スタッフブログのご紹介|不動産投資の和不動産

不動産投資の和不動産

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  和不動産スタッフブログ

スタッフブログのご紹介

和不動産スタッフブログ

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

和不動産メルマガ
和不動産では会員様限定のメールマガジンを配信しております。
更なるマンション経営お役立ち情報を購読されたい方は、こちらからご登録ください。
セミナー情報はこちら個別相談はこちら


最新記事のご紹介

2020/02/12「2004年の長者番付を振り返る~格差社会が広がる日本」

和不動産スタッフブログ読者の皆さま、こんにちは!和不動産、ブログ担当です。 さて、オリンピック後の交通インフラについて速報がでていたのでご紹介します。 共同通信の報道によりますと、JR東日本が建設予定の羽田空港と東京都心を結ぶ新路線「羽田空港アクセス線」に関し、東京ディズニーリゾートの最寄り舞浜駅(千葉県浦安市)と直結させる方向で検討を始めたと、関係者への取材で分かったそうです。 さらに、羽田空港の新駅と新宿駅方面につなぐ「西山手」ルートは、長野、山梨方面と結ぶ中央線に直通させるという構想も新たに判明したとのことで、東京の再開発はさらに進みそうです。 都心では今年新駅が2つ誕生することでも話題ですが、オリンピック後も東京の街が目まぐるしく変わっていきそうな予感がします! さて、今回のスタッフブログは、以下の内容でお届け致します!

不動産投資トピックス
「2004年の長者番付を振り返る~格差社会が広がる日本」

和不動産トピックス
「恒久的に税金を減らしてマンション投資で大きな富を築く方法」

あとがき

ぜひ、最後までご覧くださいませ!

トピックス

2004年の長者番付を振り返る~格差社会が広がる日本

>>全世帯のわずか2%強で国内個人資産の2割を保有

デフレや賃金の伸び悩みで、日本の貧困層は増え続けているのにもかかわらず、富裕層の拡大は、統計上も明らかになっています。

野村総合研究所の調査報告書によりますと、預貯金、株式、債券、投資信託など、純金融資産保有額が1億円以上5億円未満の「富裕層」、と純金融資産保有額が5億円以上の「超富裕層」を合わせると126.7万世帯で、内訳は、富裕層が118.3万世帯、超富裕層が8.4万世帯とのことです。

じつはこの数字は富裕層・超富裕層合わせた資産規模は300兆円に上ることになり、全世帯のわずか2%強が国内個人資産の2割を保有する計算になるのです!

富裕層資産は20年足らずで倍増

出典;野村総合研究所調査より

2008年のリーマンショックで富裕層は一時的に減少しましたが、アベノミクスが本格化した2013年以降、富裕層の世帯数と資産規模は増加の一途をたどっています。

というのもアベノミクスは、富裕層がよりリッチになるための施策が多かったため、金融資産に投資する財力を元々持ち得た富裕層がさらに富を増やし、株や不動産などによって一代で財を成した「成り上がリッチ」を生み出したのが、“アベノミクスの実態”であった、というのを経済学者などが通説としています。

>>最後の長者番付発表のトップはサラリーマンだった?!

かつて毎年5月に公表されると、その話題で持ち切りとなった「長者番付」。
これは国税庁が公表していた高額納税者名簿のことです。

しかしながら納税額や氏名のほかに住所も公表されていたことから、個人情報保護などの観点から現在では廃止されています。
最後の公表となった2004年分の全国トップ5は、以下の通りです。

----------------------------

【2004年の長者番付トップ5】 1.投資顧問会社部長 清原 達郎氏 2.元消費者金融会社会長 斎藤 成氏 3.ファーストリテイリング会長 柳井 正氏 4.健康食品販売業 斎藤 一人氏 5.元自動車部品メーカー役員 高田 和彦氏

----------------------------

>>トップは推定年収100億円のサラリーマン

40億円近い納税額で、1位になった清原達郎氏は当時投資顧問会社の運用部長、ということで、経営者ではなく、サラリーマンが初めてトップになったことも大きな話題となりました。

今回注目したいのは、4位に入っている斎藤一人氏。「銀座まるかん」という健康食品や化粧品をあつかっている会社の創業者で、お金持ちとしても有名です。
長者番付の常連で1993年から2004年の12年連続で長者番付10位以内にランクインしたり、税金を差し引いた残りの年収で日本一になったり、2001年までに138億円の税金を納めるなどと、お金についてはいくつも大きな話を打ち立てています。

平均年収も30億円といわれています。斎藤氏は、その経験を生かし、会社経営を通して様々な成功法則を導き出し、多くの著書を発表したことでも有名です。
不動産投資と関係があまりないように見えるかもしれませんが、マンション経営も、不労所得とはいえ、立派なビジネスのひとつです。不動産投資で成功するには、ビジネスで成功した人学ぶという方法もあります。
「成功につながる本質は何か?」は共通しているのです。そんな斎藤一人氏の著書をもとにしたNEWセミナーは2月21日(金)に開催します!

ぜひNEWセミナーにお越しくださいませ!

和不動産トピックス

『恒久的に税金を減らしてマンション投資で大きな富を築く方法』

2月15日(土) 13:00~ ★講師:弊社代表・仲宗根和徳★

大枠の考え方から細かいテクニックまで網羅的に税制に関する知識が身に付きます!
来週月曜日から昨年度分の確定申告が始まりますが、ご準備は完ぺきですか?

今年初めて不動産を購入された方など、やはり
『どのくらいまで経費として落としていいのか?』
『リスクはあるのではないか?』など、
“節税”といっても、疑問はたくさんあると思います。

来年の申告分からは給与所得控除が変更になるし…など、どうしても税法と聞くと複雑に聞こえますよね。ですが、まずは国が何を考えていてどうしたいのか?
を理解することができれば、実はシンプルだったという事に気付き、疑問は限りなく少なくなります。

税金に対する考え方の基礎から、それを利用してキャッシュフローを加速させる方法までご紹介いたします。

和不動産 セミナー申込み

あとがき

あとがき


以上、今回のスタッフブログはいかがだったでしょうか。

不動産投資トピックスでは、“富裕層”のお話をしました。
野村総合研究所の調査では他にも、親が富裕層以上だとその子どもは、「金融リテラシーや金融情報感度が高い」という結果がでていました。
じつは、富裕層が、子育てにおいて重視していることの一つとして、お金の価値を教えるだけではなく、子どもに幼い頃から「富裕層の思考」を教えることで、安定した経済観念を養わせているということがあるのです。

そのお金の教育が脈々と続くことにより、「富める者はますます富み、貧しい者はますます貧しくなる」ということがおきているのではないでしょうか。

では年収500万円のサラリーパーソンがまず自己防衛するためにできることは、お金のリテラシーをあげることや、お金の心構えを整えることなのです。
まずは行動することが大切ですよ!

それでは、また次回のスタッフブログでお会いしましょう!さよなら、さよなら。

2020/02/05「2020年、都心に新駅誕生!変貌する街をおさらい」

和不動産スタッフブログ読者の皆さま、こんにちは!和不動産、ブログ担当です。 先月、朝日新聞社が、必要な老後資金を貯めているか?といった調査を実施しました。 それによると、年金を受け取っていない現役世代の7割が「貯められない」と答えた上に、“何歳まで生きたいか”という質問では、老後資金を「貯められない」人の方が低い年齢を答えた人が多かったそうです。老後のお金を準備できないということが、長生きしたくないという考えになってしまっていることが分かりますよね。 人生100年時代、長生きに対するリスクが現実味を帯びてきて、豊かな老後を送るという明るい将来が描けなくなっているのは残念に思います。そうならないためにも、若いうちから準備を進めておきたいものです。 さて、今回のスタッフブログは、以下の内容でお届け致します!

不動産投資トピックス
「2020年、都心に新駅誕生!変貌する街をおさらい」

和不動産トピックス
「不動産投資の失敗を江戸の歴史から学ぼう!」

あとがき

ぜひ、最後までご覧くださいませ!

トピックス

2020年、都心に新駅誕生!変貌する街をおさらい

いよいよ今年、東京都心に待望の新駅が誕生します!今回の不動産投資トピックスでは、この2つの駅について改めておさらいをしていきます。

新たな国際交流拠点として期待が高まる、山手線「高輪ゲートウェイ」駅

品川~田町間に建設中の山手線30番目の駅であり、1971年の西日暮里駅以来49年ぶりの新駅となります。
本開業は2024年を予定していますが、東京五輪に合わせて3月14日に暫定開業をします。
JR東日本は、駅の乗車人数は開業時で約2万3000人/日、2030年には6倍の約13万人以上になると見込んでいます。

現在、本開業に合わせて街びらきをするためにオフィスやホテル、住宅など7棟の高層ビルを建設予定で、その範囲は広く、東京ドーム約3個分にもなります。

進化するグローバルビジネス街に位置する、日比谷線「虎ノ門ヒルズ」駅

日比谷線の霞ケ関~神谷町間にあり、今年6月6日に本開業します。日比谷線新設以来の新駅です。
駅周辺に新たなビル3棟の建設が予定されており、4月に1棟がオープンし、残り3棟は来年2021年以降に開業予定で現在建設が進められています。

駅ホームからは虎ノ門ヒルズ森タワーやバスターミナル、銀座線の虎ノ門駅につながる地下通路も置かれる予定です。

絶え間なく街が変わりゆく、大都市東京

以上、いかがでしたでしょうか?

今年は東京五輪も開催し、都心に新駅も誕生するとあって大変な盛り上がりが予想されていますが、来年以降もこれらの新駅周辺の開発が進められる予定ですので、暫くは落ち着くことが無いので、東京で不動産投資を検討している、または既に不動産投資をしている方は、最新情報を注意深くチェックしてみてください。

東京がこれほどまでの大都市になった理由は、江戸時代にまで遡ります。江戸幕府を開いた徳川家の功績によるものが大きく、また、戦争によって一度は荒れ地と化した東京(当時の東京市)は、「政府から押しつけられた」結果、再生へと向かいました。
次の「和不動産トピックス」では、これらについて詳しく解説するセミナーをご紹介しています。
ご興味のある方は、ぜひ最後までご覧くださいませ!

和不動産 セミナー申込み

あとがき

あとがき


以上、今回のスタッフブログはいかがだったでしょうか。

まえがきでは、朝日新聞社の「老後資金がためられそうか」という調査のお話をしましたが、じぶん銀行でもビジネスパーソンの資産運用に関する調査を行っており、5人に1人(17.4%)が貯蓄ゼロであること、貯蓄をする目的は全体の約半数が「老後資金のため」という結果だったそうです。

まえがきとこのデータを合わせて考えると、老後資金のために貯蓄をしようと思っているけど、実際にはできていないし、できないだろうと思っているという将来にネガティブな印象が見て取れます。

みなさんも将来の不安を払拭し、今日今の瞬間、心から楽しく過ごすための第一歩として、弊社ではマネーリテラシーのセミナーを2月後半に多くラインナップしています。まずは、心構えを変えるところから始めませんか?

nagomi-fudousan.com/seminar/study/

それでは、また次回のスタッフブログでお会いしましょう!さよなら、さよなら。

過去の記事一覧

▶ 12月
▶ 11月
▶ 10月
▶ 9月
▶ 8月
▶ 7月
▶ 6月
▶ 5月
▶ 4月
▶ 3月
▶ 2月
  • 2020/02/12 2004年の長者番付を振り返る 格差社会が広がる日本
  • ▶ 1月
  • 2020/01/29 節税を求めて法人設立へ
  • 2020/01/22 お金が貯まる時間術 年収2000万円VS年収300万円
  • 2020/01/15 老後2000万円問題 20代の意識高まる

  • オーナー様の声 WEB面談 老後2000万円問題を解決 オリジナルコンサルシステム 和不動産youtube公式チャンネル 老後破産を防ぐ 相続税対策 相続税・生前贈与対策は和不動産で メルマガ配信中

    初心者の方にオススメ
    セミナー情報はこちら個別相談はこちら
    お電話はこちら

    株式会社和不動産
    メニュー