【質問40】地震や天災などが起こった時が心配です。 不動産投資をされる方がよく質問されるFAQをまとめました。不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資Q&A(40)

不動産投資Q&A

【質問40】地震や天災などが起こった時が心配です。

【答え】

地震保険ですが、建築物を規制する「建築基準法」は、万一、地震が起きた場合、人的な被害が最小限に留まるように建築物の耐震性の技術基準を設けています。
現在の耐震性に関する基準は1981年に定められたもので、それ以前の耐震基準と区別して「新耐震基準」と呼んでいます。1981年に定められた新耐震基準は、昭和43年の十勝沖地震や昭和53年宮城県沖地震での建物倒壊被害を教訓に、耐震性をより強化したものとなっているのです。
地震に関係して起こる火災や全壊、半壊などについては地震保険に加入していれば保険金支払がされます。

次に天災です。落雷、風災、水災が主な天災になると思われますが、天災について万が一の場合には、地震保険同様、火災保険に加入していれば、支払の対象となります。

例えば、落雷や台風により窓ガラスが割れ建物が損害を受けた。大雨による洪水で床上浸水し、建物が損害を受けたなど。
上記の内容については、火災保険でカバーすることができます。火災保険に任意で地震保険の付帯をすることができます。

区分マンションの場合、別途で地震保険を付帯する方は少ないです。なぜかというと、お部屋に対してではなく、建物に対して地震保険に加入しているためです。
地震により1部屋のみが被害を受けるというということは、考えられないことからです。

>>  よくある質問一覧に戻る  <<



いかがでしょうか 不動産投資の疑問は解決いたしましたか?
詳しくお聞きになりたい方、ご相談は随時受け付けております。
不動産投資のプロ 和不動産にお任せください。

不動産投資Q&A

不動産投資に関するご質問、ご相談は随時受け付けております。
不動産投資が初めての方も お気軽に和不動産までご連絡くださいませ。
メール、電話(フリーダイヤル)でも受け付けております。

■不動産投資に関する お問い合わせ先
株式会社 和不動産
メール: info@nagomi-fudousan.com  >>お問い合わせフォームはこちら
電話(フリーダイヤル):0120-003-753


セミナー開催中 老後破産を防ぐ メディア掲載実績 フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オリジナルコンサルシステム オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら


株式会社和不動産
メニュー