豊かな老後を支える家賃収入 2015年1月7日(和不動産スタッフブログ) 不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  スタッフブログ  >  2015  >  1月7日

スタッフブログ

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

2015年1月7日【豊かな老後を支える家賃収入】

こんにちは!

いつも皆様には大変お世話になっております。

不動産投資セミナーでおなじみの和不動産でございます。

 

*年金に家賃収入プラスで不安解消!

仕事も退職し、ようやく夫婦水入らずでのんびりした老後を過ごせる。

その生活の為には、月にいったいどのくらいのお金が必要か皆様はご存知ですか?

 

夫婦そろって老後を安心して過ごすためには、月36万6000円のお金が必要だといわれています。

この計算で行くと、夫婦そろって90歳まで長生きした場合、豊かな老後生活を過ごすためには

およそ1億3000万円が必要になります。

65歳から年金を受給したとすると、年金の受給総額は約7000万円になります。

仮に退職金を2000万円もらったとしても、およそ4000万円不足してしまいます。

64歳までに、その不足分の4000万円を貯めようと思ったなら、積立貯金を行った場合

30歳から積立をした場合で毎月約9万5000円、40歳から始めたなら毎月13万3000円が

必要になってきます。

日々の生活を送りながら、毎月これだけの積立貯金をするのは大変な労力になります。

そして、無事に貯金できたとしてもそのお金がちびちびと日々減っていく様子を

感じながらの生活に、本当に安息はあるのでしょうか。

家賃収入

その点、東京23区の中古ワンルームマンション投資ならば、5~6%程度の

手取り利回りを確保できます。

ここで新築よりも中古をお勧めするのは、

価格が手ごろな割には高い利回りを期待することができるからです。

しかも、例えローンでマンションを購入したとしても、

そのローンは入居者の家賃収入で返済していくことができ、

自分のお金を使わずとも資産形成が可能です。

ローンを返済してしまえさえすれば、今度はそのマンションの家賃収入を使って

さらに新しくマンションを増やしていくことができます。

 

例えば、価格1000万円、手取り利回り6%の中古ワンルームマンションを

3戸持つことができたなら、1戸あたり毎月5万円の手取り家賃収入が入り、

3戸合わせて毎月15万円の家賃収入があなたの手元に入ってくることになります。

平均的な年金の受給額は月額22万円ですから、ここに家賃収入の15万円をプラスして

毎月の収入が37万円。これなら、充分にゆとりのある老後生活を送ることができるでしょう。

 

家賃収入は毎月あなたの銀行口座に振り込まれるので、預金残高を気にすることもありません。

もしその月の収入を全部使い切ってしまったとしても、来月にはまた同じ金額の

家賃収入が入ってきます。

 

減り続ける貯金と、現役時代のように毎月お金が入ってくる家賃収入。

安心した老後を送りたいなら、どちらが良いか一目瞭然ですね。

 

では最後までお付き合いしていただきありがとうございました!

また次回のコラムでお会いしましょう!

セミナー開催中 老後破産を防ぐ メディア掲載実績 フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オリジナルコンサルシステム オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー