【質問46】築年が古くなった時、入居者が入るのか不安です。 不動産投資をされる方がよく質問されるFAQをまとめました。不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資Q&A(46)

不動産投資Q&A

【質問46】築年が古くなった時、入居者が入るのか不安です。

【答え】

物件が古くなったときの事を考えておくことは大切ですね。
よくアンケート等で入居者が賃貸物件を探す時に重要視するポイントの上位に「築年数」は入っていますが、実は「妥協したポイント」アンケートでも上位になっています。
「重要視する」のアンケート結果では築年数の他に「通勤・通学時間」「設備」「セキュリティ」といった項目が上がってきます。
つまり、築年数が古くなったとしても、それ以外のメリットが享受できれば気にしないという人のほうが多いということです。
「時間」で重要な最寄り駅からの距離について不動産は動くことが出来ない為、購入時にしっかりと見極める必要があります。アットホームの調査結果では駅から15分以内でお部屋を探す人が85%という結果が出ています。
また、10分以内の希望者が50%を超えていますので、駅10分以内を目安にすると良いでしょう。

次に「設備」「セキュリティ」については、購入後もアプローチが可能な分野になります。
設備でいえば、「バス・トイレ別」「室内洗濯機置き場」「エアコン」「フローリング」といった項目が希望条件の上位になりますのでこれらの設備を定期的にリフォームして入居者のニーズに合わせてゆきましょう。
和不動産では、古くなった後も物件の価値を保てるようにお客様一人一人の目的にあった物件のセレクトや計画的なリフォームを行ってゆくためのアフターフォローをおこなってゆくことで業界トップクラスの入居率を実現しています。

>>  よくある質問一覧に戻る  <<



いかがでしょうか 不動産投資の疑問は解決いたしましたか?
詳しくお聞きになりたい方、ご相談は随時受け付けております。
不動産投資のプロ 和不動産にお任せください。

不動産投資Q&A

不動産投資に関するご質問、ご相談は随時受け付けております。
不動産投資が初めての方も お気軽に和不動産までご連絡くださいませ。
メール、電話(フリーダイヤル)でも受け付けております。

■不動産投資に関する お問い合わせ先
株式会社 和不動産
メール: info@nagomi-fudousan.com  >>お問い合わせフォームはこちら
電話(フリーダイヤル):0120-003-753


セミナー開催中 老後破産を防ぐ メディア掲載実績 フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オリジナルコンサルシステム オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

株式会社和不動産
メニュー