第144回(2015年7月18日)第144回 和不動産投資セミナーの評判・口コミをご紹介いたします。

不動産投資の和不動産

和不動産 投資セミナーの評判・口コミ

和不動産投資セミナーの評判・口コミ

和不動産 投資セミナーの評判・口コミをご紹介いたします。

2015/07/18 第144回不動産投資セミナーの評判・口コミ

【第144 回】

中古ワンルームはここを買え!失敗しないエリア教えます!

こんにちは!

いつも皆様には大変お世話になっております。

不動産投資セミナーでおなじみの和不動産、Web担当の小西です。

 

本日開催いたしましたセミナーは、『中古ワンルームはここを買え!失敗しないエリア教えます!』

ということで、日本の経済動向と賃貸需要の推移からみる

“今後も資産価値が落ちにくく、収益性の高いエリア”をご紹介させて頂きました!

今回はセミナー内のお話ででてきた「アジアヘッドクォーター特区」

についてお話しさせて頂きたいと思います。

2015-07-18-11-18-08_deco 2015-07-18-11-20-03_deco

*アジアヘッドクォーター特区とは

この構想は、国の規制緩和や法的な優遇策、例えば法人税の引き下げなどを活用し、

欧米のグローバル企業のアジア統括拠点・研究開発拠点を東京に誘致することを目的としています。

誘致した外国企業と国内企業、特に高い技術力をもつ東京の中小企業やベンチャー企業が刺激し合い、

新技術・新サービスを創造する魅力的な市場を形成することを目指します。

これはいわば、東京をアジアのヘッドクォーターに進化させ、長期間停滞気味であった

日本経済の再生を牽引するためのプロジェクトとして立ち上げられました。

 

特区に選ばれたのは、東京都心・臨海地域、新宿駅周辺地域、渋谷駅周辺地域、

品川駅・田町駅周辺地域、羽田空港跡地の5つのエリア。

 

誘致する外国企業の対象業種は情報通信、医療・化学、電子・精密機械、金融・証券、

コンテンツ・クリエイティブなど、どれも東京の成長を促す業種ばかりが選ばれています。

 

東京都では2016年までにアジア地域の戦略拠点を50社、その他の外国企業を

500社誘致することを目標としています。

今後さらに外資系企業を集めるために、法人税をフィリピンやシンガポールのように

もっと引き下げた方が良いのではと現在検討中の模様です。

 

このアジアヘッドクォーター特区は、実は不動産投資家にとっても

良い影響を及ぼしてくれます。

まず、外資系企業が東京に増えれば増えるほど、そこに勤める外国人ビジネスマンが

日本に滞在している間の住居を求めるので、ワンルームマンションの賃貸需要が

ぐっと上がります。といいますのも、日本の地理に詳しくない外国人にとって、駅から10分、20分と

離れたアパートから勤務先まで通うのはなかなか大変なことですよね。

そこで、駅から近く立地の良いワンルームマンションが人気の物件となるわけです。

また、こういった外国人ビジネスマンは、日本に永住するのではなく、数年日本での

勤務を終えた後、また自国に帰っていくというパターンも多いです。

そこでマンションの設備として、「家具付き物件」といった商品が今後人気となってくるのでは

ないでしょうか。

 

また、外資系企業を誘致するための「法人税の引き下げ」

はこれ、家賃収入が増え、節税の為に「資産管理会社」を立ち上げたい

不動産投資家の皆さんにとっても良いニュースなんです!

法人税が下がるということは、今まで以上に今運用中の不動産業を「法人化」

しやすくなるということ。また、費用面の他に、今現在の日本では会社の設立まで約1カ月ほどの

期間がかかってしまいますが、この期間をもっと短くし、外資系企業がもっと日本に来やすくなるような

動きがあるのではないかとも予想されています。そうすれば、投資家の皆さんが

法人を立ち上げるのもより簡易なものになりそうですよね!

 

私たち業者も、こういったニュースに目を光らせ、今後の日本の

経済ニュースが不動産市況にどういった影響を及ぼすのか見守りたいと思います!

 

では、最後までお付き合いいただきありがとうございました!

また次回のレポートでお会いしましょう!
オーナー様の声 WEB面談 老後2000万円問題を解決 オリジナルコンサルシステム 和不動産youtube公式チャンネル 老後破産を防ぐ 相続税対策 相続税・生前贈与対策は和不動産で メルマガ配信中 和不動産オーナー様限定イベント

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー