知っておきたい不動産運用の保険 2015年5月15日(和不動産スタッフブログ) 不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

スタッフブログ(2015年5月15日)

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

2015/5/15【知っておきたい不動産運用の保険】

こんにちは!

いつも皆様には大変お世話になっております。

不動産投資セミナーでおなじみの和不動産、

Web担当の細田です。

 

投資には、不動産投資のほかに、FXや株、国債など、

様々な投資方法があります。

しかし、投資にはリスクは付きものです。

世界情勢の変化により、FXや株は、急激に価格が下落してしまうなど

急な損益を被ることもあります。

それに比べ、中古ワンルームマンション投資は、世界情勢の変化により

数秒や数分で家賃が暴落することや、倍に跳ね上がる事もありません。

さらに中古ワンルームマンションの投資は、入居者がいることで

定期的な家賃収入が見込めます。

 

それでも、投資は投資。もちろんリスクもあります。

しかし、不動産運用は他の投資と違って、リスクに対して

事前に対策を打つことができます。

 

それぞれのリスクに対して準備・対応していくことで

リスクの軽減や回避につながります。

今日はそのリスク対策の1つである、保険の種類についてお話しします。

不動産運用をするにあたって、様々な保険が用意されているのはご存知でしょうか。

その中で、代表的なもの3つご紹介しましょう。

 

火災保険・地震保険

多くの人が知っている、火災や震災などで物件が壊れた場合の保険です。

最近は、耐震性の強い物件も増えてきましたが

外部環境の変化自然災害時のことも考慮に入れて、これは大切ですよね。

 

shizensaigai_jiware

 

団体信用生命保険(団信)

ローンを利用して不動産運用を行う際、「団体信用生命保険」に加入することになります。

もし投資者本人が死亡したり、大きな病気になったりなどしてローンが支払えなくなった時、

この団信生命保険会社が代わりに残債を支払ってくれます。

よって、親族が残債を支払うことはなく、安定した収入が得られるのです。

生命保険の代わり」とも言われ、

実際に不動産投資を始めた直後に生命保険の見直しを行い、

生命保険の支払いが大幅に減ったというオーナー様も多々いらっしゃいます。

 

father_burasagari

 

瑕疵(かし)担保責任保険

投資物件が、仮に構造耐力上に欠陥があった場合

建築事業者に責任と問うことができます。

しかし、その事業者が倒産などをしてしまった場合、

オーナー様が修理費用を負担しなければなりません。

そのようなトラブルに対して、保証してくれるのが瑕疵担保責任保険です。

 

house_boroboro

どうでしょうか。

様々なリスクに対して、保険があるなんて嬉しいですよね。

急に株価の下落や、値下げなどに対しての対策は打てませんが、

このような保険があることによって、不動産運用をより安心して

賢くやっていけたらいいですよね。

 

では最後までお付き合いいただきありがとうございます!

また次回のコラムでお会いしましょう♪

セミナー開催中 老後破産を防ぐ メディア掲載実績 フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オリジナルコンサルシステム オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー