【質問43】日本の人口が減少傾向にありますが…今後賃貸の需要はあるのでしょうか? 不動産投資をされる方がよく質問されるFAQをまとめました。不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資Q&A(43)

不動産投資Q&A

【質問43】日本の人口が減少傾向にありますが…今後賃貸の需要はあるのでしょうか?

【答え】

今日本では、2010年ピークに人口の減少が始まっていますね。
では、空室も多くなっているのでしょうか。
総務省の発表している「空き家率」のデータを見ると以下のようなグラフになります。

空き家率

これを見ると空き家率は年々上昇しており、人口減少の始まった平成22年頃よりも現在のほうが悪化しています。
では次にこのデータを地域毎に分けてみましょう。

空室率の高い都道府県
空室率の低い都道府県

この表をみると、大都市圏ほど空き家率が低く、地方ほど空き家率が高くなっているのがわかります。
人口減少問題が議論される時に真っ先に議論されるのは地方の過疎化になります。
過疎化により、地域が不便になれば住民は利便性や仕事を求めて都市に人が集まってくることになります。
2014年12月時点で1億2688万人いる日本の総人口は2050年には9515万人になると予想されています。
そのなかで、都市部への人口集中は加速して行きます。
全人口に対する都市圏の割合は2010年時に50.3%(東京圏27%、名古屋圏8.8%、大阪圏14.5%)であるのに対して2050年には56.7%(東京圏32.5%、名古屋圏10.1%、大阪圏14.1%)と拡大してゆくと予想されています。(国土交通省:長期展望委員会)
特に東京圏への流入は非常に大きな割合となります。
大家業を営む上で、収入の安定化を図るためにも空き家率は非常に重要な要素になりますので、人口減少化を考慮して都市部に物件を持つことが大切ですね。

>>  よくある質問一覧に戻る  <<



いかがでしょうか 不動産投資の疑問は解決いたしましたか?
詳しくお聞きになりたい方、ご相談は随時受け付けております。
不動産投資のプロ 和不動産にお任せください。

不動産投資Q&A

不動産投資に関するご質問、ご相談は随時受け付けております。
不動産投資が初めての方も お気軽に和不動産までご連絡くださいませ。
メール、電話(フリーダイヤル)でも受け付けております。

■不動産投資に関する お問い合わせ先
株式会社 和不動産
メール: info@nagomi-fudousan.com  >>お問い合わせフォームはこちら
電話(フリーダイヤル):0120-003-753


セミナー開催中 老後破産を防ぐ メディア掲載実績 フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オリジナルコンサルシステム オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

株式会社和不動産
メニュー