不動産投資失敗事例 (その3)。不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  不動産投資とは?  >  不動産投資失敗事例

不動産投資 失敗事例 (その3)

不動産投資 失敗事例
不動産失敗事例 失敗事例 ~その3~


最近、ポータルサイトの影響もあり利回り至上主義になっている気がします。

当然、利回りとリスクは相関関係にありますが、人間利回りが良い方に魅力を感じることも頷けますが、そこにも注意が必要です。

不動産投資失敗地方の物件のネックは家賃が安いことです。

例えば、利回りが10数%で
毎月手取りのキャッシュが
2万円出ている物件を購入したとします。
そして、2年間で入居者が出てしまい、
原状回復に10万円かかったとします。
すると、
10万円(原状回復費用)÷48万円(2年間の収入)=20.83%となります。

つまり、原状回復費用が「家賃の約20%」になってしまいます。

原状回復費用は、家賃が安くても全国ほぼほぼ一律です。
その他、賃貸を付ける際の広告費や設備の維持費用等の費用をまかなうと手元に残る金額は残りわずかというケースも多々あります。

収入が入らないこともネックですが、重い経費負担を強いられるようなことにならないよう、
慎重に不動産投資を行っていただければと思います。

セミナー開催中 老後破産を防ぐ メディア掲載実績 フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オリジナルコンサルシステム オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら


株式会社和不動産
メニュー