【質問42】ワンルームマンションの寿命はどのくらいですか?将来老朽化したときはどうなるのですか?建て替えの費用がかかったりしますか? 不動産投資をされる方がよく質問されるFAQをまとめました。不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資Q&A(42)

不動産投資Q&A

【質問42】ワンルームマンションの寿命はどのくらいですか?将来老朽化したときはどうなるのですか?建て替えの費用がかかったりしますか?

【答え】

マンションの構造上の寿命は約65年と言われます。(最近の長期優良住宅制度の該当物件では100年以上の耐久力を有している物件も多いです。)
日本で最初期に作られた鉄筋コンクリート(RC)造建築である「同潤会アパート」ですら70年以上稼働していましたので、しっかりとメンテナンスをしていれば長期間の収入源になってくれると思います。

また、マンションの場合、オーナーは「敷地権」という土地の権利を所有者全員で共有しています(一部例外有り)。老朽化したマンションは、この「敷地権を売却する」か「建て直す」かについて選ぶことになります。

売却する場合、一時金を得るか、新しく建設した建物の権利の一部と交換するかを選ぶことができます。
都市開発の盛んなエリアの場合、立て直す際に以前よりも高層階の建物を建てることが可能な場合が多く見受けられます。
実際、建て替え事業者が以前の建物よりも増やせる階層を販売できる権利と引き換えに、既存の所有者に建て直した新しい部屋を引き渡すといった例もあります。
しかし、誰にも見向きもされない立地の場合は買い手もつかず、所有者から建て直しの費用も集められずに放置されてゆくというケースもあるのです。

RC造建築の建て替え期間の平均は約33年(東京カンテイ調べ)となっていますが、次の事業者に売却をされるのが多いためですね。

そのため、将来老朽化したときのことを想定として、人が集まり、住居、商業にニーズの高いロケーション(立地)で物件を所有することが望ましいと言えます。

>>  よくある質問一覧に戻る  <<



いかがでしょうか 不動産投資の疑問は解決いたしましたか?
詳しくお聞きになりたい方、ご相談は随時受け付けております。
不動産投資のプロ 和不動産にお任せください。

不動産投資Q&A

不動産投資に関するご質問、ご相談は随時受け付けております。
不動産投資が初めての方も お気軽に和不動産までご連絡くださいませ。
メール、電話(フリーダイヤル)でも受け付けております。

■不動産投資に関する お問い合わせ先
株式会社 和不動産
メール: info@nagomi-fudousan.com  >>お問い合わせフォームはこちら
電話(フリーダイヤル):0120-003-753


セミナー開催中 老後破産を防ぐ メディア掲載実績 フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オリジナルコンサルシステム オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら


株式会社和不動産
メニュー