【質問22】築古のほうが利回りは良さそうですが、築古と築浅の違いを教えてください。 不動産投資をされる方がよく質問されるFAQをまとめました。不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資Q&A(22)

不動産投資Q&A

【質問22】築古のほうが利回りは良さそうですが、築古と築浅の違いを教えてください。

【答え】

不動産投資で物件を選ぶポイントに資金調達と経費率があります。
例えば、購入資金の全てを銀行から融資を受けられたとします。
その場合、あなたは次々に物件を購入し、収入を増やすことが出来ます。

しかし、その物件が融資を受けられなければ、あなたは購入資金全額を自分の財布から支払わなくてはなりません。財布のお金を使い切れば、もう物件は増やせません。

建物が一定年数以上古くなると、銀行からの融資が受けられなくなってしまうために「値下げ」された物件が多く、築古は利回りが高くなります。

自己資金の少ないうちは銀行融資の受けやすい築浅の方が買いやすく、長期間のメリットを必要としない方には安く購入出来る築古の方が向いています。

経費率とはその収入に対してかかる必要経費の割合です。
不動産では主に管理費や修繕費用がそれに当たります。

バブル時期に建築された物件はオーナーが転売する(長期間保有しない)目的で建てられたものが多いため、築年が経つごとに修繕費用がかさんでくる傾向にあります。

一方で2000年代の物件では家賃回収を目的とした仕様の物件が多くなったため、建築当初から長期間経費を抑えられるような素材を選ぶ等の工夫により、修繕費用の高騰が抑えられオーナーが収益を維持しやすいといった違いがあります。

>>  よくある質問一覧に戻る  <<



いかがでしょうか 不動産投資の疑問は解決いたしましたか?
詳しくお聞きになりたい方、ご相談は随時受け付けております。
不動産投資のプロ 和不動産にお任せください。

不動産投資Q&A

不動産投資に関するご質問、ご相談は随時受け付けております。
不動産投資が初めての方も お気軽に和不動産までご連絡くださいませ。
メール、電話(フリーダイヤル)でも受け付けております。

■不動産投資に関する お問い合わせ先
株式会社 和不動産
メール: info@nagomi-fudousan.com  >>お問い合わせフォームはこちら
電話(フリーダイヤル):0120-003-753


セミナー開催中 老後破産を防ぐ メディア掲載実績 フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オリジナルコンサルシステム オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

株式会社和不動産
メニュー