なぜ?いい物件を購入してもマンション投資で不労所得の形成に失敗するのか?|和不動産

不動産投資の和不動産

なぜ?いい物件を購入してもマンション投資で不労所得の形成に失敗するのか?|和不動産

なぜ?いい物件を購入してもマンション投資で不労所得の形成に失敗するのか?

和不動産のマンション投資を確認したい方は、

個別相談にご参加いただいた方は、弊社代表 仲宗根の書籍プレゼント なぜ?いい物件を購入してもマンション投資で不労所得の形成に失敗するのか?





数字の管理が苦手な方

マンション投資初心者の方

購入後に大きな出費ができない方

その理由を先に確認したい方は、上記の「先にチェックする」を
クリックして該当部分をご確認ください。

マンション投資は不動産会社選びで決まる!


相続の悩み


不動産会社には、各社【得意分野】と【不得意分野】があります。


不動産業とは、衣食住の「住」の部分を担う国民生活に欠かせない業界です。不動産業の取り扱う範囲は広く、1つの不動産会社が何から何までカバーすることは困難と言わざるを得ません。そのため、不動産会社は不動産に対する業務を一括りで取り扱うのではなく、各々【得意分野】を磨いてお客様にサービスを提供しています。

マンション投資で失敗しないためには、あなたに合った物件を選ぶことと同様にあなたに合った不動産投資会社を選ぶことが大切です。

不動産投資会社を選ぶこと 足りない部分を補う

不動産投資会社選びのポイントは、「投資家自身の足りない部分を補ってくれるか?」です!


「自分に合っている不動産投資会社とは何か?」わかりにくいテーマかもしれません。私たちは、不動産投資会社選びのポイントは、「投資家自身の足りない部分を補ってくれるサービスを提供しているか」どうかだと考えています。

多くの方は、より安く物件を購入し、より安くサービスを受けることを考えがちですが、ポイントはそこではありません。なぜなら、安く物件を購入しても、サービスを安く受けても、最終的にフォローしてもらえずにマンション投資で失敗しては意味がないからです。

逆に、適切なサービスを受けてマンション投資で結果を出すほうが、投資家としては有意義といえるのではないでしょうか?多くの投資家の目的は、マンション投資で自分が望む結果を出すことでしょう。そのため、必要以上に費用を切り詰めて、結果が出ないのであれば、それは本末転倒と言えます。

ただし、必要以上にサービスにお金をかけることもよくないことです。それでは、必要なサービスとは何なのでしょうか?

それは、投資家自身の足りない部分を補ってくれるサービスなのかどうかです。足りない部分を補ってくれるのであれば、安心してマンション投資ができるようになるでしょう。そういった視点で、不動産投資会社を選ぶことが重要です。


不動産投資会社選びは、投資家自身の状況で決まります。


不動産投資会社選びは、投資家自身の状況で決まります

不動産投資会社選びは、投資家自身のレベルで決まります。上図をご覧ください。

①知識がある人は、物件を安く購入しても、不動産投資会社からサポートを受けなくても、自分で対応できるため費用を安くすることを考えます。逆に、自分で対応できない部分に関しては、費用を払って適切なサービスを受けています。必要な部分にお金をかけ、必要のない部分のコストをカットすることは、投資家としてのノウハウがあるからこそできることです。

②のタイプは、資産家の方です。資産家は、資産運用の額が大きいので、専門家を雇っても運用益でサービス費用を支払えます。万が一、急な修繕や長期の空室があっても資産があれば当面、耐えられます。その間に、専門家のアドバイス通りにトラブルシューティングを行い、元通りの運用収益を得ることも可能でしょう。

③のタイプは、資産運用初心者の方。将来不安のため、資産運用を始めたが、費用面の問題から専門家のバックアップは受けておらず、手探りで運用している状況です。これは、マンション投資にかかわらずほかの資産運用でも同様のことが言えるでしょう。

書籍やセミナーで①のタイプの方から学んだ手法をやろうとしているのですが、スキルが足らずに真似できていません。自分の足りない部分を、プロに補ってもらうことも考えてみて下さい。

このように不動産投資会社選びは、投資家自身のレベルで決まります。もちろん、今現在①の方も、最初は③からスタートし今の現状に至っているのです。

逆に、③の方は、必要以上に無理をせず、最初は自分のサポート体制を整えてマンション投資をスタートし、軌道に乗ったら①や②のタイプの方の真似をしたほうが、無難といえるでしょう。最初から、身の丈に合わない運用をすると、大きな痛手を負うこともありますので注意してください。

自分の手に負えない状況に陥ると不動産投資は失敗します!


Q.どんな失敗をしましたか
自分の手に負えない状況に陥ると不動産投資は失敗

不動産投資で失敗するときは、自分の手に負えない状況に陥った時がほとんどです。上図は、不動産投資の失敗理由のアンケート結果になります。その理由を大きく分けると、「空室」「修繕」「毎月のランニングコスト」といったところでしょうか。つまり、物件を購入することはできても、運用することはまた別物だということがわかります。

物件を購入するときにはローンが使えますが、購入後の費用は大半は現金支払いです。そのため、不動産投資での「損」は、自分の貯蓄の範囲以内しかできないということになります。

不動産投資で大きな利益を得るためにはスケールメリットが必要ですが、スケールを求めすぎると空室や修繕がある時にかかる費用のスケールも大きくなってしまうのです。一般のサラリーマンが、数百万円もの費用を何度も支払うことは困難でしょう。

そのため、自分の身の丈に合ったアドバイスを受け、自分の足りない部分をサポートしてくれる体制作りが必要なのです。

不動産投資会社選びは、投資家自身が何を求めているかでも決まります

「安心」「快適」「お金持ち」で悩む図
資産運用では、大きく3種類の投資があります。それは、
「安心を得るための投資」「快適を得るための投資」そして「お金持ちになるための投資」です。

「安心」を求めるなら、「安心なプラン」を。

「快適」を求めるなら、「安心なプラン」と「快適でいられるプラン」の両方を満たすことが必要です。

「お金持ち」を求めるなら、「安心プラン」と「快適プラン」を達成したうえで、「お金持ちになるプラン」を達成する必要があります。

そのため、提案を受ける不動産投資会社が、「安心でいられるやり方を紹介するのか?」「快適でいられるやり方を紹介するのか?」それとも「お金持ちになるやり方を紹介するのか?」で、選ぶ不動産投資会社も変わります。

ちなみに、和不動産が紹介する中古ワンルームマンション投資は、「安心」と「快適」は満たせるかもしれませんが、「お金持ち」を目指すのであれば少しハードルが高いかもしれません。

自分が将来どうなりたいのかをしっかりイメージして、その目的に適した不動産投資会社を選ぶことが求められています。

和不動産のマンション投資が目的に合っているかを確認したい方は、


マンション投資の相談をしたい方は、

和不動産が選ばれる理由

和不動産が選ばれる理由

オーナー様のレベルで不動産会社から提供されるサービスを決めることが重要

不動産投資会社選びのポイントは、「投資家自身の足りない部分を補ってくれるサービスを提供しているか」どうかだとお伝えしました。

スキルのある投資家は、より安くという視点で付き合う不動産投資会社を考えても良いかもしれません。しかし、これから始める初心者の投資家の方は、ある程度の資金力やノウハウが身につくまで不動産投資会社と二人三脚でマンション投資を始めていった方が無難でしょう。

実際、あまり知識のない資産家の方も、プロの力と助言を受け資産を拡大させている現実もあります。それだけ、自分に足りない部分を補ってくれる存在は重要なのです。

下図のように、投資の失敗による自己破産もここ数年で大幅に増加しました。特に、仕事で結果を出しているエリートサラリーマンの方は、投資関連のさまざまな書籍を読んでいるうちに、自分もできるという錯覚をしてしまいがちです。

まずマンション投資が軌道に乗るまでは、失敗しないということも必要なスキルであると考えてください。

自己破産の原因調査
自己破産の原因調査

和不動産のサービスは、どのようなオーナー様に喜ばれているの?


投資家自身の足りない部分を補う重要性をお伝えしてきましたが、和不動産でもオーナー様の不得意な部分をフォローしてきました。

和不動産とお付き合いくださるオーナー様は、以下の3つの理由でお付き合いをお決めになっているケースが多いようです。





数字の管理が苦手な方

マンション投資初心者の方

購入後に大きな出費ができない方

その理由を先に確認したい方は、上記の「先にチェックする」を
クリックして該当部分をご確認ください。
和不動産では、マンション投資初心者の方とお付き合いすることも多く、お困りのオーナー様をサポートするためにサービスを改良してきました。

1つ1つのポイントを説明いたしますので、是非 ご確認いただければと思います。

①数字の管理が苦手な方

●経営には数字の管理が必須

マンション経営・アパート経営など不動産投資は、経営者的な視点を持つことも重要です。そのため、オーナー様には数字の管理が求められます。数字の管理が苦手だというオーナー様は多く、やり方がわからなくて困る一番の悩み所と言えるかもしれません。

ちなみに株式会社では、損益計算書・貸借対照表・キャッシュフロー計算書の作成が求められています。オーナー様においては、ここまできっちりする必要はないかと思われますが、ある程度の数字の管理は必要といえるのではないでしょうか?

和不動産では、この数字の管理を和不動産が独自に開発した「N-RICOS(エヌリコス)」というシステムを活用し、和不動産では、3か月に1度の面談(WEBでも可能です)時に、オーナー様と二人三脚で管理しております。N-RICOSの説明は、動画をご覧ください。



N-RICOSで入力した数字は、和オーナーズ倶楽部でいつでも確認できますので、数字の管理が苦手なオーナー様からも大変喜ばれています。

N-RICOS

資産運用で数字を把握することは、いわば当たり前です。しかし、数字の管理をしっかり実施しているマンション投資家は、思いの外 多くありません。
しっかり数字を管理することが、成功の第一歩です。私たちは、数字の管理をお手伝いすることに非常に大きな意味があると考え、サポートに取り組んでおります。
●自分が望む結果から逆算した計画が必要

多くの投資家は、自分の目的を果たすために投資活動を実施していると思います。しかし、多くの投資家が資産運用において、自分が望む結果を得ているかというとそうではありません。それは何故か?私たちは、アプローチ方法に問題があると考えています。

多くの投資家は、自分ができることを一所懸命実施しています。ただ、自分が実施している資産運用で目的を達成できないのには、理由があるのです。それは、自分がやっている資産運用が、必ずしもゴールに向かっているわけではないから。目的を達成したいのであれば、目的から逆算した資産運用のプランを作らなければなりません。

この方法は、ゴールベースアプローチと呼ばれ、資産運用で目的を達成するために必要とされる考え方です。和不動産では、オーナー様の将来的に得たい目標キャッシュフローを確認し、それを達成させるプランをご提案させていただいております。

ゴールが決まっていれば、あとはそれに向かってアプローチを進めていけばいいわけですから、オーナー様の目的は達成しやすくなるはずです。

憂いのない老後生活へのロードマップ
オーナー様の目的

オーナー様と共にロードマップを作成し、その頂を一緒に目指していく活動を私たちは心がけております。

●資産運用は、お金の使い方が重要

資産運用の成果で差がつく一番の理由は、お金の使い方にあります。お金の使い方が上手な投資家は資産を増やし、そうでない投資家はいまいちの結果に終わっていることが多いようです。そのため、資産運用では、お金を上手に使うことが求められています。

ちなみに、マンション投資では、3つの方法を駆使してキャッシュフローを増やしていきます。その3つの方法とは、「内部成長」「外部成長」そして「財務」です。

「内部成長」「外部成長」そして「財務」
「内部成長」は、所有物件にリフォームなどを施して収益性を高め、キャッシュフローを向上させます。

「外部成長」は、新規に物件を追加取得することで資産規模を拡大し、収益原資となるキャッシュフローを向上させることです。

「財務」は、ローンの借り換えや繰り上げ返済などで、財務コストを下げることになります。

これら3つの方法を駆使して、収益性を向上させていくのですが、数字の管理ができなければ、効果測定もできません。そのため、マンション投資のノウハウを築いていく過程では、数字の管理は最も重要なポイントです。

逆に数字の管理さえできていれば、マンション投資のノウハウは概ね構築できるはず。何をやればどの程度効果が出るかを理解していれば、より効果的なお金の使い方もできるでしょう。数字の管理が苦手なオーナー様に喜ばれている理由は、ここにあります。

和不動産のマンション投資が目的に合っているかを確認したい方は、


マンション投資の相談をしたい方は、

②マンション投資初心者の方

●マンション投資で成功するためには「投資家としてのレベルを上げる」

マンション投資にかかわらず資産運用で結果を出すためには、「投資家としてのレベルを上げる」ことが必要です。では、どうすれば、投資家としてのレベルを上げることができるのでしょうか?

私たちは、「投資家としてのレベルを上げる」ために必要なことは、「語彙力」を高めることだと考えています。

「語彙力」を高める

マンション投資に対しての語彙力が高まれば理解も深まり、投資活動自体も楽しくなってくるはずです。マンション投資が楽しくなってくれば、よりパフォーマンスも上がり、投資活動を継続していく原動力にもなるでしょう。

そんな語彙力を高めるためには、話し相手が必要。実は、ここが一番の問題かもしれません。近くに投資の話ができる人がいないという方も、多くいらっしゃいます。わからないことを気軽に相談できる相手は、思っている以上に重要な存在です。

和不動産では、そんな悩みを解決するために3か月に1度のコンサルティングで、オーナー様と面談し、マンション投資についてじっくり対話をしております。最近では、オンラインの技術も向上しているので、より気軽に面談できるようになりました。

その結果、徐々に理解できる内容も増えてきたと、好評をいただいております。
オーナー様と対話する一番のメリットは、下の図で説明できます。オーナー様が、自分のやりたいことやマンション投資についての意見を弊社スタッフに話すことで、オーナー様自身の頭の中で情報が整理されマンション投資に対する新しい気づきが生まれるのです。

対話

その結果、マンション投資に対する語彙も増え、さらに理解が深まることでしょう。この繰り返しが、「投資家としてのレベルを上げる」ことに繋がるのです。

●マンション投資で成功するためには「習慣を変えることが重要」

マンション投資で成功するためには「習慣を変えることが重要」になります。なぜなら、今の自分を作り上げているのは、今の自分の習慣だからです。つまり、「投資家としてのレベルを上げたい」「資産運用でより結果を出したい」と考えるのであれば、今までと違う行動をしなければなりません。

そして、上手くいった行動を習慣化させることができれば、資産運用のパフォーマンスにも好影響を与えることでしょう。しかし、今までしみついてきた習慣を簡単に変えることは、困難です。

そこで重要な考え方が、「if-thenプランニング」という考え方。if-thenプランニングとは、あらかじめ「こうなったらこうする」ということを決めておくことです。あらかじめやるべきことが決まっていれば、いざそうなった時にスムーズに行動をおこせます。

和不動産では、3か月に1度のコンサルティングの際に、あらかじめやるべきことをオーナー様と話し合っています。

キャッシュフローを向上させるため、「内部成長」「外部成長」「財務」の視点で、こうなったらこうするという行動を決めておくことで、スピーディな行動を促進しているのです。

「N-RICOS(エヌリコス)」は、数字の管理だけでなく、オーナー様が投資家として成長していただくための「トレーニングプログラム」的な役割も果たしています。実は、マンション投資で一番重要なことは、たくさんの行動を引き起こすこと。

なぜなら、得た収益を使い再投資という行動を起こすことで、収益が収益を生む複利的な運用に近づくことができるからです。資産運用の世界では、福利効果を活用することが重要とされており、複利で運用するために再投資という行動が必要になります。つまり、インカムゲインを得るための投資の神髄は、行動回数です。

語彙や行動・習慣が重要だということの理解を深めていただくために、「思考は現実化する 」というマザーテレサの言葉を紹介します。

「思考は現実化する 」マザーテレサの言葉

思考が言葉になり、言葉が行動になり、行動が習慣になり、習慣が性格になり、性格が運命になると説いています。

つまり、マンション投資の語彙を増やすことで思考が形成され行動が生まれるのです。そして、行動が習慣を形成し、習慣がオーナー様の投資家としての性格を作り上げます。最終的にその性格によって資産運用の結果が、生まれるということです。そのため、資産運用の結果を変えるためには、結果を変えるためのトレーニングをしなければなりません。

結果を出すための道筋をしっかり理解し、成功を引き寄せる投資家になれるよう行動していきましょう。


●マンション投資で成功するためには「続けることが重要」

マンション投資で成功するためには「続けることが重要」になります。なぜなら、複利効果を活用することが、マンション投資の運用では効果的だからです。下図をご覧ください。100万円の元本を年利6%で単利と複利で運用した場合の違いを比較した表です。


利回り6%で運用した場合、単利と複利では収益性の加速が違う!
続けることが重要
当然、複利で運用した方が結果が良くなります。そのため、多くの投資家が複利で運用しているかといえば、そうではありません。なぜなら、複利運用の効果が実感できるのは、10~15年を経過しないと実感できないからです。それまでは、地道に続けることが、複利で運用するうえでは必要なポイント。そのため、インカムゲインを得るための投資では、再投資を続けていくことが重要なのです。

しかし、インカムゲインを得るマンション投資のような資産運用は、最初の成果が見えにくいのが特徴。例えば、2,000万円のワンルームマンションを購入し、利回りが5%なら年間に得られる家賃収入は100万円です。自分が投資した金額に対して、利益は年間数%になってしまうため、儲からないと考えてしまう方も多いのでしょう。

インカムゲインを得る投資は、倍々と運用益を増やすのではなく、じっくりと時間をかけて運用する性格があります。しかし、下の図のように、投資してから数年間は、回収した金額に対しリターンが少ないので、我慢できずに辞めてしまう投資家の方も多くいらっしゃいます。

最初の数年は我慢が肝心

続けることが重要

逆に、結果が急には出ないことを理解して、時間をかけて自己資金と回収した収益を再投資し続ければ複利的な運用が可能になり、10年・15年と年数がたつにつれて満足度は上がっていきます。

つまり、インカムゲインを得るマンション投資とは、時間がかかる投資であると認識し、長い期間続けられる環境を整えることも重要なのです。

投資用マンションローンを利用している投資家は、売却するなりローンを返し終わるなりの理由で、平均借入期間は12~13年と言われています。仮に、10年前後で売却した投資家の方は、複利の恩恵を受けられることも知らずに、売却してしまったのかもしれません。

世界一の投資家と言われるウォーレンバフェット氏は、できることなら購入した株式は一生持ち続けたいと考えているようです。インカムゲインを得る投資では、長期保有の複利運用が結果を出すためのセオリーになっていますので、信じて所有し続けるという選択肢を念頭に置いていただければと思います。

和不動産では3か月に1度のコンサルティングで、運用結果を可視化していますので、投資を続ける意味をオーナー様は、年々実感して下さいます。「継続は力なり」これは、マンション投資の世界でも当てはまることでしょう。

和不動産のマンション投資が目的に合っているかを確認したい方は、


マンション投資の相談をしたい方は、

③購入後に大きな出費ができない方

不動産投資で意外と重要なポイントは、購入後に大きな出費がかからないことです。

下図のアンケートによると、不動産投資・賃貸経営で少しでも大変だったことがあると答えた方は、75%を超えています。主な苦労は物件の管理で、「家賃下落」「空室」「修繕」に悩んでいる投資家が多くいらっしゃるのです。


不動産投資・賃貸経営で大変だったこと/苦労したこと
大変だったこと
大変だった/苦労した内容
大変だった/苦労した内容

これから始めるサラリーマン投資家の方は、購入後に大きな出費は控えたいところでしょう。上のアンケートからもわかるように、駆け出しの不動産投資家は、購入後の費用負担に苦労しているといっても過言ではありません。

つまり、物件を安く購入したり、サービスを安く受けたりするよりも、購入後に費用が掛からないほうが、安心してマンション投資に取り組めるのです。

そのために、和不動産では物件を安く販売するのではなく適正価格で販売し、購入後に余計な費用負担がかからないような値付けを心がけています。

なぜなら、物件を購入するときにはローンが使えますが、物件を購入した後の費用負担は現金で支払うことが通常だからです。物件を購入した時に、費用が掛からないように、販売時にそれらの費用の一部を物件価格に組み込み、購入後のケアをサービスとして提供しています。だからこそ、購入者の方々は、安心して再投資をすることができるのです。

購入後に出費がかさめば、手元に資金を置いておきたくなるのは当然と言えるでしょう。そうなると、複利的な運用はできません。マンション投資で結果を出すには、購入後に余計な費用がかかりにくく、積極的に再投資ができる環境を整える必要があるのです。

購入後に大きな出費がかからないようにする取り組みとして、私たちは具体的に以下の3つの取り組みをマンション投資家の皆様に提供しています。

①入居率の高い物件の提供・適正家賃の物件の提供
和不動産の入居率は、年間99.4%以上を維持しています。これにより、投資家の皆さまの空室リスクに対する心配は和らぐでしょう。

適正家賃の物件を提供している理由は、家賃の下落リスクを抑えることができるからです。まずは、物件選びで、余計な出費を抑える工夫が必要です。これによって、積極的に再投資ができるようになるでしょう。

②3%の賃貸管理手数料
次のポイントは、3%の賃貸管理手数料です。賃貸管理手数料は、毎月かかるコストになります。このコストを抑えることができれば、毎月のキャッシュフローは増え、購入後の再投資もやりやすくなるでしょう。

そもそも、管理手数料に規定はありません。つまり、管理手数料は管理会社の【言い値】なのです。下図をご覧ください。5%の管理手数料が一般的な相場で、約2/3の会社が採用しています。私たちは、購入後の支払いを減らしていただくために、3%の手数料を設定させていただきました。これによって、マンション投資家の皆様の購入後の費用負担は、抑えられると思います。

3%の賃貸管理手数料

③自社内での原状回復

退去のたびに、高額な修繕費用に悩んでいる不動産投資家も多数いらっしゃいます。その理由の1つに、賃貸管理会社が原状回復を他の工事会社に依頼していることがあげられます。間に業者が入れば、コストは当然かさむでしょう。和不動産では、そこを自社でカバーすることで、修繕コストを下げる工夫をしています。

最近だと、工事業者を手配することが難しく工事完了まで時間がかかることも多いようですが、和不動産は自社でスピーディーに対応できるため、特別な工事がない限り1週間以内に終わらせることをルールにしています。空室時に、ローンの支払いに苦しまないよう、まずは工事を早く終わらせることが、マンション投資家の皆様の苦労を和らげるポイントなのです。


今一度、考えてください。自分に必要なサービスとは何かを!


多くの不動産業者様が、各々の見地において重要視しているポイントは異なると思います。だからこそ、主張も異なってくるのです。

和不動産とお付き合いくださるオーナー様は、今説明した3つの理由でお付き合いをお決めになっているケースが多いようです。逆に、自分で対応できる不動産投資家の方には、必要のないサービスかもしれません。

【自分の足りない部分】と【それを補うサービスは何か】をしっかり考えて、お付き合いする不動産会社を選んでいただけたらと思います。

私たちの取り組みに共感できた方は、ぜひセミナーや個別相談で詳細をご確認ください。お待ちしております。

和不動産のマンション投資が目的に合っているかを確認したい方は、


マンション投資の相談をしたい方は、

和不動産がオーナー様と一緒に実施している取り組み


アフターフォローNo.1宣言

和不動産では、「アフターフォローNo.1宣言」を掲げ業務に取り組んでおります。その理由は、オーナー様がマンション投資で結果を出し、満足する姿を見届けたいから。だからこそ、アフターフォローに力を入れています。

つまり、私たち和不動産の目指すところは、物件の販売がゴールでなく、オーナー様の満足がゴールなのです。その取り組みを続けてきたからこそ、オーナー様には多くのノウハウを享受できるようになりました。和不動産の特徴的な取り組みをご確認ください。

ここが和不動産の基本!3か月に1度のコンサルティング!


和不動産では、3か月に1度のコンサルティングを実施しています。その目的は、マンション投資で結果を出すために、マンション投資に対する理解を深めてもらうためです。

アフターフォローの際には、独自で開発した【N-RICOS(エヌ・リコス)】というコンサルティングシステムを活用し、オーナー様にアドバイスしております。詳細は、動画でご確認ください。

【N-RICOS(エヌ・リコス)】は、オーナー様のマンション投資の運用状況をデータベース化したシステム。それによって、多くのオーナー様の運用状況を把握しています。

その結果、上手くいっているケース・そうでないケースを可視化できるようになりました。それらをモデルケースとして提案しているので、これから始める方に好評を頂いております。

N-RICOS(エヌリコス)のモデルケース
資産運用では【マネ】することも立派な戦略


資産運用では【マネ】することも立派な戦略

資産運用では【マネ】することも立派な戦略です。

モデルケースを確認すれば、「何をすればどれだけの効果があるか?」も「オーナー様が運用を続けた結果、どういう成果を上げているか」など一目瞭然です。

資産運用は1からプランを練ることが、挫折の第1歩という方も多くいらっしゃることでしょう。その点、上手くいっているオーナー様のマネすることができれば、資産運用のハードルもかなり下がるのではないでしょうか?

これは、数々のマンション投資家の運用方法をデータベース化しているからこそ、皆さまにご提案できるのです。

購入後に追加費用が掛かりにくい管理体制


個別相談では、【N-RICOS(エヌリコス)】で他のオーナー様が、どのように運用しているのかをモデルケースとしてご紹介できます。

もちろん、購入後にどれだけのコストがかかっているのかも、モデルケースで確認が可能です。

複数のマンションオーナーの運用を確認できるチャンスは、なかなかありません。中には、自分と似たような境遇のオーナー様も見つかるでしょう。

そういった個別相談会の中で、同じように運用できるのかをしっかり確認していただけたら幸いです。

具体的な相談をしたい方は、

個別相談まではという方は、セミナーでメリットをご確認下さい。


お客様の個人情報のお取り扱い全般については「個人情報保護方針」をお読みください。


株式会社和不動産
メニュー