空き家管理とその可能性 2014年4月15日(和不動産スタッフブログ) 不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  スタッフブログ  >  2014  >  4月15日

スタッフブログ

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

2014年4月15日【空き家管理とその可能性】

AS008_Lこんにちは!

本日は、住宅新報に空き家管理ビジネスの情報が出ていたので、御紹介します。

 

総務省の出す住宅・土地統計調査によると、空き家の数がここ20年で倍増しています。

そのため、国土交通省は昨年度からその対策を本格化しました。

 

空き家の放置を解消する選択肢としては・・・

①活用→賃貸住宅としての貸し出しや、売買を行う

②管理→ひとまずそのままの状態を保つ

 

この2つを位置づけ、所有者が賃貸物件として貸し出しやすい環境の整備や、空き家管理業の育成に向けた土壌作りを進めています。

その中でも②の「管理」については、空き家に特化した管理サービスが広がりつつあります。

これには基本業務として、

★通風・換気の実施

★蛇口の通水確認20131

★簡易な清掃

★庭木の確認

等があります。

物件所有者に代わってこれらを業者が行うわけですが、

そもそも戸建て所有者には、「お金を払ってまで管理を任せる」という意識が乏しいというのが現状です。その理由としては、実際に空き家があることで災害や犯罪、環境毀損という問題の迷惑をこうむるのは、空き家の所有者ではなくその周辺住民であるという違いからだと指摘されています。

空き家に特化した管理サービスの活性化のためには、「所有者には空き家を適正に管理する義務がある」という認識を広げるこ必要があるようです。

 

不動産投資においては、賃貸物件の維持・管理が、月々の収支という実際のキャッシュフローを得るうえで最も重要なファクターになるわけですが、住むわけでも活用するわけでもない空き家においては、所有者が手をかける必要性を感じられないという問題が現在重視されてきています。

空き家を将来的に賃貸住宅や売却といった方法で活用し、確実な利益を得るためには、やはりアパート・マンション投資と同じくそれまでの期間のしっかりとした管理が要になると思われます。

“今”必要がないと思われることでも、先を見据えて少しの手間をかけることで、これからのライフプランが大きく変わってくるかもしれません。

みなさんも“資産”の管理にはぜひ定期的に気を配ってください!!

 

それではまた明日!

セミナー開催中 老後破産を防ぐ メディア掲載実績 フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オリジナルコンサルシステム オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

株式会社和不動産
メニュー