ワンルームマンションが宿泊施設に!? 2015年5月29日(和不動産スタッフブログ) 不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

スタッフブログ(2015/05/29)

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

2015/05/29【ワンルームマンションが宿泊施設に!?】

こんにちは!

いつも皆様には大変お世話になっております。

不動産投資セミナーでおなじみの和不動産、

Web担当の細田です。

 

本日は、アベノミクスがもたらす、ワンルームマンションへの影響について

お話しします。

「アベノミクス」この言葉は、皆さんもニュースなどで耳にしたことがあると思います。

アベノミクスとは、第二次阿部内閣で掲げた、経済政策のことであり、

公共事業・大胆な金融緩和・成長戦略の三つを「三本の矢」として

日本経済をデフレから脱出し、経済成長につなげていく計画のことです。

と、ここまでは政治の話でしたが、今回お話ししたいのは、

ワンルームマンションにどう影響するかです。

 

seiji_kokkai_gijidou

 

注目したいのが3本の矢の1つ「成長戦略」です。

これにより2014年に「旅館業法特例」が決まりました。

近年、海外から日本への外国人旅行者は増え、

2013年には外国人旅行者数が1000万人を超えました。

東京オリンピックもひかえていることから、2020年までには

2000万人の来日者数を目標にしているそうです。

また、外国企業の日本進出への支援も力を入れており、

出張などで日本に来る、海外サラリーマンも増えています。

 

english_teacher_man

 

そこで問題なのが、宿泊施設です。

都内の宿泊施設だけでは全く数が足りておらず、

都心にビジネスホテルの建設を急ピッチに進めていますが、追い付いていないのが現状です。

そこで考えられたのが、ワンルームマンションのホテル化です。

対象区域にある、一定の条件が整ったワンルームマンションを

外国人の滞在に適した施設、

ホテルとしての使用を可能にしたのが旅館業法の特例です。

今までは、ホテル使用にするには特定施設と特定業者しかできませんでした。

しかし、今回の特例により、

いくつかの条件を満たすことで、定められた特区内のワンルームマンションの

ホテル使用が可能になりました。

利用期間は現在のところ7日~10日位以上の宿泊に限られていまが、この特例により

ウィークリーマンションやマンスリーマンションが契約を伸ばしています。

kankoukyaku_gaikokujin

 

 

不動産運用を始めて、自分の投資している物件を

ウィークリーマンションやマンスリーマンションに貸与することによって

空室リスクの軽減の可能性があります。

english_kaiwa_man

不動産運用のために物件を持った際は、

1つの方法として参考にして頂ければと思います。

 

では最後までお付き合いいただきありがとうございます♪

また次回のコラムでお会いしましょう!

セミナー開催中 老後破産を防ぐ メディア掲載実績 フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オリジナルコンサルシステム オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー