地価公示住宅地・商業地とも下落幅が減少 2014年3月26日(和不動産スタッフブログ) 不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  スタッフブログ  >  2014  >  3月26日

スタッフブログ

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

2014年3月26日【地価公示住宅地・商業地とも下落幅が減少】

こんにちわ!

先日も、「平成26年の地価公示」のお話をしましたが、総括は以下となっております。chikakouji

住宅地・・・全国平均で0.6%下落(前年1.6%下落)、

商業地・・・0.5%下落(同2.1%下落)

ともに、6年連続の下落であったものの、下落幅が縮小しました。

3大都市圏では住宅地・商業地とも6年ぶりに上昇に転じました。

 

低金利や、住宅ローン現前といった政策面での需要の下支えや、景況感の改善による

住宅需要拡大が相まって、住宅地・商業地とともに全都道府県での下落率減少や上昇転換の

動きにつながったようです。

tokyo-lan

 

住宅地では、都市部などの利便性が高く住環境に優れた地域での上昇基調が顕著になりました。

また、商業地はで都市部の高度利用や再開発が進んでいいるエリアでの上昇基調が強まったようです。

和不動産でも、毎週土曜日と水曜日にセミナーを開催し、

投資における今後の必勝エリアなどのセミナーを開催しております。

ご参加お待ちしております。

本日はここまで。ではまた★

セミナー開催中 老後破産を防ぐ メディア掲載実績 フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オリジナルコンサルシステム オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

株式会社和不動産
メニュー