都心で次々に動き出す巨大プロジェクト 2014年9月4日(和不動産スタッフブログ) 不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  スタッフブログ  >  2014  >  9月4日

スタッフブログ

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

2014年9月4日【都心で次々に動き出す巨大プロジェクト】

こんにちは!

いつも皆様には大変お世話になっております。

不動産投資セミナーでおなじみの和不動産でございます。

 

本日は日経ムックより

経済の中心、都心3区が大変貌」という記事をご紹介したいと思います。

都心で計画され次々に動き出している巨大プロジェクトに備え、

都心が今どのように変貌を遂げつつあるのかご説明いたします。

 

 

 

*都心3区を中心に、東京ドーム100個分のオフィス供給

常に様々な話題で注目されているエリアの多い東京ですが、

その中でも、「千代田区中央区港区」の都心3区は、

東証1部上場企業の約3割、外資系企業の約5割が集結し、

世界企業番付「フォーチュン・グローバル500」にランキングされる大手企業の数は

なんとニューヨークやパリ、ロンドンの倍以上にもなります。

まさに日本経済の一大中心地と言えますね。

 

さらに経済だけではなく、首都圏の主要ターミナル駅である東京駅をはじめとする

高度に発達した交通インフラの利便性、多数の文化・歴史施設を有するこのエリアは、

交通結節点や文化交流拠点としても発展を遂げています。

 

東京23区内で今後開発が計画されている大規模オフィスビルの総延床面積はimg

なんと500万平方メートルであり、

おおよそ東京ドーム100個分のオフィスが今後の数年間で供給されることになります。

そしてそれらの開発の約8割が都心3区に集中しており、

このエリアは東京開発の一大中心地となっています。

このような都市機能が集積するにつれて、

東京の中でも都心3区の優位性はより大きく高められるものと推測されます。

 

 

またこれだけ大々的なオフィス供給があるとすると、

職場の近くに住まいを求めるビジネスマンが増え、賃貸住宅の需要も今後上がっていくと考えられますね!

この計画は2017年までに開発が予定されていますので、

行動を起こすなら今がそのチャンスなのではないでしょうか?

 

 

ではまた次回のコラムでお会いしましょう!

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

2014/9/4

セミナー開催中 老後破産を防ぐ メディア掲載実績 フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オリジナルコンサルシステム オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

株式会社和不動産
メニュー