2015年3月7日配信のメールマガジンです。不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  メールマガジン  >  2015  >  3/7

和不動産メールマガジン 2015年3月7日

和不動産メールマガジン 成功大家さんの声をお伝えします。

和不動産からオーナー様へ定期配信を行っているメールマガジンをご紹介します

2015年3月7日【1億円ローンでリスク低減!?】

topics 1)  オーナー様のお悩みとは…?

2)不動産投資の鉄則『1億円ローンでリスク低減!?』

3)今週の不動産投資セミナーご案内

2015年3月14日(土)11:00~

『不動産投資成功の道標 ★リスクを減らした最大限のローンの組み方教えます★ 』

4)ニュース

5)あとがき onayami不動産投資で大切なことは、収益を上げていくこと。

収益を上げて満足を得ているオーナー様もいれば、

そうでない方もいます。

不動産投資は、スタートすると全員がそれなりのメリットを得ることが

できます。しかし、スタート後にもっと増やそうと行動する方とそうでない

方で差が広がっているのも事実です。

もし、不満に感じている方がいらっしゃいましたら、

営業と今一度お話する機会を頂ければと思います。

そして、収益を上げるやり方を理解することでメリットが広がることと思われます。

今回のメルマガと今週のセミナーでも取り上げますので、是非 ご参考にして下さい。 tessoku 上記のオーナー様のお悩みでもありましたように、

メリットを感じているがその振れ幅に差が出てきているというのは

具体的にどういうことなのでしょう。

例えば一例として下表で見てみると、ローン額10,000万円ではメリット感じている人が多いのですが、ローン額1,000万円ではメリット感じている人が少ないという結果となっています。

なぜそのような結果になるのでしょうか。 3.9図1 3.9図2

ローン額だけ見てしまうと、いくら不動産投資とはいえ、

多額だと思われるかもしれません。

ですが、不動産投資だからこそメリットを大きく感じることもできるのがポイントになります。

まずはメリットを感じている人が少ない部分から、文字に表していきたいと思います。

 【メリットを感じている人が少ない】

・ローン額1,000万円

・月々の収支24,250円

・10年後の残債800万円

・10年で減った元本200万円

 

【メリットを感じている人が多い】

・ローン額1億円

・月々の収支242,505円

・10年後の残債7,970万円

・10年で減った元本2,030万円

 

上記の表を言葉で表してみたのですが、不動産投資なのでローン額はitioku1,000万円超となるのはイメージができますが、やはり1億円という数字、言葉をみると驚いてしまいます。 億という桁は、宝くじなどのギャンブルのようなものでしか聞いたことのない、夢のような 言葉に感じます。 上記の表に戻ってしまいますが、月々の収支2万円と20万円。 もらえるものは、多ければ多い方がいいと思うのは誰しも思うところです。

1件当たり2万円だとするならば、その倍欲しければ件数を増やすことが必要なのはお察しの通りです。o06200400main37

手取収入を増やすことで、ローンの元本償却も大きく変わってきます。   表の10年で減る元本の償却を比べてみます。

 

 

・ローン額1,000万円の場合は200万円

・ローン額1億円の場合は2,000万円

またまた単純な考えになってしまいますが、ローン額1億円の場合の

10年後の金額。 2,000万円の償却ともなれば、1物件が1,000万円なら

ば2件分のローンの返済が完了してしまう計算になります。

個人の懐から直接支出している資金と考えると少し引けてしまうかもしれませんが、実際の不動産投資では、お家賃収入から得ている収入から支出しているので手元に資金を残しつつさらには、資産を増やしていくことができます。

そして、何より、すぐには準備が難しいと思われる1億円という資金を、

ローンを利用することで回すことができるようになります。

収入を増やすことができれば、次に進む選択肢も増えるはずです。

不動産投資は目標達成するためのもの。

お家賃で得た収入についても目標達成するための準備資金として

蓄えを作る、自然とできてくる蓄えを利用し次のステップへ進んでいくことができる。

状況により、問題などが発生したとしても、おそらく手元に準備資金があれば対応できるでしょう。

783283dbbb2d0d1ad2173dffe5e25055_78ただ、1億円を貯蓄してくださいと言われれば、相当な年月を経てとなり、目標達成にはかなりの時間を要してしまいます。 不動産投資で使うことができるメリットを、最大限有効活用していくことで、目標達成することは、自分で考えているよりも早く達成することができるはずです。

自分ではすぐに準備できない大きな資産を、上手に回してあげることができるのは、 不動産投資のメリットになります。

不動産投資は目標達成すること、上手に大きな資産を回すことですが、回すためには何が必要か。それはスピードです。

そのスピードが必然的に上がっていることにお気づきでしょうか。

スピードと言っても、返済のスピードもありますが、このスピードは不動産投資での目標達成のスピードを指します。

何かを急いでいるスピードではないのですが、せっかく不動産投資での資産運用を考え始めたのならば、できるだけ早く目標とするところに到達したいものです。

と、なりますとスピードを持って活用できるものは最大限活かしていく。

この波に乗ることで資産形成のスピード化を図ることができます。

もちろん、資産形成をする中で返済をしていくというスピードも必要にはなるかと思います。

つまりは、使えるものは上手に最大限活用していくことで、資産形成のスピードも増すことになります。

スピードが増せば、不動産投資で目標としている資産形成に到達することができ、将来的の夢や、安定が見えてくることとなり、安心感も早く得ることができるので、余裕もできてきます。

Web いろいろ考え、不動産投資を始めたからには、目標達成と安心、安定を早々に得て将来に対する余裕を作り出したいものです。   動産投資を成功させるにはオーナー様の様々な決断が必要です。何を決断すればよいか詳しく知りたい方は、今週のセミナーにご参加いただければと思います。   セミナー 2015年3月14日(土)11:00~

『不動産投資成功の道標

★リスクを減らした最大限のローンの組み方教えます★』

 

<セミナー概要>

現在、不動産投資を始める方への著書など多数出版されていますが、多くが成功するまでや、○年でいくら貯まる!などといったものかと思います。 では、実際にはどうすればいいのか?どのように成功へと進めていけばいいのか? オーナー様の声や、弊社ならではの成功への道標をお伝え致します!

m   <セミナーの目次>

・不動産投資が必用な理由

みなさんはなぜ不動産投資を始めようと思われましたか?何かしらの理由があるはずです。 そして、なぜ不動産投資が必用なのか?説明していきます。

・ハイスピード不動産投資のメカニズム

不動産投資はもちろん、不動産があって成り立ちます。その不動産の仕組み、不動産投資の仕組み、スピードについて図などを使いご説明します。

・目標を達成する方程式

目標達成には、進め方つまりは方程式があります。いろいろな用語がありますが、その用語の解説なども合わせ、方程式をズバリ解説します!

・物件購入後もスピードアップ!

物件は購入までが目的ではありません。購入後からがポイントとなりますよね。 それはなぜか?そして、スピードアップとは何のこと?なぜ、購入後もスピードアップすることができるのか、可能なのかなどを解説していきます。

・質疑応答

セミナー内でもご質問はいただけますが、疑問に思われたことや不明点は何なりとご質問ください!!

 

<セミナー参加者様の声>

セミナーご参加いただき、購入をされオーナー様となった方、これから購入を考えている方の声を載せさせていただきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ゲーム会には参加したことはあったが、セミナーへの参加は初めてでした。 いろいろな種類のセミナーはあるが、代表のセミナーに参加し方針など聞いてみたいと思っていた。 参加したことでよく理解できたし、今後の自分の目標達成のイメージができました。 (40代男性) ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ news 先月2/16(月)弊社代表:仲宗根和徳の著書が出版、販売開始となりました。 syosekilp (2) 販売当日から好評!丸善 丸の内本店 ビジネス書部門1位を獲得! そしてそのランキングが、 3月1日(日)発行の日本経済新聞(21面)に ビジネス書週間ベストセラーランキング1位として掲載されました!! かなり注目されている代表の著書。 まだ、お読みでない方は是非お早目にお手に取ってください。 img     atogaki 今週末はホワイトデーです。 バレンタインデーより、やや盛り上がりに欠けるような気がしますが。。   そもそもホワイトデーは、日本のみの行事?になります。 東アジアで635321358822637少々広がりはあるものの、日本が発祥のようです。 なぜ、ホワイトデーという名前になったのでしょうか? 1973年頃、お菓子やケーキでおなじみの不二家と、マシュマロで有名なエイワが協力し、チョコレートのお返しにキャンディやクッキーなどを贈る「メルシーバレンタイン」キャンペーンを実施、 そこで白は「幸福を呼ぶ」、「縁起が良い」という意味があることから、バレンタインデーの1ヶ月後にホワイトデーと名付けられ設定されたそうです。   キャンディから、クッキー、マシュマロとお返しは様々ですが、九州を中心とした飲食業界や酒類取扱業種などでは、シュワシュワ?なお返しとしてシャンパンを贈りましょうという活動が展開されているようですね。   男性が女性に対してお菓子を贈るより、飲食に誘う方がスマートではないか?自然な流れで普及していくのではないかと広げる活動をしているとのこと。 お酒を飲まない人にとっては、お菓子がいいのではと思ってしまいます。。 バレンタインデーに渡す方、ホワイトデーにお返しする方と双方にとっては、一緒にいる空間を共有できることが嬉しいという点も考慮しているのでしょうか。   バレンタインデー同様、ホワイトデーも土曜日です。 素敵な、また楽しい1日をお過ごしくださいね。   会社連絡先  お問合せは、こちらをクリック! Facebookやってます! 【いいね!】大歓迎です! twitterやってます! 【フォロー!】大歓迎です! 個人情報保護指針は、こちらをクリック! 勧誘指針は、こちらをクリック!

セミナー開催中 老後破産を防ぐ メディア掲載実績 フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オリジナルコンサルシステム オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

株式会社和不動産
メニュー