第272回(2016年10月2日)第272回 和不動産投資セミナー開催レポートをご紹介いたします。

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

和不動産 投資セミナー開催レポート(272)

和不動産投資セミナー開催レポート

和不動産 投資セミナー開催レポートをご紹介いたします。

2016/10/02【第272回】不動産投資セミナー開催レポート

みなさん、こんにちは!不動産投資セミナーでお馴染みの和不動産です。

本日は弊社羽鳥によるセミナー「マイナス金利の影響を受けた物件をお教えします」を開催致しました。
ご参加いただいたみなさん、ありがとうございます。

第272回不動産投資セミナー

セミナーでは、
・マイナス金利とは?
・マイナス金利による市場への影響
・マイナス金利による不動産への影響
・今後の不動産への影響

など、上記カテゴリーに分けてご説明させていただきました。

今回のレポートでは、「マイナス金利による不動産への影響」についてお話しさせていただきます。

まず、なぜマイナス金利が不動産に影響するかというと、その要因の一つに「相続税」が関わってきます。
2015年1月の相続税改定により、節税対策を目的としたアパート建設が急増していることはみなさんもご存知でしょうか。マイナス金利により地方銀行が不動産への融資に積極的になっている現在、相続税対策と相まって、アパートが急増しています。
その結果、供給が急増しましたが、需要とのバランスが取られていない「供給したい側の都合」で建設されているため、空室率が悪化してしまいました。

関東のとある市では、このような状況から悪循環を生んでしまった例があります。

都市計画法が改正され、自治体にて建物が建てられるエリアの変更が可能に。それを受け、今までは駅前エリアのみにしか住居が建てられませんでしたが、市内ほぼ全域で住居が建てられるように変更されました。
市側は若い世代が流入し、活性化してくれることを期待していましたが…実際に建築されたのは150棟ものアパートでした。しかも、その9割がサブリースだったため、実際の入居者は不明ですが、人口5万人の市に150棟ものアパートが供給されたということで、需要とのバランスが崩れていることは言うまでもないでしょう。

さらに、サブリース会社は家賃を取りたいがために、空室を避ける為どのような入居者でも入居させてしまいます。その結果、3億円相当の大麻が保管されていたという事件になりました。地域の環境悪化にも繋がり、建築エリア拡大は市の期待を裏切る結果となってしまいました。

このように、需要を伴わない供給は、物件の価値を下げてしまうだけでなく、地域にまで影響してしまう可能性があります。治安の悪い地域では、空室になってしまい、家賃を下げるはめに…という悪循環に陥るため、需要と供給のバランスがいかに大切かお分かりいただけますでしょうか。

本セミナーでは、この他にも今後のオススメエリアや、避けた方がいいエリア、その理由など、不動産投資のプロだからこそお伝えできるお話をさせていただきました。
ご興味のある方は是非、弊社の不動産投資セミナーへお越しいただければと思います。
みなさんのご参加をお待ちしております。

それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました。
また次回のセミナーレポートでお会いしましょう。

【和不動産の不動産投資セミナー】開催日はこちらをチェック!
⇒ http://nagomi-fudousan.com/seminar/study/

セミナー開催中 老後破産を防ぐ メディア掲載実績 フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オリジナルコンサルシステム オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞記事 雑誌掲載 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

株式会社和不動産
メニュー