賃貸併用住宅のメリット2【山本俊成 第59回】不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  FPコラム  >  山本俊成 第59回

FPコラム

FPコラム

ファイナンシャルプランナーによる金融商品に関するコラムです。

【山本俊成 第59回】賃貸併用住宅のメリット2

前回に引き続き、「賃貸併用住宅」のメリットをまとめます。

 

賃貸併用住宅のメリット:住宅ローンの低い金利で賃貸部分を持つことができる

賃貸併用住宅のメリットの1つに「金利が低い住宅ローンで、不動産投資ができる」という点があります。通常の不動産投資に使うアパートローンの金利は一般的に住宅ローンの金利に比べて高いです。

2014年4月現在、住宅ローンの変動金利は0.775%など1%を切るものが多いですが、アパートローンの場合変動金利で2%以上、高いところでは4%以上のところもあります。

 賃貸併用住宅ではこの金利の低い「住宅ローン」を使って賃貸住宅部分も作ることができます。



 

アパートローンと比べた場合の住宅ローンのメリット

住宅ローンをアパートローンと比べた場合には、金利が低いという以外にも様々なメリットがあります。まず住宅ローンは35年返済が可能です。アパートローンでは返済期間は新築でも20年程度までしか取れません。住宅ローンは長期で返済ができ、毎月の返済額を少なくすることができます。

 

また住宅ローンはアパートローンに比べて審査が通りやすい面があります。さらに住宅ローンを利用する場合には、住宅ローン減税も受けられます。現在の住宅ローン減税制度は、毎年の年末のローン残高の1%を10年間、所得税から引くことができる(引き切れない分は一部住民税からも引くことができる)というものです。

2014年4月現在、住宅ローン減税の最大額は、一般の住宅の場合には年間40万円、長期優良住宅の場合には年間50万円となっています。

 

こうした住宅ローンを使って、賃貸部分を持つことができるというのは賃貸併用住宅の大きなメリットになる



でしょう。なお賃貸併用住宅で「住宅ローン」を利用するためには一定の条件があります。

一般的にはオーナーの住宅部分の面積が50%以上あることが必要です。

こういた条件を満たせば有利な条件で不動産投資ができることになります。

 

セミナー開催中 老後破産を防ぐ メディア掲載実績 フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オリジナルコンサルシステム オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー