スタッフブログのご紹介|不動産投資の和不動産

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  和不動産スタッフブログ

スタッフブログのご紹介

和不動産スタッフブログ

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

和不動産メルマガ
和不動産では会員様限定のメールマガジンを配信しております。
更なるマンション経営お役立ち情報を購読されたい方は、こちらからご登録ください。
セミナー情報はこちら個別相談はこちら

近々開催のセミナーをご紹介!只今、申込み受付中!
2月21日(水) 13時30分~  第535回 相続税対策セミナー
不動産を負動産にしない相続税対策!

2月21日(水) 19時~  第536回 不動産投資セミナー
収益物件購入後の追加費用には、ご用心!

2月23日(金) 13時30分~  第537回 相続税対策セミナー
相続税対策は 生前贈与×都心・築浅中古ワンルームマンション で

2月23日(金) 19時~  第538回 不動産投資セミナー
金持ち父さんから学ぶ”良い借金”と”悪い借金”

2月24日(土) 13時30分~  第539回 不動産投資セミナー
「金持ちオーナー」と「貧乏オーナー」を徹底比較
不動産投資セミナー情報へ

最新記事のご紹介

2018/01/31 民泊新法・各区の上乗せ条例の状況まとめと、国との溝

和不動産スタッフブログ読者の皆さま、こんにちは!和不動産ブログ担当です。 1月も最終週を迎えました。2018年幕開けの月でしたが、皆様はどのような1か月だったでしょうか。 今週の木曜日からはもう2月に突入。2月3日は節分で、4日には立春を迎えます。こんなに寒いのに立春?!と思いますが、立春を過ぎてから本当に少しずつですが日が長くなり、春の訪れを身近に感じるようになってくるはずです。

そして桜より一足先に、梅の花が見頃を迎える季節が訪れます。
東京都心では湯島天神、亀戸天神、新宿御苑が梅の花で有名です。湯島天神は約70~80年の樹齢の梅の木を中心に、約300本の梅が見頃を迎えます。和不動産から約2.5キロで行くことができますので、アフターフォローやセミナーの帰りに立ち寄ってみてはいかがでしょうか(*^_^*)
また、近年すっかり定着した恵方巻きですが、今年の方位は丙(ひのえ)「南南東」だそうです。
和不動産から南南東の方角には、日本橋の「明治座」や「ディズニーランド」があるようです!
日本橋近辺はワンルーム市場でも激戦区ですが、今年は和不動産で買うと運がよさそうですよ!(^^)!
そして、なんと!
2月3日のセミナーに参加いただいた方には、恵方巻きをプレゼントさせて頂きます!詳細は後程!

さて、今回のスタッフブログは

◆不動産投資トピックス「民泊新法・各区の上乗せ条例の状況まとめと、国との溝」
◆和不動産トピックス「★和スタッフバースデーをサプライズでお祝いしました★」

といった内容でお届けいたします!
皆さま大変お忙しいかと存じますが、どうか最後までお付き合いくださいませ。

トピックス

【民泊新法・各区の上乗せ条例の状況まとめと、国との溝】

今年6月15日に施行されることで話題の「民泊新法」と、それに伴って次々に発表されている各区の上乗せ条例についてご紹介いたします。

また、各区が骨組みを発表している上乗せ条例に関し、国との溝が生まれている現状について1月23日の日経新聞に記事が掲載されていましたので併せてお伝えします。

民泊新法の正式名称は「住宅宿泊事業法」です。
これまでは民泊として営業を行う場合、旅館業の簡易宿所として許可を取得するか、大田区や大阪府の一部、北九州市、新潟市の「特区民泊」を活用する以外の方法がなかったため、誰もが参入できる事業というわけではありませんでした。ところが、新法施行後は年間180日以内という規制はあるものの、インターネットの電子申請システム(民泊制度運営システム)から「届出」を行うことで誰でも民泊の営業を行うことができるようになるため、民泊事業に参入する難易度がぐっと下がることになります。

民泊を営む方法として、これまでの旅館業法(簡易宿所)、特区民泊以外に、民泊新法という3つ目の選択肢ができるということです。そこで、各区が条例を上乗せして規制を設けることで、区の秩序と区民の生活を守ろうという動きが検討されています。

民泊新法では民泊事業を

1.家主居住型(住宅宿泊事業者)
2.家主不在型(住宅宿泊管理業者)
3.民泊仲介サイト運営会社(住宅宿泊仲介業者)

の3つに分類し、それぞれに対して適切なルールを定めています。

以下に、民泊新法のポイントを4つにまとめました。
●民泊=住宅と位置づけ
民泊=住宅と位置付けることで、今まで宿泊施設を作ることができなかった住宅街でも民泊の営業が可能に。ただし条例などによっては営業できない可能性の方が高い。
●年間180日以内で営業可能
民泊を「家主居住型」と「家主不在型」の2つに区別し、どちらも「一定の要件」の範囲内で住宅の貸し出しを認可。ただし、年間営業日数は最大180日以内に制限され、条例に基づき営業日数に制限がかかります。
●家主は都道府県知事へ届出を義務付け
「家主居住型」「家主不在型」のどちらも都道府県知事への届出が義務付けられる。 さらに「家主不在型」民泊は管理委託が必要となり、管理会社には国土交通大臣の登録が義務付けられる。
●民泊サイトには観光庁長官の登録を義務付け
民泊事業者と利用者をマッチングする民泊サイト運営事業者(AirbnbやHomeAwayなど)には、観光庁長官の登録が義務付けられる。

このように民泊へのハードルが下がったところへ、各区が検討している規制案を主要な区に絞り図にてご紹介いたします。

東京23区民泊民泊条例の検討状況まとめ

続々と各区から骨組みが上がり、すでに大田区と新宿区では条例が制定されました。
図を見てみると、それぞれの区で厳しい規則を設けていますね。

民泊法では通年や全域規制の是非について明記はされておらず、更にガイドラインの公表が遅れたことから、各自治体からは「3月から始まる民泊事業者の届け出の準備に間に合わない」との困惑の声が上がっている中で、大田区と新宿区が先駆けて条例を制定しました。

民泊を商機とみていた不動産業者からは「年間180日の規制だけでも厳しいのに、条例が上乗せされては商売にはならない」と、不満が漏れ聞こえてきます。また、地域によって異なる規制は、旅行者にも分かりづらいことでしょう。規制が厳しすぎれば、違法民泊問題も解消されません。訪日外国人を地域に呼び込むことで生まれる経済効果などの恩恵と、反対に民泊による環境悪化を懸念する住民の不安を解消する対策にと、自治体の模索はまだ続きそうです。

民泊を新たな投資として考えている方も多いことと思いますが、まだまだ状況は不安定です。
何より大前提として、マンションの管理規約で民泊利用が許可されていない物件は、民泊として利用することができません。今回ご紹介した条例以外にも、民泊には細かい決まりがたくさんあります。総括すると、よくわからない民泊投資をするより、通常の賃料収入を得る不動産投資の方が安泰であることは、明確ではないでしょうか?

弊社がお勧めしている都心の築浅ワンルームマンションは駅から5分以内など駅近が多いので、民泊解禁により一層希少価値が高まると考えられます。
2020年東京オリンピックに民泊にと、激動の時代を迎えている不動産投資市場ですが、「いつが『買い時』なのか?」をご自身だけの判断で見極めるのは難しい時代に突入しているのではないでしょうか。値段が下がるタイミングでと考えていると、結局買い時を逃してしまったり、待っている間に、先に始めた方が、家賃によるローンの残債もどんどん減っていきますので、それを無駄にしてしまいます。

是非一度弊社のセミナーにご参加いただき、プロの声を聴いていただければと思います。

和不動産 セミナー申込はこちらからどうぞ!
⇒ nagomi-fudousan.com/seminar/study/

和不動産トピックス
【★和スタッフバースデーをサプライズでお祝いしました★】

サプライズでお祝い

先週お誕生日を迎えた和スタッフ、通称「しーちゃん」のお祝いをいたしました!
欲張りなしーちゃんにも満足してもらえるように、ケーキは2個用意!(しーちゃんは決して欲張りではございません。スタッフが山分け分を欲しがったゆえです。)

サプライズについて知っていたのはごく一部のスタッフで、業務中ふいに電気が消えたとき、大雪警報も発動していた1/22だったこともあり停電と勘違いするスタッフもいました(笑)

いつも営業部内だけではなく、社員全体を気にかけ笑顔を分けてくれているしーちゃん。
「また1年、しっかりと自分の務めを遂行できるようにがんばります!」と抱負も述べてくれました!セミナーにお越しいただいた方は、しーちゃんがオフィスビル入口でお迎えいたしますので「お誕生日おめでとう!」とぜひ一言お願いいたします♪

和不動産人事部では、社員の日々の様子や口コミ・評判をお伝えする『人事部ブログ』を毎日更新中です★社内の雰囲気を皆さんに感じていただけると思いますので、ぜひのぞいてみてくださいね!

和不動産★人事部ブログはこちらから!
⇒ nagomi-jinjiblog.com/

セミナー詳細はこちらから!お申込みはお電話かHPのメールフォームにて受付いたします!
⇒ nagomi-fudousan.com/seminar/study/

あとがき

本日1月29日は、毛利衛さんの生誕日です。和TOPICSに引き続きお誕生日ネタで失礼いたします!

毛利衛さんの生誕日

毛利さんは1948年生まれ。今日で70歳を迎えました。当時TBS社員だった秋山豊寛に次いで、日本人2人目の宇宙飛行士として知られています。他にもスペースシャトル計画に加わった日本人宇宙飛行士としては1人目であったり、日本科学未来館館長という輝かしい実績をお持ちです。
『地球は青かった』
誰もが1度は聞いたことがある、世界初の宇宙飛行士「ユーリ・ガガーリン」が宇宙空間から地球を見た際に残した名言ですね。我らが毛利さんも名言を残しているのでご紹介したいと思います。
『挑戦することに、年齢は関係ないですよ。90歳でカンバスに向かう老芸術家だっている。精神的な年齢に、老いも若いもないんです。1992年、44歳で宇宙に飛び出し、その後、およそ8年間のブランクをへて、再び宇宙へ再挑戦しました。52歳で飛んだ2回目は、11日間宇宙に滞在しました。多くの人から、何かにチャレンジするときに、気持ちが続かないと聞きますが、それは、心の底から、おもしろがらないからじゃないでしょうか。
せっかく新しいことにチャレンジしようと思って始めたことでも、気付くと習慣的な行動からは外れてしまうなんてことありますよね。自分が1度は良いと思って始めたこと。心の底からおもしろいと思えるのならば、初志貫徹は自然と結果についてくるんですね。
…と言いながらも、中々モチベーションを保つのは難しいときはありますよね。自分1人でチャレンジの達成が難しいならば、仲間を見つけて一緒にがんばるというのも手だと思います!マンション経営を始められたオーナー様も資産運用や老後の年金対策として始めたけれど、アフターフォローのタイミングを逃してしまってからは「行きにくいなあ…」といった方もいらっしゃるのではないでしょうか。和不動産では年に3回、社をあげた大イベントを開催しています!足が遠くなってしまった方も1度そちらにご参加するのはいかがでしょうか?マンション経営を共に営むオーナー様との交流がモチベーションのアップにつながるはずです。
ちなみに次回は4月7日(土)にお花見イベントを開催します。たくさんのオーナー様の参加お待ちしております。
そしてマンション経営をスタートしていない方は、オーナーやリピーターの方が多くご参加する弊社のセミナーにお申込みいただくことをおすすめします。実際の生の声や感想を聞いて、抱いた興味をさらに深めてください!

それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました。
また次回のスタッフブログでお会いしましょう!
さよなら。さよなら。

2018/01/24 2020年東京オリンピック 晴海・選手村の計画は?

和不動産スタッフブログ読者の皆さま、こんにちは!和不動産、ブログ担当です。 東京は冬晴れが続いていましたが、今週はこの冬一番の寒波がやってくるようです。 ダウンコートを着る目安が、「最高気温が10度を下回る日」と言われているのをご存知ですか? 今日22日の最高気温はなんと5℃の予報で、東京でも雪が降ると言われていますので、皆様ダウンコートにホッカイロで防寒して、寒さに挫けないよう頑張りましょう!

以前のスタッフブログでもお伝えしましたが、過去30年のデータより、1年で1番寒い時期は1月ということですので、今ぐらいの時期が寒さのピークなのかもしれませんね。
本日、東京は冷たい雪や雨が降りそうですので、仕事後はまっすぐ帰宅する人が多くなりそうです。
しかし寒いからと言って冬の間はまっすぐ帰ってコタツへGO!では時間がもったいないですね!
寒いからコタツへGO!している人と、寒くてもナゴミの夜セミナーへGO!した人とでは、きっと春には大きな差が開くこと間違いなしです!和不動産の温かいホスピタリティーで皆様をお迎えいたしますので、ぜひセミナーをチェックしてみてくださいね!

さて、今回のスタッフブログは

◆不動産投資トピックス「2020年東京オリンピック 晴海・選手村の計画は?」
◆和不動産トピックス「和不動産に新しい仲間が増えました!」

といった内容でお届けいたします!
皆さま大変お忙しいかと存じますが、どうか最後までお付き合いくださいませ。

トピックス

【2020年東京オリンピック 晴海・選手村の計画は?】

1月17日の日経新聞に東京オリンピックの選手村開発計画の記事がございましたので、ご紹介します。

東京オリンピックの選手村開発計画

1月16日、東京・晴海で建設中の2020年東京オリンピック・パラリンピック選手村における検討内容がわかりました。
幹線道路「環状2号線」沿いに大会専用の大型バスターミナルを整備し、選手に食事を提供するメインダイニングや選手団の入村式の舞台となるビレッジプラザも設置します。これらの施設は今秋より建設を始め、大会直前の2020年春までに完成させる計画です。

選手村は東京ドームほぼ4個分にあたる約18ヘクタールに、東京都と不動産大手11社が超高層タワー2棟を含む住宅棟24棟などを整備する大型再開発となります。
なお2棟の超高層タワーは、五輪後の建設予定です。

東京オリンピックの選手村開発計画

オリンピック期間中は選手の宿泊施設として使い、終了後は改修工事の後に5600戸の住宅に転用されます。大会組織委員会が大会期間中のみ使う仮設施設も整備予定で、オリンピックに使用する部分の整備に関しては、2019年12月の完了をめどとしています。
選手らを各競技場に運ぶため、大会専用の大型バスターミナルを環2沿いの晴海5丁目交差点付近に設置し、シャトルバスで選手村と新国立競技場(東京・新宿)などの各競技会場をつなぎます。

選手村とは、オリンピック・パラリンピック期間中、選手の「第2の家」となる場所ですので、選手が自国にいる時と同様にリラックスしてコンディションを維持できるような環境を整える必要があります。
その中でもアスリートにとって食事は特に重要な要素となりますので、衛生面・栄養面・アレルギー面・文化や宗教による食文化の違いなどに配慮したメニューが提供されます。
また、食事は毎日のことなので、飽きが来ないようなメニューサイクルや、世界の代表的な料理を提供するなどの工夫が必要となります。
今回の東京オリンピックで選手が食事をするのは、地上2階建て・5000席のメインダイニングで、24時間、1日4万5000食を提供します。イスラム教の戒律に沿ったハラル食など、各国の宗教や文化に配慮した食事を用意し、選手を支援します。

オリンピック選手団の入村式を開くビレッジプラザは晴海4丁目に整備され、全国の自治体から提供された国産木材を使った平屋造りで、選手や大会関係者が集うカフェや雑貨店、メディアセンターなどが入ります。このほかにも晴海客船ターミナルや商業棟も選手らの利便施設として活用する方針です。

選手村の運営に伴い、晴海周辺の公共施設の運用も変わります。
具体的には、都と組織委、東京23区清掃一部事務組合、中央区がオリンピック期間とその前後の3~4カ月間は選手村に隣接する中央清掃工場の稼働を停止する方針を定めました。
中央清掃工場は中央区の可燃ごみを焼却処理する施設ですが、清掃工場の前の道路が大会専用のバスターミナルとなり清掃車が通れなくなってしまうため、大会期間とその前後、中央区のごみは周辺の清掃工場へ搬入する方針です。
2年半後の東京オリンピック開催へ向けて、着実に歩みをすすめる東京。
2017年末の紅白歌合戦では、砲丸投げの砲丸を作る職人さんがすでに五輪で使用する砲丸を作っているという情報がありました。
そこで「五輪はすでに始まっている」という発言があり、とても印象に残りました。聖火リレーもIOC既定の100日を超えて47都道府県、中でも東日本大震災などの被災地を重点的に巡るということが既定路線です。東京オリンピックは、確かにすでに始まっているのです。
不動産投資を検討している人中で、2020年のオリンピックが終わったら安くなるので購入を待ちますという声も聞きますが、本当にオリンピック後に東京の物件は安くなるのでしょうか?今始めておけば、その2年半で、他人資本で元本の返済も進んでいきます。
まずは情報集めからという方も、「今」からスタートする大切さをご理解下さい。
弊社のセミナーでは、不動産投資の市況はもちろんのこと、詳細なエリア分析(大人気です!)や初心者の方が必ず知っておいた方がいい知識をまとめたセミナー、賃貸管理や原状回復のことまで、詳細なジャンル分けをして必要な情報をご提供しています。
たくさんの方が複数のセミナーへお申込みをいただき、お越しくださいます。それだけ、弊社のセミナーは参加しやすく意義のあるものとご認識いただけているのだと自負しています。
皆様もぜひセミナー情報をご覧いただき、気になるタイトルにお申し込みください。
1度しか開催しない「お宝」セミナーもたくさんございますので、この機会をお見逃しなく!

和不動産 セミナー申込はこちらからどうぞ!
⇒ nagomi-fudousan.com/seminar/study/

和不動産トピックス
【和不動産に新しい仲間が増えました!】

さかたん

今年1月15日より営業部に、笑顔がかわいい新しい仲間が!
和不動産恒例のあだ名決めを経て、「さかたん」というあだ名に決定いたしました★ちなみに本名には全く関係のないあだ名となっておりますので、ご来社いただいた際にはぜひ皆さまとご挨拶をさせていただければと思います(笑)!

スタッフたちとの共通点も多く、初日からすっかりなじんでいたさかたん。
皆さまの不動産投資ライフのお手伝いをさせていただくため日々はげんでおりますので、これからどうぞよろしくお願いいたします♪

セミナー詳細はこちらから!お申込みはお電話かHPのメールフォームにて受付いたします!
⇒ nagomi-fudousan.com/seminar/study/

あとがき

ライバルが手を結ぶ日

昨日1月21日は、慶応2年1月21日に薩長同盟が締結されたところから、「ライバルが手を結ぶ日」と言われています。
薩長同盟とは、江戸幕府を倒すという薩長共通の大義のため、京都の屋敷で薩摩藩の小松帯刀と西郷隆盛、長州藩の木戸孝允らが一堂に会して締結した軍事同盟です。坂本龍馬の働きかけも大きかったとされていて、このような動きが2年後の明治維新につながったと言われています。
歴史上の人物で人気が高い幕末の志士・坂本龍馬ですが、なんと今、教科書から龍馬の名前が消える?!という話題があることをご存知でしょうか。
2017年11月14日の朝日新聞によると、高校と大学の教員らで作る「高大連携歴史教育研究会」が用語の精選案を発表し、「知識を入試で問う用語を現在の3500語程度から約半分にすべき」としているそうで、日本史分野の削除対象に坂本龍馬や吉田松陰、さらには上杉謙信や武田信玄など、人気が高くファンが多い歴史上のスターの名前が挙げられているそうです。
「今回の案は教科書の本文で扱って全員が覚え、入試で知識を問う最低限の用語のリスト」から外されるということのようです。(2017年12月4日の朝日デジタルより)
今回の削除対象に上がった人達は、歴史上では重要な人間ではなかったという理由だそうです。
歴史の教師の大半が『歴史は学問だからロマンはいらない』と主張するそうで、なんだか寂しさを感じてしまいますが、確かに入試の勉強としての歴史と大人になってから本で読む歴史の世界やドラマ・映画の世界は全く別物ですので、少し納得するところもあります。
2018年は明治維新から150年の年です。日本政府も「明治150年」と銘打ち、「明治以降の歩みを次世代に残す」「明治の精神に学び、さらに飛躍する国へ」という基本的な考えの下に施策を進めていくそうです。今年も日本・特に東京は激動の時代となりそうですね!
現代社会を生き抜くためには、情報収集をすることが何よりも重要です。
弊社のセミナーでは常に旬の情報をご提供しており、なおかつ選べる曜日もテーマも豊富でございますので、皆様の今後にきっとお役に立てていただけますよ!
ぜひ、セミナー情報をチェックしてみてくださいね(*^_^*)

それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました。
また次回のスタッフブログでお会いしましょう!
さよなら。さよなら。

過去の記事一覧

▶ 12月
▶ 11月
▶ 10月
▶ 9月
▶ 8月
▶ 7月
▶ 6月
▶ 5月
▶ 4月
▶ 3月
▶ 2月
▶ 1月
  • 2018/01/31 民泊新法・各区の上乗せ条例の状況まとめと、国との溝
  • 2018/01/24 2020年東京オリンピック 晴海・選手村の計画は?
  • 2018/01/17 人生100年時代 年金はもっとくり下がる?
  • 2018/01/10 2018年度税収、増加の見込み

  • オリジナルコンサルシステム セミナー開催中 相続税対策 マドリームに紹介されました 信頼できる不動産投資特集 メディア掲載実績 相続税・生前贈与対策は和不動産で 老後破産を防ぐ フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 和不動産youtube公式チャンネル 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

    初心者の方にオススメ
    セミナー情報はこちら個別相談はこちら
    お電話はこちら

    近々開催のセミナーをご紹介!只今、申込み受付中!
    2月21日(水) 13時30分~  第535回 相続税対策セミナー
    不動産を負動産にしない相続税対策!

    2月21日(水) 19時~  第536回 不動産投資セミナー
    収益物件購入後の追加費用には、ご用心!

    2月23日(金) 13時30分~  第537回 相続税対策セミナー
    相続税対策は 生前贈与×都心・築浅中古ワンルームマンション で

    2月23日(金) 19時~  第538回 不動産投資セミナー
    金持ち父さんから学ぶ”良い借金”と”悪い借金”

    2月24日(土) 13時30分~  第539回 不動産投資セミナー
    「金持ちオーナー」と「貧乏オーナー」を徹底比較
    不動産投資セミナー情報へ

    株式会社和不動産
    メニュー