和不動産投資セミナー開催レポートをご紹介いたします。

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資 和不動産 トップページ  >  セミナー・個別相談  >  和不動産投資セミナー開催レポート

不動産投資セミナーレポート

和不動産投資セミナー開催レポート

和不動産 投資セミナー開催レポートをご紹介

最新記事のご紹介

2017/04/12【第340回】不動産投資セミナー開催レポート

みなさん、こんにちは! 不動産投資セミナーでお馴染みの和不動産です。 4/12(水)19時30分より、弊社スタッフが講師を務めるセミナーを開催致しました。 テーマは【年金対策は東京の不動産で】でした。 お仕事帰りにお疲れの所、弊社に足をお運びくださりありがとうございました!

不動産投資セミナー第340回

今回のセミナーでは、以下の項目に沿ってご説明させて頂きました。
------------------------------------------------------------------------
1. 年金の仕組み
2.年金不安の理由
3. 望まれる年金の在り方
 (個人年金・資産運用・不動産投資・保険)
4. 不動産投資で年金対策
5. 最後に
6. 質疑応答

------------------------------------------------------------------------
詳しくはセミナーにてお話しておりますが、ほんの一部をご紹介致します。

例えば、30歳と45歳の男性サラリーマン投資をはじめると仮定します。
■30歳から始める/年収500万(貯金550万)
■45歳から始める/年収600万(貯金1000万)

65歳まで運用した投資の成績として、以下にまとめました。
(FXはギャンブルと同じようなものであるため、老後対策としておすすめしません)
------------------------------------------------------------------------
■30歳から始めた場合
・保険
( 生命保険、個人年金 )
→運用益:500~600万(年利0.4~0.7%)
・株式投資 ( 投資信託含む )
 →運用益:2000~6000万 (年利3~5%)
不動産投資
 →運用益:1億4120万
(物件年実利4.4%)⇒ (運用実利7.12%)

------------------------------------------------------------------------
■45歳から始めた場合
・保険
( 生命保険、個人年金 )
→運用益:150~300万(年利0.4~0.8%)
・株式投資 ( 投資信託含む )
 →運用益:1000~2030万 (年利3~5%)
・不動産投資
 →運用益:4400万
(物件年実利4.4%)⇒ (運用実利7.7%)

------------------------------------------------------------------------
運用した上での実質利回りとして、レバレッジを効かせた場合の運用利回りが良いことがわかりますね。
年齢も若いうちから始めたほう生涯の運用益が格段に違ってくることがわかります。

もし“マンション経営”について気になっているけど、一歩が踏み出せないという方は、弊社のセミナーにお越しください!
個別相談も行っておりますので、お気軽にご相談いただければ幸いです。
今回もセミナーの最後には、質疑応答の時間をご用意いたしました。
弊社の不動産投資セミナーは少人数制のため、質問していただきやすい環境です。

今回セミナーに参加したお客様の声から頂いたお喜びの声をご紹介いたします!
「年金制度を改めて理解することができ、勉強になりました」(男性)
それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました。
また次回のセミナーレポートでお会いしましょう!

【和不動産の不動産投資セミナー】開催日はこちらをチェック!
⇒ http://nagomi-fudousan.com/seminar/study/

2017/04/09【第339回】不動産投資セミナー開催レポート

みなさん、こんにちは! 「不動産投資セミナー」でお馴染みの和不動産です。 4/9(日)13時30分より、弊社スタッフが講師を務めるセミナーを開催致しました。 テーマは【不動産投資 都心vs地方で比べてみました】でした。 今回のセミナーでは不動産投資で「都心」「地方」に物件を持った場合を比較し、 以下についてご説明させて頂きました。

不動産投資セミナー第339回

------------------------------------------------------------------
1. 収益性の違い
2. 空室率でみる入居率の比較
3. 物件価格の比較
4. 家賃に対する経費率の比較
5. 金融機関の評価基準の比較
6. 全体の結論

------------------------------------------------------------------
都心か地方、どちらで不動産投資をしようかと悩んだ際に、すべて気になるキーワードですよね。
収益性空室率価格経費率評価基準

詳しくはセミナーにてお話しておりますが、ほんの一部をご紹介致します。
例えば、地方でいえば「沖縄」「京都」などが人気の立地ですが、「沖縄」であれば、駐屯している自衛隊の外国人が1.5%で購入するので、売却で稼げるということで一部投資家の間で一時期人気がありましたが、持っている間は利回りが低いといったデメリットもあります。
「京都」は建物制限があり供給自体が少ないので、投資家にとってブルーオーシャンのときも一時ありましたが、買いあさられすぎて今は買い時でないなど、セミナーのみで公開している情報も多数ございますので、ぜひ一度セミナーにお越しくださいませ。

もし“マンション経営”について気になっているけど、一歩が踏み出せないという方は、弊社のセミナーにお越しください!
個別相談も行っておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

今回もセミナーの最後には、質疑応答の時間をご用意いたしました。
弊社の不動産投資セミナーは少人数制のため、質問していただきやすい環境です。

今回セミナーに参加したお客様の声から頂いたお喜びの声をご紹介!
「23区のみを扱ってるという点、安心して投資できる物件を厳選しているという会社の方針がわかりました」(男性)
それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました。
また次回のセミナーレポートでお会いしましょう!

【和不動産の不動産投資セミナー】開催日はこちらをチェック!
⇒ http://nagomi-fudousan.com/seminar/study/

和不動産投資セミナー開催レポート

2016年の記事一覧

セミナー開催中 老後破産を防ぐ メディア掲載実績 フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オリジナルコンサルシステム オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞記事 雑誌掲載 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー