「ローンは自分が支払っている感覚ではないですね。」T様インタビュー(2017/01/13)お客様の声をご紹介いたします。不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

オーナー様の声(T様)

お客様の声

和不動産のオーナーの方にインタビューを行いました。お客様の声をご紹介します。

第32回 「ローンは自分が支払っている感覚ではないですね。」T様インタビュー

「ローンは自分が支払っている感覚ではないですね。」
T様 40代男性
不動産投資歴2ヵ月 運用物件 1戸
T様

「ローンは自分が支払っている感覚ではないですね。」
そう語るのは弊社オーナー歴2ヶ月のT様。

では、T様がローンを支払っている感覚ではないと考える理由は?
また、不動産投資を始めたきっかけ、始めてみて感じていることとは?
そんなT様のお話をご紹介させていただきます。

街並みのイラスト

始めようと思ったきっかけは、前から不動産に興味があったからです。
今の自宅も6~7年前に自分で購入したマンションなんですが、賃貸だとずっと家賃を払い続けることになり、【毎月の賃料×12カ月×年数】で計算していくと「年間で結構な金額を払っているな」と思って。
家賃を若い時から払っていると考えると、結構な金額を払っているなと思いました。
やっぱりお金がない時こそ、そういうことを考えるじゃないですか。「節約したい」とか、「貯蓄したい」とか、「生活を見直したいな」と思ったことが、不動産に興味を持ったきっかけですね。
自宅のマンションを 6~7年前に買って、買った時は賃料を払うのが馬鹿らしいなと思って、だったらそれを自分のものになるマンションであれば、ただ家賃を払うだけでなく、ちょっとずつ返済していれば預金しているみたいな感じで、自分の財産になる方がいいと思ったんです。
その頃から、「不動産という資産」に安心感を持っていたんだと思います。

その後、去年までは順調に年収も上がっていたのですが、今年に入ったら突然給料が減ってしまいました。
「将来のためにも、このままじゃまずいな…」と考えていた矢先に、テレビで「不動産投資」の番組を見て釘付けになりました。それは芸能人の方が不動産投資をしているという番組だったと思います。
ですが、「不動産投資は、ある程度大きい資金を持っていないとできないものだろう…」と思っていたので半ば諦めかけていたのですが、でも可能性を捨てずにいろいろ調べてみようと思い、ネットで不動産投資について調べ、とある和不動産とは別の不動産投資会社に資料を送ってもらいました。
資料を見ると、その会社は新築マンション投資の会社だったので、「これはないな。」と。パンフレットがあまりにも綺麗すぎて、なんか違うなと思ったんですよね。
今自分が住んでいるマンションも中古のリフォームマンションなんですが、それを購入する際も不動産業者から「新築は買った瞬間から値下がりしちゃうので、中古の方がいいですよ」と言われていたので、新築には抵抗があったんです。結局資料請求をしたのは新築マンションのその1社のみです。

不動産投資の中でも、マンション経営とアパート一棟で迷わなかったかというと、始めからマンションが良いと思っていました。と言うのも、アパートは庭の掃除だったり、階段の修理だったりと、管理の手間を考えると忙しいサラリーマンの自分には向かないなと思っていたので、全く興味はなかったです。

そして2番目にネットで見たのが和不動産のホームページで、中古ワンルームマンションのセミナーをやっていて、テレビにも紹介されている会社だったので、テレビに出ているということは悪い会社ではないだろうなと(笑)
そして、和不動産のホームページの中に 「サラリーマンでも頭金10万円から始められる」と書いてあったので、大きな資金がないと始められないだろうと思っていたのが、自分でも出来るのではないかと希望が出てきて…。
また、 実際にやっているオーナーの年齢とか職業が自分と近かったり、自分より若い人からもっと年齢が高い人までやっていますと書いてあったので、これは本格的に「自分にもできるかな?」と思ったんです。
それで、実際に和不動産の不動産投資セミナーに行って、個別相談をし、すぐに購入までお願いしました。
自分は「不動産投資」や「不動産投資ローン」という言葉を、不動産投資をやろうと思うまでは知らなかったんです。今回初めて知って、実際に知らない人も多いのではないかと思いました。
広告ではよく見かけたりしますが、本当にしっかりと理解している人は少ないと思います。今は和不動産のセミナーに参加したり、個別相談できちんと説明してもらったので、「この銀行も不動産投資ローンをやっているんだな」というオーナー目線で広告を見ることが
出来るようになりましたね。

自分は今40代後半ですが、今思うと、本当はもっと早いうちからやった方が良かったのかもしれません。
あと5年くらい早ければよかったかもしれませんが、その時の私には、不動産投資をやるきっかけがなかったですね。
仕事がうまくいっていたり、収入もそこそこあったりして調子のいい時は不安を感じることもないのですが、会社員である以上、会社の業績に左右され、いざ収入が減ったりすると、貯金を切り崩す生活では困るなととても不安になりました。
だったら、いったん手持ち資金が少なくなるにしても、将来のために資金を増やす方法はないかなと。和不動産が勧めてくれたプランだったら、瞬間的には頭金 10万円と諸費用の数10万円が手元からなくなりますが、やはり最終的には物件という資産として残せるので、安心できますよね。
あとは、ローンの団信が保険の代わりになることとかも、和不動産に相談して初めて分かったことなので、不動産投資には家賃収入以外にも、いろんなメリットがあると分かりました。

最初の考えでは、将来的に収入が減っても、それを家賃収入で補えればいいなという程度でした。
僕の場合、あと10年くらいで定年なんで、今以上に給料が増えるという見込みは少ないですしね。
最近はあまり残業もできなくなってきているので、残業代も期待できない。給料もそんなに昇給とかもないですし。もしこの状況から飛び出そうとすると、転職したり管理職になるとかですよね。そうなると給料体系も変わってしまうので、当初の給料は下がってしまいますよね。
なので、今が年収のピークじゃないかなと。あとは下がっていく一方なのでしょう。
それが将来的な60歳以降の不安を考えるきっかけだったのです。
このまま給料が減って、今までのようにお金が使えなくなった時に、お金がないのは寂しいなと。退職した 60歳以降どうなっちゃうのかなというのも心配ですよね。
でも、今と同じ給料がもらえなくなっても、副収入があれば、仕事も一生懸命やりますが、給料が多少下がっても、家賃収入で補えればいいなと。
実際に始めて和不動産でコンサルティングしてもらい、生命保険料も減らせるとか、税金も減らせるとか、給料の補てん以外のメリットも後から付いてきたという感じですね。

将来的なことを考えて、最終的に今回購入した賃貸用マンションが自分の資産になったりとか、定年後に何歳まで生きるかわからないですが、ただ退職金を減らしていくよりは、毎月決まった家賃が入った方が安心感が得られますよね。
株は向いている人と向いていない人がいるじゃないですか。デイトレーダーとかセミプロのいる中での勝負は大変なので、自分は株に向いていないタイプ。
それに比べて不動産投資は、あまり知識がなくても漠然と「堅い」というイメージがありました。
そして和不動産のセミナーを聞いて、「都心の築浅中古ワンルームマンションはやっぱりいいな」と思いました。セミナーは「これが聞きたい」と思って決めたというよりは、たまたま時間が空いていた時に開催していた和不動産のセミナーに参加したのですが、実際聞いてみたら自分に合った内容で、「都心の築浅ワンルームが欲しいな」という気持ちが高まりました。
不動産投資をやるんだったら、「立地が一番重要」というのがとても理解できました。
城西側より城東側の利回りがいいとか、電車などの利便性が重要なんだと。物件の最寄り駅の路線がどこを通っているかが重要なんですね。
他にも、家賃とか、駅までの距離とか、物件の駐車場有無とか。そういった点も重要なのが分かりました。和不動産では自分に合った物件を提案してくださるので、自分で何か選ぶという面倒くささもなく、良いプランを提案してもらったと思っています。

購入後ですか?アフターフォローはすごく良いと思いますね。セミナーでお話も聞きましたが、いろいろ相談できるプロの相手がいるのは良いと思います。
まだオーナーになって2カ月なので実際にはこれからですが、月々の収支を管理していただいたり、キャッシュフローの変化を記録してもらったり、効果的なお金の使い方を提案してくれるのはいいですよね。次のアクションのタイミングやお金の使い方のアドバイスをいただけるのはとてもありがたいです。

今後の目標は、キャッシュフロー月 10万円を60歳までに作ることを目標としています。
もしローンが下りるなら、ローンを組めるだけ物件を買いたいですね。
ローンは自分が払うわけではないので、入居者が払ってくれるので全く怖くないです。
自分が払うとなると、「払えなくなったらどうしよう」と怖いかもしれませんが、自分名義でローンの枠だけを貸している感覚です。
ローンは誰でも組めるわけじゃないですし、借りられるのであれば、限界まで借りた方がいいですよね。ホリエモンも言っていましたが、信用がないとお金を借りられないので、借りられるなら借りた方がいいと。今は金利も安いですし。

これから始める方に伝えたいのは、自分がどこまでリスクを取れるかをよく考えて決めてほしいですね。最終的には自己責任ですから。何も考えずに目先のことだけで一棟物件をやったりする人もいると思いますが、よく考えて決めた方がいいと思います。
そして、怖くて二の足を踏んでいる人には、「もったいないな。いいこともたくさんあるのに。」と思うので、何もやらないよりはやった方がいいと思います。
100%絶対成功するものなんてないし、先のことは分からないので、自分がいいと思えることを早くやった方がいいと思いますね。

街並みのイラスト

以上、T様のご意見でしたが、皆さんどのように感じられたでしょうか?

不動産投資を始めるにあたり、「ローンを組むのが怖い」という声を多数耳にします。
しかし、ローンには「良い借金」と「悪い借金」があるのです。
それを理解し、さらに「レバレッジ効果」や「複利」の仕組みを知っていただければ、不動産投資を行う上で、ローンを組むことの重要性がお分かりいただけると思います。
ローンを組んだ場合、返済は入居者が支払ってくれる家賃収入で賄えるため、T様もおっしゃっていたように、ご自身で払っているというよりも入居者が払ってくれるという感覚になるでしょう。
ワンルームだとスピードが遅いという人もいらっしゃいますが、弊社の提案はローンを効果的に使い、効率の良い投資をすることで、リスクを最小限に抑えながらスピードを上げることが可能となります。ご興味のある方、詳しく知りたい方は是非、弊社の不動産投資セミナーにご参加いただければと思います。
お一人での参加や女性の参加も大歓迎ですので、皆さんお気軽にお越しくださいませ!

不動産投資セミナーの情報はこちら
⇒http://nagomi-fudousan.com/seminar/study/

セミナー開催中 老後破産を防ぐ メディア掲載実績 フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オリジナルコンサルシステム オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー