したい思います。



経年劣化による賃料下落を軽減する
管理・運用の鍵は「既存顧客」です!!

ブログ0303

経年劣化の分析を通じて、住宅賃料は新規供給動向の影響を受けやすいことが分かりました。
震災等の影響により足元の建築費が上昇していることに加え、消費税の増税によって建築コストの
上昇が見込まれることを勘案すると、東京23区における賃貸マンションの新規供給は、引き続き
低水準で推移する可能性が高くなっています。
そのため、マクロ的には現在の築浅物件は競争力を維持しやすいと考えられます。
運用・管理している物件の築年数のフェーズに応じて、新規供給動向をにらみながら
賃料下落を最小化するプロパティマネジメントが重要となります。
また、経年劣化の影響を問わず、入居者の入れ替え時に賃料が下落するリスクは大きくなります。
築浅の時期であれば、新規の入居者を見つけやすいと考える人も多いですが、
築浅の時期は賃料に大きな下落圧力がかかっている時期であるため、
特に築3~10年の物件を運用・管理する際には、既存入居者が長期入居できるような対策を講じることが
重要となります。ダウンタイムが発生しないようにすることは、経年による賃料下落を軽減する
という点にもつながります。既存入居者を大切にする管理・運用が求められています。

本日はここまで!!

キャプチャ88


セミナー開催中 老後破産を防ぐ メディア掲載実績 フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オリジナルコンサルシステム オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら


株式会社和不動産
メニュー