都心に大型ビル続々!今年23区で21棟供給予定 2016年1月29日(和不動産スタッフブログ) 不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  スタッフブログ  >  2016  >  01/29

スタッフブログ(2016/01/29)

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

2016/01/29【都心に大型ビル続々!今年23区で21棟供給予定】

みなさんこんにちは!いつもお世話になっております。
不動産投資でお馴染みの和不動産です。
本日は不動産投資家のみなさんに、気になる記事を紹介致します。

2020年に向けて、都心を中心に大型ビルが続々完成する予定になっています。
オフィス仲介業者の調査によりますと、2016年に23区内で供給される大規模ビルは21棟で、総供給面積は約62平方メートルになります。

千代田、中央、港に新宿と渋谷を加えた都心5区を見ると、床面積は15年比で35%増の約59万平方メートルになり、利便性の高い都心に、新規の大型ビルが集中していることが読み取れます。

30階建て以上の超高層や1フロア3300平方メートルを超える超大型ビルも計6棟あり、15年より2棟多くなっています。

大規模ビル

以下、16年に都内で完成する主な大規模ビルです。

・3月「JR新宿ミライナタワー」(新宿区)
地上32階建てで、オフィスやルミネの商業施設などが入る。
LINEが渋谷区内のオフィスを集約し移転させることでも話題に。
・3月「仮称・六本木3丁目東地区プロジェクト」(港区)
43階建て。
・3月「住友不動産新宿ガーデンタワー」(新宿区)
37階建て。

・4月「大手町フィナンシャルシティグランキューブ」(千代田区)
31階建てで、ビル内に温泉施設がある。
三菱地所によると「大規模なフロア面積で集約移転の引き合いが非常に強く、ほぼ満室のめどが付いている」とのこと。
三菱UFJモルガン・スタンレー証券の入居が決まっている。

・5月「東京ガーデンテラス紀尾井町」(千代田区)
36階建てビルの高層部にホテルが入る。
オフィス部分にはヤフーが入居予定。

・10月「仮称・京橋再開発プロジェクト」(中央区)
32階建て。

どのビルもほぼ順調に埋まっており、企業集約移転の流れは続くとのことです。
企業移転の影響により、企業近くに住む方が増えることが予想されるため、都心の住居がますます人気になるかもしれませんね。
今のうちから不動産投資をしておけば、需要が増えていくかもしれません。ご興味のある方は是非、弊社不動産投資セミナーや個別相談にお越しくださいませ。


セミナー開催中 老後破産を防ぐ メディア掲載実績 フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オリジナルコンサルシステム オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー