スタッフブログのご紹介|不動産投資の和不動産

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  和不動産スタッフブログ

スタッフブログのご紹介

和不動産スタッフブログ

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

和不動産メルマガ
和不動産では会員様限定のメールマガジンを配信しております。
更なるマンション経営お役立ち情報を購読されたい方は、こちらからご登録ください。
セミナー情報はこちら個別相談はこちら

最新記事のご紹介

2017/11/29 「東京で幸せに1人暮らしするための住まいの条件とは?」

和不動産ブログ読者の皆さま、こんにちは!ブログ担当です。 11月も最後の週を迎えました。弊社も11/25より8Fと7Fにクリスマスツリーを設置しました。 オーナメントがたくさんあったので飾り付けが大変でしたが、総務部が一生懸命デコレーションしましたので、是非見に来て頂けると嬉しいです!

クリスマスツリー

和不動産ではいっきにクリスマス気分満載となりましたが、これから年末まであっという間です。アメリカでは「ブラックフライデー」で盛り上がっており、今年から日本でも流行りつつあるようですが、くれぐれもお買い物は計画的に。
飲み会、イベントと出費が増える季節ですが、こんな時こそ他人と差をつけるために、和不動産の不動産投資のセミナーにご参加いただくのはいかがでしょうか?セミナー参加費ワンコイン500円でアマゾン1位になった代表の本を1冊プレゼントしておりますので、費用対効果も高いです!
プラス、セミナーへリピート参加の方は、なんと参加費が毎回無料となります。12月のセミナーは20回程開催しますので、時間がある限りご参加いただき、知識をゲットしていきましょう!

今回は、

◆不動産投資トピックス「東京で幸せに1人暮らしするための住まいの条件とは?」
◆和不動産トピックス「2017年末特別キャンペーン実施中!」

といった内容でお届けいたします!
皆さま大変お忙しいかと存じますが、どうか最後までお付き合いくださいませ。

トピックス
【東京で幸せに1人暮らしするための住まいの条件とは?】

不動産情報サービスのアットホーム株式会社(東京都大田区)が、11月20日「1人暮らしの社会人が東京で幸せに暮らすために必要な住まいの条件調査」を発表していましたので、ご紹介いたします。
東京で1人暮らしをする社会人の男女624名(男女各312名)を対象に、「家の広さ」「間取り」「駅までの徒歩分数」など、東京で幸せに1人暮らしをするために必要な条件をアンケートしました。
この記事においては、以下のアンケート結果にクローズアップしてご紹介していきたいと思います。

1.必要最低限な家の広さは?
2.一番需要がある間取りは?
3.許容できる築年数は何年か?
4.最低限(長くても)許容できる自宅から駅までの徒歩分数は?と許容できる通勤時間は?

では、この4つのアンケート結果について、1つ1つ詳細をご紹介していきます。                     

1.必要最低限な家の広さ

必要最低限な家の広さは?

平均値は34.0㎡でしたが、アンケート結果詳細の表をご覧いただくと、一番多いのは20㎡以上25㎡未満です。20㎡から35㎡未満という範囲で50%以上を獲得しますので、最もニーズが高いお部屋の広さは、この範囲内ということがお分かりいただけるかと思います。

2.間取り

一番需要がある間取りは?

こちらに関しては平均値が1Kでしたが、統計上一番多いのも1K、「現在住んでいる間取り」も1Kという結果でした。このことから、一番需要がある間取りは1Kということが分かるかと思います。

3.許容できる築年数は何年か

許容できる築年数は?

こちらは平均26.7年でしたが、最も多い年数は20年以上30年未満ということが分かります。なお、現在住んでいる住居の築年数は平均20.7年という結果でしたので、築年数に関しては20年以上30年未満が許容範囲と考えてよいでしょう。

4.最低限(長くても)許容できる自宅から駅までの徒歩分数

最も多かったのが「10分以上15分以内」で、平均値は13.0分でしたが、実際に現在住んでいる自宅から駅までの徒歩分数の平均は8.9分という結果でした。
平均値と実数に4.1分も差がでているということは、こちらの数値に関しては駅から13分ほど離れた場所に「とても好みの物件がある」「周辺環境が恵まれている」などの好条件が重ならない限り、駅から8.9分ほどの距離に住まいを設けたいということでしょう。
また、通勤時間に関しても、許容できる平均値は片道49.1分でしたが、現在の住まいからの通勤時間の平均は38.3分
という結果がでています。
なんとその差は10分以上。49.1分までなら許容はできるけど、実際は少しでも短い時間のほうを優先させることが見てとれます。

以上、アンケート結果をご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。
なお、「(仕事がある日)最低限必要な自宅でゆっくり過ごす時間は?」というアンケートの平均値は4時間27分で、実際にゆっくり過ごしている時間も4時間13分という結果でした。
最近の風潮として、残業をしない、させないという会社も増えましたので、仕事のある日(平日)に、夜眠りにつくまでに4時間もあるというのは、街をフラフラせずに、一刻も早く家に帰ってゲームをしたり、ネットをしたりしたいので、あまり通勤時間を使いたくはないという現代人の志向が見てとれますね。

弊社がお勧めしている都心の築浅中古ワンルームマンションは、入居者のターゲットをビジネスマンに絞っています。
駅からの徒歩2分~9分未満、広さ20㎡~30㎡、間取り1K、1DKのハイグレードな物件のみをご紹介しております。物件を仕入れる際の判断基準はこれだけではなく、さらに厳しい条件がございますので、賃貸需要が高く入居者が途切れることがありません。
弊社のご提案するものは、安定した家賃収入を確保することができますので、安心して本業のお仕事に取り組むことが可能なのです。
弊社の都心・築浅中古ワンルームマンションの投資メソッドは、セミナーにて情報を惜しまず公開しておりますので、ぜひ一度ご参加ください。
お休みの日は趣味に時間を使ったり、ゆっくりしたりしたいという方は水曜・金曜の夜セミナーがお勧めです。
平日は仕事に集中して、土日に資産運用の勉強をしたいという方には土日祝日昼に開催しているセミナーをお勧めします。
どちらのセミナーもたくさんのタイトルをラインナップしておりますので、気になるものをお選びください!

和不動産 セミナー申込はこちらからどうぞ!
⇒ nagomi-fudousan.com/seminar/study/

和不動産トピックス
【2017年末特別キャンペーン実施中!】

平素より弊社セミナーにご参加いただき誠にありがとうございます。弊社セミナーを受講されたことによって、皆さまが行っているマンション経営や、ワンルームマンションを活用した相続対策をされる際のお役に立つことができれば、嬉しい限りでございます。

さて、和不動産では近年取り沙汰されている【相続】にフォーカスした「相続セミナー」を、弊社代表・仲宗根の書籍出版を皮切りに、今年7月より開催しておりましたが、たくさんの方にご参加いただき、実際に弊社が提案するワンルームマンションを使った相続税対策により、かなり節税になったと喜びの声を多数いただきました。
そこで、さらに皆さまがお気軽にご参加いただけるように、毎週金曜日13時30分からのみ開催しておりました、弊社代表による相続対策セミナーを追加にて12月からは毎週水曜日13時30分からも追加開催することが決定いたしました!
こちらのセミナーは、今までの一般的な生前贈与を使った相続税対策よりも、もっと細かくフォーカスした内容となっておりますので、一度ご参加頂いた方でも、また違った勉強になるものとなっています。ぜひこの機会に水曜日・金曜日の相続セミナーにお越しくださいませ!

セミナー詳細はこちらから!お申込みはお電話かHPのメールフォームにて受付いたします!
⇒ nagomi-fudousan.com/seminar/study/

あとがき

ノーベル賞制定記念日

本日、11月27日は「ノーベル賞制定記念日」です。

スウェーデンの科学者 アルフレッド・ノーベルが、自身の死後にノーベル賞を設立するよう記した遺言書へと署名をしたのが1895年のこの日でした。ノーベルは科学者であると同時に鉄工所を経営する実業家でもありました。生涯で350もの特許を取得しており、その中で最も有名なのが「ダイナマイト」です。

ダイナマイトを発明したことによりノーベルは巨万の富を得ることになります。そして、経営していた鉄工所は兵器メーカーへと発展していきました。一方で、爆薬や兵器の利益で富を築いたノーベルに対する世間からの批判も多く挙がってきました。

やがて1888年、ノーベルの兄であるリュドビックが亡くなります。しかしなんと、当時のとある新聞が兄弟を取り違え「死の商人、死す」の見出しと共にノーベルの死の誤報を流してしてしまったのです。自分の死亡記事を見たノーベルは「死の商人」という文字にショックを受け、自身の死後の扱われ方について気にするようになります。

そこで考えついたのが、自分が死んだ後に兵器で築いた自身の遺産をもとに「人類に貢献する」人たちへの賞を設立し、名誉ある方向で名前を残すことでした。そうして遺言を遺した1895年の翌年、1896年にノーベルは亡くなります。第1回ノーベル賞の授与が行われたのは1901年のことです。
ちなみに第1回ノーベル賞は、X線を発見したウィルヘルム・レントゲンや、第120回メルマガでも紹介した国際赤十字を創立したアンリ・デュナンが受賞しています。
ノーベル賞は物理学賞、化学賞、生理学・医学賞、文学賞、平和賞の5部門に分かれて授与されます。2017年現在で日本国籍の人物が最も多く授与されたのはノーベル物理学賞で、なんと9回も受賞しています。
今年度は日本出身でイギリス国籍の作家、カズオ・イシグロ氏がノーベル文学賞を受賞したことでも話題になりました。今後も偉業を成し遂げて、名誉ある賞を受賞する方が誰なのか楽しみですね!
それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました。
また次回のブログでお会いしましょう!
さよなら。さよなら。

2017/11/22 工事原価7%増 新築価格の上昇か

和不動産ブログ読者の皆さま、こんにちは!ブログ担当です。 11月も後半になりました。今年も残すところあと40日です。 都心では先週末から各所でクリスマスのイルミネーションが点り、東京の街全体がキラキラと輝いています。私個人的には、紅葉シーズンの終わりかけからクリスマス、年末までの約1か月間が1番好きだったりします。

あっ!という間に1年が過ぎてしまいますね。皆様は今年やり残したことはないでしょうか?残りもう42日なのか、まだ42日あるのかで年末の動きは変わってきます。ということで、和不動産では平日セミナーとして水曜日の夜・金曜日の夜に不動産投資セミナーを開催しております。これから年末にかけて一番節税効果の高い時期ですので、年内中に不動産投資を始める方や、追加で購入される方も多くなる時期です。オーナー様もお友達をお誘いいただき、たくさんの方が弊社のセミナーに参加していただいております。オーナー様には年末特別のご紹介キャンペーンも実施しておりますので、ぜひご利用くださいませ!
今回は、

◆不動産投資トピックス「工事原価7%増 新築価格の上昇か」
◆和不動産トピックス「2017年末特別キャンペーン実施中!」

といった内容でお届けいたします!
皆さま大変お忙しいかと存じますが、どうか最後までお付き合いくださいませ。

トピックス
【工事原価7%増 新築価格の上昇か】

11月17日の日経新聞に工事原価上昇のニュースが掲載されていましたので、ご紹介いたします。
総合建設会社で構成されている日本建設業連合会が、2022年3月期までに施工現場での作業に週休2日制を導入する方針を固めました。
その影響により、工事原価が7%以上増加すると見る建設会社が多く、施主側に一定負担を求める考えです。
当然のことですが、不動産会社はその施策に反発を示しており、建設需要がひと段落する東京オリンピック後を視野に、両者のさやあてが激しくなりそうです。

週休2日制はゼネコンの工事原価上昇につながる

東日本大震災やオリンピック需要で建設業界は慢性的に人手不足が続いており、日建連は「週休2日実現行動計画試案」を取りまとめました。
施工現場はこれまで週休1日が多く、「週休2日なんて無理と認めてきたタブー」という業界の常識を大きく変える今回の取り組みに、「業界の命運をかけてチャレンジする」と宣言し、会員各社に週休2日制への移行を働きかけていくと決めました。
施工を担う下請け業者は日給制が多く、現状のまま週休2日に移行すると実質賃下げとなるため、元請けが人手を確保するには下請けへの支払賃金を維持する必要がでてきます。単純計算で下請け業者の日給は1.2倍となり、工期も長くなってしまいます。
建設会社の労務費は工事原価の4割前後を占め、さらに工期が延びることで建機のリース費用や仮設費なども膨らむことは明白です。
日建連の会員企業への調査によると、週休2日へ移行することで延べ52社のうち26社が工事原価で7%以上、17社が5~7%の上昇につながると答えました。
工事原価が7%上昇することで、どのような影響がでるのでしょうか。
総合建設会社(ゼネコン)売上高上位10社の2017年3月期連結決算で試算すると、売上高と販管費が変わらず工事原価が7%増えた場合7社が営業減益、3社が営業赤字に転落します。
日建連の山内隆司会長(大成建設会長)は「生産性向上でコストアップを吸収する努力を重ねていきたい」としつつ、「必要な経費は請負代金に反映させる」と強調しました。
一連の建設業界の動きに、発注者側の不動産業界は反発を示しています。
不動産協会の菰田正信理事長(三井不動産社長)は「建設業の働き方改革に協力する」とした上で「生産性向上や重層の下請け構造など、建設業がきちっと取り組みを進めることが大前提」とくぎを刺しました。
かつては供給過剰を背景に不動産会社に買いたたかれてきた建設業界でしたが、東日本大震災の復興やオリンピック需要などを受けて建設会社が価格交渉で優位に立つ場面が増えました。
東京オリンピック開催後に需要をどの程度確保できるかという問題が今後の交渉の焦点となりそうです。
工事原価の上昇が不動産投資業界に与える影響は、「新築物件の販売価格の高騰」です。
弊社のお客様でも、新築物件の綺麗さに魅かれて中古物件の購入を迷われる方がいらっしゃいますが、新築物件には用地買収から建物が完成するまでの借入金の利息や、その物件を販売するための「モデルルーム」「パンフレット」「「広告費用」など、物件そのものの値段以外にもたくさんの「必要経費」がかなり上乗せされています。ただでさえ割高にもかかわらず、今回の取り組みにより、さらに工事原価が上昇するという見込みなのです。
直近の好景気により地価も上がり、人件費も上がり、建材も全て値上がりしている現状で、これからますます新築物件の高騰はまぬがれないでしょう。
弊社では同じワンルームマンション投資でも、新築でなく都心の築浅中古ワンルームマンションをおすすめしています。それにはたくさんの理由があるのですが、弊社では都心の立地にこだわり、建物のグレードや設備、駅からの距離などたくさんの厳しい基準をクリアしたものだけを取り扱っております。新築物件の価格上昇が進めば、今後もさらに2000年前後に建てられた中古物件の需要が高まっていくことは確実です。
弊社では独自の市場分析から不動産投資市場は5極化していると考えており、お忙しいビジネスマンが安心して参入できる不動産投資をご提案しています。
5極化の理由などはセミナーにてお伝えしておりますので、お仕事終わりに参加できる水・金曜日の夜セミナーや、お休みの日にゆっくり参加できる土日祝日セミナーをご活用ください。
お気軽にお申込みいただければ幸いでございます!

和不動産 セミナー申込はこちらからどうぞ!
⇒ nagomi-fudousan.com/seminar/study/

和不動産トピックス
【2017年末特別キャンペーン実施中!】

この度、過去に資料請求をいただいた方と、弊社の相続セミナーにご参加いただいた方に向けて年末の特別なキャンペーンを実施させていただくこととなりました!なんと、セミナー参加費無料やQUOカードプレゼント、いま相続対策界隈で専ら話題の「エンディングノート」プレゼントなど、セミナー参加でもらえる豪華な特典が盛りだくさんとなっております。キャンペーン対象者の方には、現在順次ご案内をさせていただいております!ぜひふるってご参加くださいませ!
また、最近はお友達と一緒にセミナーに参加される方が大変多くいらっしゃいます。確かにお友達同士であれば不動産投資の事を相談しやすいので、心強いですね!
なかなか普段不動産投資の話をする機会がないなと感じている方、是非皆様もお友達を気軽に誘ってセミナーにご参加されてみてはいかがでしょうか?

セミナー詳細はこちらから!お申込みはお電話かHPのメールフォームにて受付いたします!
⇒ nagomi-fudousan.com/seminar/study/

あとがき

大工さんの日

本日、11月20日は「大工さんの日」です。
日本の建築大工の団体「日本建築大工技能士会」が1999年に制定しました。11月が技能尊重月間であるということと、“11”は柱、“二二”を土台と梁に見立てられるなどの理由から、11月22日が大工さんの日にふさわしいとされたそうです。
大工は、江戸時代には「左官」「鳶」と並んで「華の三職」と呼ばれていました。当時の大工の賃金は1日あたり540文、一方で普通の町民の賃金が300文だったため、倍近い差がありました。さらに江戸は火事が頻繁に起こっていたのでその度に建築の需要があり、「食いっぱぐれる」こともなくひっぱりだこだったといいます。
そして江戸時代からさらに遡った645年の大化の改新で有名な飛鳥時代、大工の神様と呼ばれた人物がいました。冠位十二階を制定したことで有名な聖徳太子です。太子が「さしがね」という建物の建設に欠かせない道具を中国から持ち帰り、そして自らが講師となり建築の基礎などを人々に教えていたことから建築の技術が広まっていったのだそうです。世界最古であり、日本で最初の世界遺産である法隆寺を建てた聖徳太子が建築の神様というのも納得です。
約1400年も前に建てられた法隆寺が日本の建築技術の高さを象徴しているようですね。皆さんも、もし法隆寺へ観光に行かれる際にはぜひ建築技術という新たな視点から見てみてはいかがでしょうか?

それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました。
また次回のスタッフブログでお会いしましょう!
さよなら。さよなら。

過去の記事一覧

▶ 12月
▶ 11月
  • 2017/11/29 「東京で幸せに1人暮らしするための住まいの条件とは?」
  • 2017/11/22 工事原価7%増 新築価格の上昇か
  • 2017/11/15 東京駅丸の内駅前広場12月7日完成予定
  • 2017/11/08 マンション都心回帰が顕著 より強まる職住近接志向
  • 2017/11/01 入居者に人気の設備ランキング2017
  • ▶ 10月
  • 2017/10/25 資産の終活 資産一覧をまとめ、家族への円滑な相続を!
  • 2017/10/16 都市農地維持に向けた官民の対策 生産緑地の2022年問題とは?
  • 2017/10/10 増加している贈与!『相続時精算課税』を知っていますか?
  • 2017/10/04 2017年基準地価 商業地2年連続上昇するも、進む二極化
  • ▶ 9月
  • 2017/09/25 賃貸仲介の重要事項説明IT化 10月1日解禁へ
  • 2017/09/19 訪日客向けアパートホテル建設 3,000戸を予定
  • 2017/09/11 賃貸借契約をネット上で完結 進む電子化の波
  • 2017/09/04 大手アパートサブリース業者 修繕不履行で集団提訴
  • ▶ 8月
  • 2017/08/30 アパート融資急減!4~6月前年同比15%減
  • 2017/08/23 『家族信託』で安心の家族計画を!
  • 2017/08/09 VR(バーチャルリアリティ)内見、不動産業のIT化
  • 2017/08/02 老朽マンションの建て替え問題と、ワンルームマンションの資産価値
  • ▶ 7月
  • 2017/07/26 法制審議会が遺産分割見直し 遺産分割から住居を除く
  • 2017/07/19 直近の不動産投資市況は?
  • 2017/07/12 国税庁が平成29年の路線価図・評価倍率表を発表
  • 2017/07/05 民泊新法成立で不動産市場はどう変わる?
  • ▶ 6月
  • 2017/06/28 マイナス金利でも預金残高1000兆円超
  • 2017/06/21 行政の不動産情報統合 不動産取引を後押し
  • 2017/06/14 <地方銀行>アパート融資の貸出残高最大 相続税対策に対応
  • 2017/06/07 REIT相場が立ち直るきっかけをつかめないでいる
  • ▶ 5月
  • 2017/05/31 東京都心3区人口増が加速 進む『都心回帰』
  • 2017/05/24 家族で話し合っておけば…と後悔 大変な「遺産相続」の手続き
  • 2017/05/17 2053年、日本の人口1億人割れに。その対抗手段は?
  • 2017/05/10 中古マンション市場前年比6.9%と活況 価格査定のAIサービスはどう?
  • ▶ 4月
  • 2017/04/26 相続税対策『暦年贈与』と不動産投資
  • 2017/04/19 働く女性の晩婚化と生涯未婚率の上昇
  • 2017/04/12 固定資産税の大問題「タワマン節税」封じ込みへ
  • 2017/04/05 アパート融資が異形の膨張 新税制で過熱
  • ▶ 3月
  • 2017/03/29 都内公示地価2.8%上昇
  • 2017/03/22 お部屋探しに1番時間をかけないのは、どんな人??
  • 2017/03/15 中央区 五輪後を意識したまちづくりとは?
  • 2017/03/08 新築増えて空室率上昇 首都圏でバブル?
  • ▶ 2月
  • 2017/02/27【2017年不動産市場】「建設用地」がキーワード
  • 2017/02/21 JR山手線 品川~田町間 新駅遂に着工
  • 2017/02/13 都心部へ人口が集中 注目は湾岸と「東東京」への人気集中
  • 2017/02/06 心配事・不安の96%は起こらないことが判明
  • ▶ 1月
  • 2017/01/30 賃家着工8年ぶり高水準で空室増、バブル懸念も
  • 2017/01/23 米国不動産への投資は得なのか?
  • 2017/01/16 東京23区では1Rマンションが「開発規制」で需要に供給が追い付かない!?
  • 2017/01/10 相続税対策は大丈夫?首都圏賃貸アパート空室率30%超の衝撃

  • オリジナルコンサルシステム セミナー開催中 相続税対策 マドリームに紹介されました 信頼できる不動産投資特集 メディア掲載実績 相続税・生前贈与対策は和不動産で 老後破産を防ぐ フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 和不動産youtube公式チャンネル 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

    初心者の方にオススメ
    セミナー情報はこちら個別相談はこちら
    お電話はこちら

    株式会社和不動産
    メニュー