不動産への投資は腰据えて③ 2014年9月12日(和不動産スタッフブログ) 不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  スタッフブログ  >  2014  >  9月12日

スタッフブログ

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

2014年9月12日【不動産への投資は腰据えて③】

こんにちは!

いつも皆様には大変お世話になっております。

不動産投資セミナーでおなじみの和不動産でございます。

 

本日は前回に引き続き、

日本経済新聞より「不動産投資は腰据えて」という記事をご紹介したいと思います。

今回は、不動産への投資をするにあたってどういった物件を狙うべきかの一例をお話ししたいと思います。

 

 

*新しさよりも立地

不動産の購入、というのは人生においても一番といっても過言ではないほど大きなお買い物です。

 

「どうせ買うなら失敗したくない…!」

「せっかく大金を出すんだからなるべく良い物件を買いたい!」

 

こう思われる方がほとんどではないでしょうか。

ではその“良い物件”というのはどういった物件なのでしょう?

 

新築でピカピカ?設備の充実?デザイナーによる外観のデザイン性?

 

不動産への投資で失敗しない最初のポイントは、物件の選定です。

そこで皆様にまず重要視してほしいのは「立地条件」!img

 

皆様は一人暮らしなどのご経験はおありですか?

物件の選定はお部屋探しとよく似ています。

まず自分が入居者であったらどんな物件を借りたいと思うか?という想像をしてみてください。

地域にもよりますが、多くの入居者の方が「駅から徒歩10分以内」という条件を重視しています。

入居者が途絶えず、賃料を維持するには

とにかく駅から近いことが前提だといっても大げさではありません。

多少、物件が古くても需要は根強く資産価値も下がりにくいからです。

特に東京などの都心地域では、部屋を借りる人の多くがオフィスに通うビジネスマンなので

通勤のことを考えれば駅近は絶対にはずせない条件となってきます。

 

 

それに、物件の外観というのは意外と重要視されている方は少ないのです。

あまりにもみすぼらしかったり古びた外観であったなら躊躇するとは思いますが、

最近のマンションは築年数が古くても綺麗な外観のものが多いです。

そして内装は、ちょっとしたリノベーション(リフォーム)を加えるだけで

見違えるように印象が変わります。

 

水回りのタイルを清潔感のあるものにしたり、

壁紙の全体ではなく1部分だけワンポイントで色調を変え、お部屋の雰囲気をビシッと締めたり。

 

今は壁紙シールのような安易なリフォームグッズもたくさん種類があるので以前よりもimg

ずっと安価に、お手軽にお部屋の改装ができるようになりました。

なので中古の物件であっても新築同様に見せたり、高級感を出すことは意外と簡単なのです。

 

 

しかし立地というものは物件購入後に移せるものではありません。

投資用物件を自社開発で手掛けるSBIライフリビングでも、

その物件の立地を都内の駅から徒歩10分以内圏に的を絞っています。

皆様も物件購入の際には、物件の立地・交通の便などを重点的にチェックしてみてくださいね!

 

それでは次回はいよいよこのコラムテーマの最終回です。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

また次回コラムでお会いしましょう!

2014/9/12

セミナー開催中 老後破産を防ぐ メディア掲載実績 フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オリジナルコンサルシステム オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー