スタッフブログのご紹介|不動産投資の和不動産

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  和不動産スタッフブログ

スタッフブログのご紹介

和不動産スタッフブログ

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

和不動産メルマガ
和不動産では会員様限定のメールマガジンを配信しております。
更なるマンション経営お役立ち情報を購読されたい方は、こちらからご登録ください。

最新記事のご紹介

2017/06/28 マイナス金利でも預金残高1000兆円超

皆さま、こんにちは!「アフターフォローNo.1宣言」の和不動産、ブログ担当です。 今年も待ちに待った夏のボーナスの時期が近づいてきましたね! 何をしようか?どこか行こうか?何を買おうか?迷われている方も多いかと思います。 ということで、マイナビが発表した「2017年夏ボーナスの使い道TOP5」をご紹介。

第1位【貯金】
第2位【旅行】
第2位【生活費の支払い】
第4位【両親にプレゼント】
第5位【洋服】
なんと、貯金がダントツの1位という結果だそうです!
ちなみに、価格.comリサーチによる、昨年2016年の夏のボーナスの消費平均金額ランキングは以下の通りとなっております。
■夏のボーナス消費平均金額(複数回答可)
【1位】貯金 ¥207,429(75.5%)
【2位】ローン返済 ¥167,261(35.9%)
【3位】子供の教育費 ¥132,324(31.0%)
【4位】旅行・外出をする(国外) ¥118,098(12.3%)
【5位】金融商品(投資信託、株式等)の購入・外貨預金など ¥118,026(14.3%)
【6位】金融商品(投資信託、株式等)の補填 ¥101,627(9.5%)
【7位】新規ローンを組む ¥95,268(4.3%)
【8位】商品・サービスを購入する ¥70,899(67.6%)
【9位】旅行・外出をする(国内) ¥57,058(44.2%)
※カッコ内はその目的にお金を使うと答えた人の割合

やはり、昨年の夏のボーナスの使い道も「貯金」が1位で、実に4人に3人が貯金にまわしたということでした。
2位は「ローン返済」で、自宅だったり、投資用不動産のローンもあるのでしょうか。
今の時勢は先行きが見えないためか、将来が不安でお金を使わず貯金にまわす方が圧倒的に増えましたが、20世紀のバブルの頃は、ほとんどの人が海外旅行や洋服等の購入料金に使っていたのではないでしょうか?弊社の中でもバブルを生き抜いた屈強な?!お姉さま方に確認すると、そんなことを言っていました。
もちろん、ボーナスを消費して使わずに貯金にまわすことはとても素晴らしいことではあります。
ですが、ずっと貯金だけしかせずに、お金を貯めて、貯めて、貯めるだけにすればいいのか?
ということにも提言があります。
今は低金利時代ですので、貯金ばかりしていても利息がほとんど貯まらず、使えば減ってしまう現預金だけに頼って将来や老後を迎えるにはとても不安が残ります。
そこで、弊社がご提案するのは、【消費<貯金<安定した資産運用】です。
この図式をお分かりになりたい方は是非、ブログの続きをご覧くださいませ。

今回は、

◆不動産投資トピックス「マイナス金利でも預金残高1000兆円超」
◆和不動産トピックス「6/21発売ダイヤモンド・ザイに掲載されています」

といった内容でお届けいたします!
皆さま大変お忙しいかと存じますが、どうか最後までお付き合いくださいませ。

トピックス
【マイナス金利でも預金残高1000兆円超】

2017年6月11日の日本経済新聞に、日本の預金残高が1000兆円を超えたという記事がありましたので、ご紹介致します。

日銀によると、2017年3月末(2016年度末)時点での、銀行や信用金庫など日本の金融機関における預金残高は、1053兆円と過去最高となったことが分かりました。

国内金融機関の預金残高

日銀のマイナス金利政策によって金利がほぼゼロにもかかわらず、預金残高が増え続けている背景には、年金や老後の生活への不安によって、定年を迎えた「団塊の世代」を中心とした中高年が退職金や年金を貯蓄し続けているという現状があります。

預金は銀行の貸し出しの原資ですが、今は活用されないまま積み上がる「死に金」になっており、沸き立たぬ日本経済の今を映し出しています。

現在、メガバンクにおける普通預金の金利は0.001%。100万円預けてももらえるのは1年に10円(税引き前)で、ATMで時間外手数料を1回でも払えば「元本割れ」してしまう計算になります。

そもそも2016年に日銀が導入したマイナス金利政策は、貸出金利を押し下げ、お金の流れを市場に促す狙いで行われました。ところが、預金はその後も増え続け、個人の金融資産1800兆円の半分を占めるほどになってしまったのです。

日本の預金比率は欧米に比べて高く、そのほとんどが高齢者の資産で、運用難の企業・機関投資家なども預金を大幅に増やしています。

かつての銀行のビジネスモデルは、「集めた預金を元手に企業や、自宅を購入する個人等にお金を貸す」というもので、企業の借り入れ需要が旺盛だった1990年代には、今では考えられませんが、行員にノルマを課して預金を集めるほど、多くの銀行で預金が不足していました。

また、貸し出しに回らないお金は「余資」と呼ばれ、国債を中心に市場で運用されていました。国債は、価格が上昇するものの、長期的にみれば金利は一貫して下がり続けるため、国債を買っておけば利益が出ていたのです。

そんな環境を一変させたのが、日銀のマイナス金利政策です。10年物国債の金利が0%近くまで低下するなど利回りのない国債は買いにくく、銀行も運用できない余剰資金を預金のまま抱え込むようになってしまいました。
「日銀が国債を大量に買い入れてお金を銀行に供給しても、そのお金は個人消費や住宅購入・企業の設備投資に向かわず、預貯金として銀行に貯まり続ける」という構図です。

溜まり続ける預金

もちろん集めた預金は、貸し出しとして一定量出ているのは間違いありません。しかし今の銀行の預金は「貸しても、貸しても余る」という状態なのです。
国内銀行の預金残高に占める貸出金残高比率を表す「預貸率」は、ピーク時の1988年に137%に達していましたが、直近は70%台にまで低下しました。これは分母の預金残高の多さを如実に示しています。

国内銀行の預貸率

三菱UFJフィナンシャル・グループや、三井住友フィナンシャルグループなど3メガバンクにおける、2017年3月末時点の現金・預け金は157兆円で、1年前から23%も増えました。運用できる以上の資金が銀行に集まっているのです。

りそなホールディングスは2018年3月期、2年連続で預金が減らす計画を立てました。 三井住友銀行も中期経営計画では預金目標を示さなかったものの、できれば減らしたいというのが本音のようです。預金を集める必要性が乏しくなれば支店拡大やATMは重荷になり、店舗数は維持しても業務を絞った小型店に変えるなど変化は起き始めています。

手に負えなくなれば、預金者に一定の負担を求めることもありえます。一部、信託銀行では運用先のないお金を預けてくる年金基金等に、一部マイナス金利分の負担を求めています。
近い将来、利息が増えるどころか、預金をすることに手数料を求められる時代も来るのかもしれません。

その他にも、将来的にインフレになり、現金の価値が下がり資産が目減りするリスクも否めません。 そこで、冒頭にもお伝えしたように、【消費<貯金<安定した価値の下がらない資産運用】を弊社がおすすめするわけなのです。

しかし、「貯金→資産運用」にといっても不安定なギャンブル的要素の強い株やFXなどの投資は、レートのチェックや売買の手間がかかり、時間の無いサラリーマンでは太刀打ちできません。

