第359回(2017年6月4日)第359回 和不動産投資セミナーの評判・口コミをご紹介いたします。

不動産投資の和不動産

和不動産 投資セミナーの評判・口コミ(359)

和不動産投資セミナーの評判・口コミ

和不動産 投資セミナーの評判・口コミをご紹介いたします。

2017/6/4【第359回】不動産投資セミナーの評判・口コミ

みなさん、こんにちは!不動産投資セミナーでおなじみの和不動産です! 本日6月4日(日)は【「23区中古築浅1Rマンション投資」が何故良いのか教えます!】というテーマで、セミナーを開催させていただきました!講師は弊社営業部女性スタッフが行いました。
皆様、ご参加ありがとうございました。

不動産投資セミナー第359回

さて、皆様はどのような基準をもって、投資物件を検討されていますか?
投資不動産のポータルサイトを見て頂きますと、特に地方の物件や築古の物件などは、表面利回りの高さを大きく謳っている物件が多くあることに気付かれると思います。
しかし、表面利回りの数値だけを基準に不動産投資を始めることは、本当に正しい選択基準なのでしょうか。

本セミナーでは、どのような基準で投資用不動産を選んでいけばよいのかについてのお話をさせて頂きました。
その1つとして「人口が多い地域を選ぶこと」を最初にお話しさせて頂きました。
マンション経営成功の肝として【継続的な家賃収入】が挙げられますが、つまり入居対象となるような世帯が多ければ多いほど、空室リスクを低く抑えられるということになります。
よく、東京の物件と比較して地方都市の物件と迷われる方を多くお見掛けいたします。
たしかに地方都市であれば、物件価格自体は東京よりも安く抑えられ、かつ人口も多いということで、検討対象となることは当然と思えます。
しかし、実際には東京と地方都市では、入居対象世帯の数にかなりの差があります。
【単身世帯数の比較】
■東京  約327万世帯
■大阪  約172万世帯
■神奈川 約154万世帯
■愛知  約116万世帯

なおかつ、地方物件は、物件価格の低さと比例して、家賃も低めの設定となっていることがほとんどです。そのうえ、現状回復費やエアコン取付費などの「物件維持費」については、東京と地方都市の間に大きな差異はありません。
結果として、家賃収入のうち物件維持費にまわす費用の割合が高くなってしまい、思ったような収益を上げられないオーナー様も多くいらっしゃいます。

また、入居者から見て魅力的な物件であるかどうかも大切です。
賃貸物件を探す際に、どのような条件でどのような方法(媒体)を使って物件を探しているのか?退去の理由としてはどのような点が挙げられるのか?行動パターンや志向を分析し、入居付けしやすい物件を選ぶことは、オーナー様にとって大きなリスク対策となります。

金利が上昇する時はどういう時なのか、その時世相はどのように変わるのか、どういった政策に注目するべきなのか等、マンション経営における様々なリスク対策の面にも着目した2時間でございました。
皆様には是非、セミナーや個別相談を通して、様々な知識や発見を得て頂き不動産投資にお役立ていただけたらと思います。

セミナー後には、質疑応答の時間も設けさせていただきました。
皆さま積極的にご質問をされている姿が印象的でした。
皆さまもお気軽にご参加くださいませ!
それでは最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。
また次回のセミナーレポートでお会いしましょう!

【和不動産の不動産投資セミナー】開催日はこちらをチェック!
⇒ http://nagomi-fudousan.com/seminar/study/

オーナー様の声 WEB面談 ウェビナー コロナショックで判明!安心を得るための方程式は【本業+資産収入】でした! マンション経営で結果を出すために習慣を変えるべき理由 変化に対応 老後2000万円問題を解決 オリジナルコンサルシステム 和不動産youtube公式チャンネル 老後破産を防ぐ 相続税対策 相続税・生前贈与対策は和不動産で メルマガ配信中 和不動産オーナー様限定イベント engage

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー