第286回(2016年10月30日)第286回 和不動産投資セミナー開催レポートをご紹介いたします。

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

和不動産 投資セミナー開催レポート(286)

和不動産投資セミナー開催レポート

和不動産 投資セミナー開催レポートをご紹介いたします。

2016/10/30【第286回】不動産投資セミナー開催レポート

みなさん、こんにちは!不動産投資セミナーでお馴染みの和不動産です。
本日は、新オフィス移転前最後のセミナーが開催され、【格差社会を生き抜く!一生、生活に困らない「仕組み」を作る方法を教えます!】というテーマで行われました。
このセミナールームでの開催も最後となり、寂しい気持ちもありますが…初参加の方からリピーターさん、オーナー様まで、様々な方にお越しいただきありがとうございます!

不動産投資セミナー第286回

まず、なぜ老後に資金不足に陥りやすくなってしまったのか、ご紹介しましょう。

近代の年金制度が出来たのは第二次世界大戦の頃で、古い歴史のある制度です。当初、軍事資金調達の目的もあったということで、現在の少子高齢化社会に合った制度ではないということがお分かりいただけるでしょう。本来の年金制度の目的とはかけ離れていたことが予想されます。

金融市場に関しては、1980年代まで「護送船団方式」という行政方針で、落ちこぼれや飛び抜けるものが出ないよう、みんなが横並びになるような金融業界全体の安定を図るための構造が取られていました。しかし、1996年橋本内閣時、「金融ビックバン」という金融政策改革により、日本の金融市場をニューヨークやロンドンと並ぶ金融市場にすることを目指すことになりました。

その結果、銀行での外貨預金やインターネット証券会社の参入、保険価格の自由化などが認められ、金融商品やサービス向上という消費者へのメリットがもたらされました。
しかし、メリットがもたらされた一方で、終身雇用制度が崩壊し、市場競争が行われることになりました。自由に選ぶことが出来るようになった反面で、個人の自助努力による資産形成が求められ、その分自己責任が強まったということになります。

老後資金の確保のために個人の自助努力が必要ということは、単なる投資ではなく、絶対に失敗してはいけない安定した資産運用が必須となります。

そこで弊社でオススメしている資産運用が「都心の中古築浅ワンルームマンション経営」です。
なぜ「都心」「中古」「築浅」「ワンルームマンション」が良いのか?
安心老後の「仕組み」を作り切るための方法とは?
など、初心者の方にも分かりやすいよう弊社のこだわりも合わせ解説させていただきました。

リスクを最大限に抑え、安定して収入を得る仕組みを作る方法を詳しくお知りになりたい方は、是非弊社の不動産投資セミナーへお越しくださいませ! みなさんのご参加をお待ちしております!

それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました。
次回のセミナーレポートでは、新しいオフィスでのセミナー風景がお伝えできますので、みなさんお楽しみに!

【和不動産の不動産投資セミナー】開催日はこちらをチェック!
⇒ http://nagomi-fudousan.com/seminar/study/

セミナー開催中 老後破産を防ぐ メディア掲載実績 フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オリジナルコンサルシステム オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞記事 雑誌掲載 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

株式会社和不動産
メニュー