そのため和不動産がオススメしているのが、サラリーマンの方でも働きながら始められる【都心の築浅中古ワンルームマンション経営】です。
株やFXなどの金融商品のように手間がかからず、入居者需要が絶えない「都心のワンルームマンション」を投資用物件として選ぶことで、最小限のリスクから始められる【都心の築浅中古ワンルームマンション経営】。

都心の築浅中古ワンルームマンション経営】のメリットは、弊社開催の不動産投資セミナーにて詳しくご説明しております。まずは一度、弊社セミナーまたは個別相談にお越し下さいませ。

和不動産 セミナー申込はこちらからどうぞ!
⇒ https://nagomi-fudousan.com/seminar/study/

和不動産 無料個別相談はこちらからどうぞ!
⇒ https://nagomi-fudousan.com/muryosoudan/

和不動産トピックス
【6/21発売ダイヤモンド・ザイに掲載されています】

6/21発売のダイヤモンド・ザイ

6/21発売のダイヤモンド・ザイに、弊社代表仲宗根の記事「『早死リスク』『長生きリスク』に備える 保険見直しにより家計も改善!老後の備えを家賃でつくる!」という記事が掲載されています!

マンション経営でローンを組む際に「団体信用生命保険」が付帯していることは、メルマガ読者の皆様はご存知かと思いますが、念のためご説明します!
団体信用生命保険とは略して「団信」と呼ばれているもので、一般の保険のように毎月支払いが発生するものではなく、金利の中に保険料が組み込まれているものなので、月々の保険料を抑えることができ、ローン支払い中に死亡・高度障害になった場合、本人に代わり生命保険会社が残債を支払うというものです!

平均標準報酬月額35万円の会社員の夫が亡くなった場合、子供が1人いる妻に支払われる遺族年金は月額13万円ほど。
一般的な死亡保険の平均受取額は3000万円で、ここからお葬式とお墓の費用として500万円かかったとすると、家族の手元に残る金額は2500万円ほどになります。

35万円あった収入の約1/3ですから、持ち家で家賃が発生しなかったとしても「13万円」で生活するのは苦しいですね……(泣)
そうなると、貯金を切り崩して生活することになるのですが、月に20万円ずつ切り崩していくとしたら、保険金の2500万円は10年ほどで底をついてしまいます。
現役時代に老後の対策を何もしていなかった場合、困るのは残された妻や子供たちです。

そこで私たち和不動産は「早死にリスク」にも「長生きリスク」にも対応できる「都心・築浅中古ワンルームマンション経営」をご提案しております!
もしもの場合は団信によって残債が支払われるため、ローンが残っていないワンルームマンションとその家賃収入を家族に残すことができます。
夫婦そろって長生きした場合にも、団信によって節約できた保険料を貯蓄していけば一括返済に回すことができ、残債がないマンションと家賃収入で安定した老後の生活を送ることができるのです!

紙面では図や表を使ってより詳しくご紹介しておりますので、是非お手に取ってご一読いただければ幸いでございます!

また、自身の保険の場合はどれくらい節約できるのか?という具体的なご相談は無料個別相談にて承っておりますので、お気軽にお申込みください。

あとがき

住宅デー

昨日6月25日は「住宅デー」でした。
「住宅デー」とは、全国建設労働組合が制定した記念日です。
毎年この日を中心に、住宅建築に従事する職人が、地域の住民に対してリフォームの相談受付、保育園・小学校などの修繕ボランティアや子どもたちに向けた木工教室などを行うイベントを開催しています。職人の仕事や技能をアピールするために行われているこの取り組みは、1978年から開催されており、今年で第40回を迎えるそうです。
第一生命が子どもたちに実施した「大人になったらなりたいものアンケート」によると、なんと「大工さん」は7位にランクイン!
また、2015年に発表された好きな教科ランキングでも「図画工作」は2位という結果でした。
ものづくりが好きな子どもたちにとっては、ゼロから大きな建物を作り出す建築業に憧れを抱くのかもしれません。
日本の建築技術は、世界でもかなり高水準を誇っています。
それは、地震大国と呼ばれる我が国で何十年と建物が耐えられるよう、様々な耐震技術が開発されていったからです。
弊社では既に建築された物件を取り扱っておりますが、お客様に安心していただけるような物件のご提案ができるのも、建築に携わる職人たちによる技術のおかげといえます。
これからもお客様にご満足いただけるような高い品質のプランをご提供できるよう、商品開発部門がこだわりをもって分析・セレクトをして参りますので、よろしくお願いいたします!
それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました。
また次回のブログでお会いしましょう!
さよなら。さよなら。

2017/06/21 行政の不動産情報統合 不動産取引を後押し

皆さま、こんにちは!「アフターフォローNo.1宣言」の和不動産、ブログ担当です! 6月も中旬を過ぎましたが、6月といえば定番は「ジューンブライド」でしょうか。 弊社でもジューンブライドに合わせて、結婚退職していった女性社員もおり、やっぱりジューンブライドは女性の憧れになっているのでしょうか??? そこで「ジューンブライド」の説を調べてみました。大きくは、3つあるそうです。

一つ目は、女神ユーノー(JUNO)さま説
二つ目は、3~5月に結婚している場合ではない説
この二つは説明すると長くなるので、ネットで検索してみてください(笑)
三つ目は、「お天気良いですね」説
実はこれが、一番メジャーで、ヨーロッパでは“6月が一番天気の良い月”になります。雨が少なく気温もよい月です。日本でもそうですが、花嫁はウエディングドレスを着て結婚式を挙げますので、できれば雨は降ってほしくないのが当然。
そうなれば、一番雨が降らない6月に結婚しようよ。ということになります。
そして、6月のイタリアなどでは、「6月の花嫁」と言う言葉もあるぐらいで祝福ムードなんです。
さらに、ヨーロッパでは「恋人の日」があるんですが、それが6月12日になります。恋人同士がこれだけ意識する言葉や日にちがあれば、当然結婚するカップルも多くなりますよね。
ということで『6月の結婚は、気候もよく祝福ムードの中で結婚すると幸せになれる』 という説が出回ったそうです。
一方、わが日本では梅雨の時期でもあり天候には恵まれませんが、それでも欧米の影響やメディアの取り上げ方で世間の祝福ムードが盛り上がり、「ジューンブライド」が定着したのかもしれませんね。
今は『スマート婚』とか式を挙げずに籍だけ入れるという結婚も増えていますが、どちらにしても、二人で新生活を始めるにあたり多額の費用がかかりますので、フィナンシャルプランニングにうるさい弊社としては、計画的な支出を心がけてほしいので、結婚の有無は計画的にライフプランに組み込んでいっていただきたいと願っております(笑)

さて、このスタッフブログでは、不動産投資に関わるニュースやトピックスを取り上げながら”和不動産の顔”が皆さまに見えるように更新しております!
少しでも皆さまの不動産投資ライフに役立つ、有益な情報を届けられておりましたら嬉しく思います!
今回は、

♦不動産投資トピックス「行政の不動産情報統合 不動産取引を後押し」
♦和不動産トピックス「6/13社内レク☆屋形船☆のご報告」

といった内容でお届けいたします!
皆さま大変お忙しいかと存じますが、どうか最後までお付き合いくださいませ。

トピックス
【行政の不動産情報統合 不動産取引を後押し】

2017年6月14日の日本経済新聞に、行政の不動産データベースに関しての記事がありましたので、ご紹介致します。

政府は、全国に広がっている空き家や空き地を整備するため、国や自治体が持っている不動産データベースを統合することを決定しました。
不動産は権利者・住民・納税者がそれぞれ存在していますが、データベースの統合によって登記されている住所や所有者情報をより明確にし、一元管理することで、不動産取引や都市再開発を後押ししたい考えです。

不動産情報統合

不動産のデータベースは、法務省が管理している「不動産登記」のほか、国土交通省の「土地総合情報システム」、各自治体の「固定資産課税台帳」や農地・林地の台帳など、データベースが別々に管理されているために、情報処理が非常に煩雑になっています。
法務省によると、全国で土地は2億3000万、建物は5000万もの登記データが存在しています。

2018年夏頃から一部都市で実証実験を行い、登記情報にあたる「地番」と住所のデータを突き合わせるほか、土地の所有者と実際の住民が同じかどうかも把握できるようにします。
データが整えば、都市の再開発や公共事業を行う際の地権者との調整や、固定資産税情報の照会といった事務負担が軽くなるとみて、自治体は期待を高めています。

内閣官房は5年かけてデータベース化を全国に広げていきたい考えで、金融機関の担保や取引価格といった情報を関連付けることも検討されています。それらの情報の一部は民間にも開放していく予定で、システム化によって不動産取引を効率化する「不動産テック」といった新サービス創出も期待されています。
不動産取引では、行政への提出書類作成や手続きが煩雑のため、不動産に関する情報が一元化されれば、手続きが今よりも簡略化され、取引も活性化されるとみて、不動産関連の業界の期待が高まっています。

また、課題となっている、所有者不明の土地や空き地の有効活用に向けた関連法の改正も検討されています。

行政が取り扱う不動産情報は「登記」に基づいていますが、登記簿上の所有者と実際の利用者が異なるケースは少なくありません。法務省の調査によれば、50年以上登記の変更がない土地は、所有者ベースで大都市が6.6%、中小都市・中山間地域では26.6%に上っています。

昨年、農林水産省が農地台帳や住民基本台帳を照合した調査によれば、国内にある農地のうち2割は相続の時に登記上の名義人が変更されず、故人のままである可能性が高いことが分かっています。

該当の土地面積は全国で約93万5,000ヘクタールと、東京都の4倍の面積にも上ります。
このうち、農地台帳に登記されている名義人の死亡が確認されたのは47万7,000ヘクタール、名義人が転出するなどして住民基本台帳上で生死が確認できなかった農地は45万8,000ヘクタールありました。

今回の調査で初めて、このような「相続未登記」の実態が明らかになりました。
農地の名義人の書き換えは義務ではありませんが、資産価値の低い水田や畑は売買の対象になりづらく、相続の際に名義の書き換えがされていないケースが多いようです。

名義人の子どもなど、所有者が固定資産税を支払っていれば法律上は問題ありませんが、所有者不明の土地は災害復旧や農地集約の障害になる恐れがあり、対応が課題になっています。

2015年の相続税改正以降、相続時の土地や不動産の処理、相続税問題についての感心が高まっています。 「うちは財産が少ないから大丈夫」と思っていても、相続の対象となる財産は、現金だけでなく有価証券や土地・不動産など多岐にわたるため、トータルの相続財産が相続税の課税対象となる可能性もあります。

名義の書き換えがされていない土地が増えている、といったニュースのトピックスにもあったように、家族の財産を把握していなかったために、相続の際に初めて、先祖代々の土地が発覚するといったケースもあるそうです。

また最近では、持っている土地でアパート経営を始める相続税対策も加熱していますが、これには注意が必要です。入居者ニーズを考慮せず所有地に安易にアパートを建て、結局空室だらけの赤字経営になってしまう…それでは本末転倒です。

そこで弊社がオススメしている相続税対策が【都心の築浅中古ワンルームマンション経営】!
土地の持ち分が少ない上に貸家にすることで、相続税評価額を最低限まで抑えることができ、分割がしやすいため親世代から子世代への贈与にも最適な【都心の築浅中古ワンルームマンション】

ワンルームマンション経営のノウハウやメリットは、弊社開催の不動産投資セミナーにて、ワンルームマンションを活用した相続税対策・生前贈与については個別相談にて詳しくご説明しております!
ご興味のある方は、是非弊社セミナーまたは個別相談にお気軽にご参加下さいませ。

無料個別相談はこちら
⇒ https://nagomi-fudousan.com/muryosoudan/

和不動産トピックス
6/13社内レク☆屋形船☆のご報告

社内レク

和不動産では、毎月一回社員の親睦を深めるレクリエーションとして、社員全員参加のお楽しみ企画を行っております☆
今月は「屋形船」を貸し切って、浅草からお台場まで周遊してきました!
もちろん、当日も真面目に業務を頑張った後の社内レクですので、船の解放感を満喫しながらおいしくご飯を頂き、船の上から眺める東京の夜景を堪能しました。
アフターフォロー部の女子社員が披露してくれた「すしざんまい!」や、社長と羽鳥課長による「幽体離脱」ネタでは大いに盛り上がりました!

屋形船のコースは、浅草から両国、勝どきを下り、話題の豊洲を回ってお台場で停泊し、また浅草に戻るというコースでした。

隅田川の岸部には、弊社でご提案した管理物件も多く建ち並び、船上から「あれが××だよ!」などと普通の団体とは異なった盛り上がり方でした(笑)

夕刻から夜に向け、東京の下町の水辺からお台場まで巡ってみたのですが、水面から眺めてみて、隅田川にかかるそれぞれの橋の作りの美しさや、岸辺の街並み、風情、そして江戸の風流さと粋を満喫でき、改めて「東京」のランドスケープの美しさを再認識致しました!

江戸の昔は、物資の輸送や人々の往来のための交通手段として水運が発達していたように、江戸時代は浅草や日本橋などの城東エリアが一番栄えていたというのがわかりますね。

神田川

また、隅田川にはたくさんの橋が架けられています。

大江戸と呼ばれたこの東京には、物資の輸送や人々の往来のための交通手段として橋が架けられ、橋の多い都「東京」が誕生したそうです。

関東大震災以降、帝都復興事業のシンボルとして建設された永代橋と清洲橋は、当時の最先端技術を駆使して建設され、当時の東京に住む人の心を支えたとも言われています。
隅田川に現代も震災復興橋梁として架かる橋は相生橋、永代橋、清洲橋、両国橋、蔵前橋、厩橋、駒形橋、吾妻橋、言問橋の9つあり、震災で壊れなかった新大橋を加え、隅田川十橋と称されています。

震災による甚大な被害から日本が何度も立ち上がってきたことを思うと、とても誇らしい気持ちになりますね。私たちのご先祖様が復興することを諦めていたら、今の先進国日本は存在しません。次世代の私たちが、しっかりと意思を引き継いでいきたいですね!

今回、屋形船で周ったエリアは、3年後の2020年の東京オリンピック会場にもなっている場所でもあります。 世界中から観客が集まってきますので、この美しい「TOKYO」の良さを引き出せる大会になるよう、みんなで盛り上げていきたいものですね。

追伸 当日は、船酔いのスタッフも出てきてしまい、下船後数名、不能になっていたものもおりました。誰かが気になる方は、アフターフォローの際にでも、お伺いくださいね(笑)

街並みのイラスト

あとがき

昨日6月18日は「父の日」でした。
日本では、母の日と同じくアメリカから伝わったもので、6月の第3日曜日とされています。父の日と母の日はそれぞれどちらも父親と母親に感謝し、敬う日です。実は父の日が生まれたのは、母の日の存在があったからなのです。
ワシントン州に住んでいたソノラ・スマート・ドッドという女性によって父の日は生まれました。当時ソノラの父・ウィリアムは軍人として国に招集され、南北戦争に参加していました。母親は戦時中ひとりでソノラを含む6人の子供を育てていましたが、戦争が終結しウィリアムが帰還後、過労がもとでまもなく亡くなってしまったのです。
ウィリアムは、残された6人の子どもたちのために、再婚もせず生涯独身で働き通しました。男手ひとつで全員が成人するまで育て上げ、全員が成人したのを見届けたあとに亡くなりました。
ウィリアムが亡くなった翌年の1910年、アメリカで最初の父の日の祝典が行われました。当時すでに母の日が始まっていて、それを見たソノラが「母の日のように父への感謝の日もあるべきだ」という考えから牧師協会に父の日の祝典を行うよう嘆願したのです。
そして6年後の1916年に行われた父の日の祝典で、当時のアメリカ大統領・ウッドロー・ウィルソンが演説を行ったことから世間に広く知れ渡ったといわれています。
正式にアメリカ国民の記念日として制定されたのはそれより後の1972年のことです。

日本では戦後から父の日が広まり始めていましたが、一般的な行事となったのは1980年頃のことです。デパートなどが父の日商戦として、世間に対する広告を打ち出したことが理由だといわれています。
母の日に贈る花といえばカーネーションですが、父の日ではバラを送る風習があります。ソノラが父・ウィリアムの墓前にバラを備えたことが由来です。
母の日に比べて「いつだっけ?」となりがちな父の日ですが、この機会に普段は言えない感謝の想いを伝えてみてはいかがでしょうか?
それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました。
また次回のスタッフブログでお会いしましょう!
さよなら。さよなら。

過去の記事一覧

▶ 12月
▶ 11月
▶ 10月
▶ 9月
▶ 8月
▶ 7月
▶ 6月
  • 2017/06/28 マイナス金利でも預金残高1000兆円超
  • 2017/06/21 行政の不動産情報統合 不動産取引を後押し
  • 2017/06/14 <地方銀行>アパート融資の貸出残高最大 相続税対策に対応
  • 2017/06/07 REIT相場が立ち直るきっかけをつかめないでいる
  • ▶ 5月
  • 2017/05/31 東京都心3区人口増が加速 進む『都心回帰』
  • 2017/05/24 家族で話し合っておけば…と後悔 大変な「遺産相続」の手続き
  • 2017/05/17 2053年、日本の人口1億人割れに。その対抗手段は?
  • 2017/05/10 中古マンション市場前年比6.9%と活況 価格査定のAIサービスはどう?
  • ▶ 4月
  • 2017/04/26 相続税対策『暦年贈与』と不動産投資
  • 2017/04/19 働く女性の晩婚化と生涯未婚率の上昇
  • 2017/04/12 固定資産税の大問題「タワマン節税」封じ込みへ
  • 2017/04/05 アパート融資が異形の膨張 新税制で過熱
  • ▶ 3月
  • 2017/03/29 都内公示地価2.8%上昇
  • 2017/03/22 お部屋探しに1番時間をかけないのは、どんな人??
  • 2017/03/15 中央区 五輪後を意識したまちづくりとは?
  • 2017/03/08 新築増えて空室率上昇 首都圏でバブル?
  • ▶ 2月
  • 2017/02/27【2017年不動産市場】「建設用地」がキーワード
  • 2017/02/21 JR山手線 品川~田町間 新駅遂に着工
  • 2017/02/13 都心部へ人口が集中 注目は湾岸と「東東京」への人気集中
  • 2017/02/06 心配事・不安の96%は起こらないことが判明
  • ▶ 1月
  • 2017/01/30 賃家着工8年ぶり高水準で空室増、バブル懸念も
  • 2017/01/23 米国不動産への投資は得なのか?
  • 2017/01/16 東京23区では1Rマンションが「開発規制」で需要に供給が追い付かない!?
  • 2017/01/10 相続税対策は大丈夫?首都圏賃貸アパート空室率30%超の衝撃

  • オリジナルコンサルシステム セミナー開催中 相続税対策 メディア掲載実績 老後破産を防ぐ フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

    初心者の方にオススメ
    セミナー情報はこちら個別相談はこちら
    お電話はこちら

    株式会社和不動産
    メニュー