第220回(2016年4月20日)第220回 和不動産投資セミナー開催レポートをご紹介いたします。

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

和不動産 投資セミナー開催レポート(220)

和不動産投資セミナー開催レポート

和不動産 投資セミナー開催レポートをご紹介いたします。

2016/04/20【第220回】不動産投資セミナー開催レポート

みなさん、こんにちは。不動産投資セミナーでおなじみの和不動産です。
本日は【★東京の変わりゆく今をお伝えします★】というテーマでセミナーを開催致しました。
外国人滞在者や独身者、単身赴任者が増加している東京。さらに、2020年には東京オリンピックも開催予定となっており、そんな東京がどのような動きをしているのかを世界や日本の政策と照らし合わせて見ていきます。

セミナー「東京の変わりゆく今をお伝えします」の様子

まず、意外に思われるかもしれませんが、東京はアジアNo.1ではありません。昨今では香港やシンガポールの成長が著しく、東京は第3位となっています。アジアNo.1を奪還するためにはどうすべきか、東京では三つの戦略を立てることになりました。

一つ目が「アジアヘッドクォーター特区」です。
この特区は五年計画で立てられたもので、「海外の上場企業を誘致しよう!」という政策です。上場企業を誘致することで、経済効果や雇用率増加、税収増加を目指しています。しかし、東京といっても都内全域ではなく5つの地域に特化して行われている戦略となっています。
5つの地域とは、
①東京都心・臨海地域
②品川駅・田町駅周辺
③渋谷駅周辺
④新宿駅周辺
⑤羽田空港跡地
です。
このように場所を限定していくと、必然的に東京で働く方が日本人外国人問わず増えていき、経済が潤うことに繋がります。
(どうしてこの5つなのか、というのはまた別の機会に!気になる方はぜひ弊社不動産投資セミナーへお越しください!)

二つ目の戦略は「国家戦略特区」です。こちらはアベノミクスによって立てられた戦略ですので、東京だけではありません。しかし、この戦略によって既に雇用が増えているのは事実です。簡単にお話しますと、この戦略により建築面で規制緩和され、大きな建物(ビル等)が建てやすくなりました。1例ですが、大阪府にあるゲートタワービルのようなビルを東京でも建てていく、といった案があります。
このように建築に対して規制緩和を行うことで、オフィスビルが再び増加し雇用の増加にも繋がります。

三つ目は「東京発グローバルイノベーション特区」です。
・国際的ビジネス環境の整備
・医療・創薬イノベーションの拠点形成
・おもてなしの国際都市づくり
など全部で10個ありますが、このように細かく分け「東京都をグローバル・ビジネス都市に改造していこう!」という大きな戦略を立てました。
この戦略でも、東京都全域ではなく新宿や渋谷など限定された地域でのみ再開発を進めていくようです。
東京のグローバル化が進むことで、外国人滞在者も増加していますし、今まで単身赴任といえば【東京→地方】であったのが【地方→東京】に単身赴任される方がここ数年でかなり増加しています。
日本、海外の方問わず単身赴任者が増加するということはワンルームマンションに入居される方が増える、ということに繋がります。
こうして、東京のこれからの戦略を見てみますと東京オリンピックだけが東京需要を高めているのではないことがお分かりでしょうか。

このレポートをご覧頂いても、「東京オリンピック後にワンルームマンションの賃貸価格(家賃)が落ちてしまうのでは?」とまだ心配されている方がいらっしゃるかと思います。そんな方はぜひ一度ご相談にお越しください!今回のレポートではお伝えしきれなかった部分も、お客様が納得行くまでお話させていただきます!
少しでも興味を持っていただけた方は、ぜひ弊社不動産投資セミナーにお越しくださいませ!
では、最後までお付き合いいただき有難うございました。
また次回レポートでお会いしましょう!

【和不動産の不動産投資セミナー】開催日はこちらをチェック!
⇒ http://nagomi-fudousan.com/seminar/study/

セミナー開催中 老後破産を防ぐ メディア掲載実績 フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オリジナルコンサルシステム オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞記事 雑誌掲載 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー