スタッフブログのご紹介|不動産投資の和不動産

不動産投資の和不動産

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  和不動産スタッフブログ

スタッフブログのご紹介

和不動産スタッフブログ

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

和不動産メルマガ
和不動産では会員様限定のメールマガジンを配信しております。
更なるマンション経営お役立ち情報を購読されたい方は、こちらからご登録ください。
セミナー情報はこちら個別相談はこちら


最新記事のご紹介

2020/09/23 日本人が貯蓄を好きな理由と、そのままではいけない理由

スタッフブログをご覧の皆様、こんにちは!「アフターフォローNo.1宣言」の和不動産、ブログ担当です。 皆様、シルバーウィークはいかがお過ごしでしたか?今年はコロナウイルス感染症の懸念もあり、ご自宅で過ごされた方も多いのではないでしょうか。 和不動産では、なんと5日間連続でセミナーを開催致しました!今回、残念ながら興味はあるのに参加ができなかったという方は、ぜひ今後開催のセミナーもご確認ください。

不動産投資セミナー開催中

現在、定員数を制限している影響もあり、人気の会場開催セミナーはすぐに満員御礼となっております。気になるセミナーがありましたら、ぜひお早めにご予約くださいませ!

それでは、本日のブログの内容は以下となっております。

不動産投資トピックス
「日本人が貯蓄を好きな理由と、そのままではいけない理由」
不動産投資トピックス

日本人が貯蓄を好きな理由と、そのままではいけない理由

【日本人が貯蓄を好きな理由と、そのままではいけない理由】

 家計の現預金が、過去最高の1031兆円に達しました。9月18日、日銀が発表した今年4~6月期の「資金循環統計(速報)」によると、6月末時点で家計が持つ現預金の残高が、前年比の同月に比べて4%増加しており、統計を遡れる2005年以降では過去最高の伸び率です。
新型コロナウイルス感染拡大により、そもそも消費を抑制されたことや、政府による10万円の特別定額給付金が影響しました。現預金は、2019年12月の時点ですでに1000兆円を超えています。
なお、今回発表された1031兆円の内訳は、以下の通りです。
・   現金:97兆円(4.8%増)
・   預金:933兆円(4%増)

同日に日銀より発表された、家計の貯蓄の余裕を占める「資金余剰」についても、現預金と同様に過去最大となる18.3兆円となりました。1~3月の4.3兆円から、約4倍の増加です。

「預金神話」はもはやあてにならない

貯蓄額が多いというのは、必ずしも良い話ではありません。もともと貯蓄傾向が強かったことに加え、今回のコロナショックによって消費活動を抑制していた影響もあるでしょう。 そもそも「お金は貯めて大事にするもの」と教えてきた世代と、そのように習ってきた世代では時代が違います。数十年前であれば、銀行にお金を預けるだけでそれなりの利息がついたため、わざわざ投資をしてお金を増やす必要が無かったのです。 ですが、銀行に預けるメリットは無くなった今となっては、貯蓄は “ただ減り続けるだけの資産”になりました。これからは、格差社会がますます広がっていくと言われています。そんな時代を生き抜くためには、何もしなくても減り続ける”貯蓄”ではなく、何もしなくてもお金が増える、”資産収入”を得ていく必要があるのではないでしょうか。

恐いのは「投資」ではなく「知らないこと」

数十年前の日本人は、銀行に預けているだけでお金が増えていました。これからは、その”お金が増える仕組み”を自ら作り出していかなければなりません。
投資に恐怖を感じる人は、「投資は危なくて、損をするもの」という考えになってしまっているのではないでしょうか。ですが、それは間違いです。投資が危ないのではなく、リスクや損を回避する方法を学ばないことです。そして、それらのリスクをある程度コントロールし、損をしないように環境を作っていける投資が、不動産投資なのです。
確かに投資のリスクはゼロでもありませんが、何もしないこともリスクです。リスクを知り、自らで環境をコントロールするために、投資を学ぶということについて、一度考えてみてはいかがでしょうか。

あとがき

あとがき


皆様、今日のスタッフブログはいかがでしたか?
日本人の貯蓄好きは、当時の状況があったからこそ成立していたものだとお分かり頂けたかと思います。
それでは、今回のスタッフブログはここまで。次回もぜひご覧ください! さよなら、さよなら。

★オーナー様からの評判・口コミ

▼本社開催セミナー・オンラインセミナーのスケジュールはこちら

不動産投資セミナー開催中

▼個別相談は、対面とWEBの両方からお選び頂けます!

個別相談 随時受付中

▼公式LINEアウントでは非公開物件の概要も配信!

LINE 公式 和不動産

2020/09/09 年金改定 実額増えても「実質目減り」にご用心 

スタッフブログをご覧の皆様、こんにちは!「アフターフォローNo.1宣言」の和不動産、ブログ担当です。 10月開催予定のセミナースケジュールを、弊社公式サイトにて公開致しました! 大人気のゲーム型体験セミナー「キャッシュフローdeリッチ」や「フォーチュンマップゲーム会」はもちろん、初心者からオーナー様まで高い評判を頂いている、代表・仲宗根が講師を務める「初心者向けマンション投資セミナー」まで多種多様のラインナップとなっております。

現在、会場開催のセミナーにつきましては、コロナウイルス対策のため、通常の定員から大幅に減らしての開催をしております。ご興味のあるテーマは、お早めにお申し込みくださいませ

和不動産 セミナー申込み

それでは、今回のスタッフブログの目次です。

不動産投資トピックス
年金改定 実額増えても「実質目減り」にご用心
不動産投資トピックス

【年金改定 実額増えても「実質目減り」にご用心】

年金の「実質目減り」なぜ?

2020年度の年金受給額は、2019年度に比べてプラス0.2%の改定でした。厚生労働省は、夫婦世帯の厚生年金のモデルを示しており、そこでは22万724円/月で458円のアップ、国民年金は満額の6万5141円/月で133円のアップでした。
なぜ年金額が目減りしているのかというと、物価や賃金の伸びより年金の支給額を抑える政策「マクロ経済スライド」が適用されたからです。このマクロ経済スライドでは、物価や賃金の変動率に応じて年金額が定められます。
2020年度の本来の年金支給額はプラス0.3%でしたが、マクロ経済スライドの発動で0.2%の増加に抑えられたのです。金額ベースでは、厚生年金が約688円、国民年金は200円増加する予定でした。ご覧の通り、本来貰えるはずの支給額から、減額されているのです。

少子高齢化による財政負担を緩和

日本の公的年金は、現役世代の保険料をそのまま高齢者の年金給付に充てる「仕送り方式」です。現在、日本では長寿化と少子化の影響により、高齢者の増加=年金支給額の増加に対して、現役世代の被保険者が減っています。
現在の仕送り方式での年金支給を続けたままで、物件や賃金の上昇率に合わせて年金額を引き上げてしまえば、年金財政はいずれ行き詰まることになるでしょう。それを防ぐため、「マクロ経済スライド」が2004年に導入されました。

マクロ経済スライドの問題

年金額の本来の改定率は、賃金や物価の変動を元に決定されます。そして、マクロ経済スライドでは、現役の保険加入者数と平均余命をもとに算出した“スライドスライド調整率”を差し引きます。
景気が拡大している時期などは調整率めいっぱいまで差し引きますが、原則として、前年度よりも年金の名目額を減額させないという条件があります。そのため、物価や賃金が下落するデフレ下では実施されず、物価や賃金の上昇率が小さければ、前年度の年金額と同じになるよう当成立を一部差し引きます。
そして、その調整された分がどこに行くのかというと、翌年度以降に繰り越されます。そして、景気が回復した年の調整率に上乗せして差し引く仕組みがあり、これが2018年度から導入された「キャリーオーバー制度」といいます。

専門家からは制度見直しの声も

 年金の専門家からは、このような意見もあります。
“「マイナス改定となってもマクロ経済スライドを無条件で実施できるよう制度を見直すべきだ(大和総研の是枝俊悟主任研究員)」[日本経済新聞朝刊2020年9月5日付]“
デフレや低インフレが続けば、年金財政はやがて行き詰まるといった懸念があります。マイナス改定が入れば、年金受給者からの反発は避けられません。そのため、マイナス改定自体は不透明な計画ではありますが、年金対策をする際には、年金対策をする方は、ぜひこうした状況を頭に入れておくとよいかもしれません。

▼個別相談は、対面とWEBの両方からお選び頂けます!

個別相談 随時受付中

▼まずはセミナー参加からでもOKです!
本社開催セミナー・オンラインセミナーのスケジュールはこちら

和不動産 セミナー申込み

あとがき

あとがき


皆様、今回のスタッフブログはいかがでしたか?
コロナショックの事もあり、将来の年金対策も含めて、お金の不安を抱く方も多いかと思います。和不動産のオーナー様では、年金対策のために始めてマンション投資を始められた方が多くいらっしゃいます。
和不動産では、不動産やマンション投資だけではなく、年金対策や相続など、お金の問題についても定義し、マンション投資で悩みを解消する方法を、セミナーや無料個別相談でご提案しています。
資産形成のお悩みなら、どんなことでも構いません!ぜひ一度、和不動産の無料個別相談やマンション投資セミナーに参加してみませんか?

和不動産では「年金対策」「相続対策」の情報専門サイトを運営しています。ぜひこちらもチェックしてみてください!
■老後破産回避のためのマンション投資メソッド
nagomi-nenkintaisaku.com
■相続税対策・生前贈与は和不動産で
nagomi-souzoku.jp
それでは、今回のブログはここまで。次回もぜひご覧ください!
さよなら、さよなら。

▼公式LINEアウントでは非公開物件の概要も配信!
https://line.me/R/ti/p/%40127dirjt

個別相談 随時受付中

和不動産 セミナー申込み

過去の記事一覧

▶ 12月
▶ 11月
▶ 10月
▶ 9月
  • 2020/09/23 日本人が貯蓄を好きな理由と、そのままではいけない理由
  • 2020/09/09 年金改定 実額増えても「実質目減り」にご用心
  • 2020/09/02 新宿駅西口 大規模な再開発
  • ▶ 8月
  • 2020/08/12 高齢者に聞いた老後の後悔、トップは「貯金」
  • 2020/08/05 年金カットにご注意!28万円と47万円の壁
  • ▶ 7月
  • 2020/07/29 年収1000万円でも火の車 10%が無貯蓄
  • 2020/07/21 投資にお得な情報をお友だちに限定配信!和不動産LINE公式アカウントを開設
  • 2020/07/08 全国路線価が発表 コロナの影響は?
  • ▶ 6月
  • 2020/06/24 融資が引きやすく、好調な区分マンション投資
  • 2020/06/10 56年ぶりの新駅ついにオープン!日比谷線はどう変わる?
  • 2020/06/03 評判が良かった和不動産の取り組みをご紹介!
  • ▶ 5月
  • 2020/05/20 この時期を利用して、将来の資金対策についてもう一度じっくり考えてみませんか?
  • 2020/05/13 WEBでセミナーを聴いてみませんか?気軽に参加できる【オンラインセミナー】をはじめました!
  • ▶ 4月
  • 2020/04/15 民法改正『瑕疵担保責任』から『契約不適合責任』へ
  • 2020/04/08 1対1だけではなく、1対複数の面談が可能に
  • ▶ 3月
  • 2020/03/25 介護保険料が年1万円負担増になる人が大企業で続出か
  • 2020/03/18 人生のステージがあがると、欲しいものがかわってくる
  • 2020/03/11 年金の受給開始年齢60~75歳に拡大へ
  • 2020/03/04 注目される女性の東京圏への転入超過
  • ▶ 2月
  • 2020/02/26 不動産投資をしている人は確定申告をしよう|気をつけたいポイントや申告方法を解説します!
  • 2020/02/19 東京都がスマート東京化を発表
  • 2020/02/12 2004年の長者番付を振り返る 格差社会が広がる日本
  • 2020/02/05 不動産投資の勉強の仕方とは?初心者でもできる勉強のポイントを紹介
  • ▶ 1月
  • 2020/01/29 節税を求めて法人設立へ
  • 2020/01/22 お金が貯まる時間術 年収2000万円VS年収300万円
  • 2020/01/15 老後2000万円問題 20代の意識高まる
  • 2020/01/08 初心者なら知っておきたい!不動産投資の基礎知識とは?

  • オーナー様の声 WEB面談 ウェビナー マンション経営で結果を出すために習慣を変えるべき理由 変化に対応 老後2000万円問題を解決 オリジナルコンサルシステム 和不動産youtube公式チャンネル 老後破産を防ぐ 相続税対策 相続税・生前贈与対策は和不動産で メルマガ配信中 和不動産オーナー様限定イベント engage

    初心者の方にオススメ
    セミナー情報はこちら個別相談はこちら
    お電話はこちら

    株式会社和不動産
    メニュー