第603回(2018年6月11日)第603回 和不動産投資セミナーの評判・口コミをご紹介いたします。

不動産投資の和不動産

和不動産 不動産投資セミナーの評判・口コミ(603)

和不動産投資セミナーの評判・口コミ

和不動産 不動産投資セミナーの評判・口コミをご紹介いたします。

2018/06/11【第603回】不動産投資セミナーの評判・口コミ

みなさん、こんにちは!不動産投資セミナーでお馴染みの和不動産です。

6月11日(月)は、【都心vs地方 収益が残るのはどっち?】というテーマをもとに開催させていたしました。講師は弊社代表仲宗根が務めさせていただきました。
ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。

不動産投資セミナー第603回

今回の不動産投資セミナーは、結論から先にお伝えをさせていただきました。購入者の皆さんは、投資用の物件を買って、不老所得をゲットし「もう大丈夫」と思う方も多いと思います。しかし、購入後に「空室」や「家賃の下落」・「メンテナンス」・「その他予定外の費用」がかかることによって、「こんなはずじゃなかった」と思うわけです。よって、結論としていえることは、購入後に追加費用がかからなければ、失敗しにくいのです。
本日は追加費用の少ない、収益が残りやすい物件の選び方を4つのテーマから解説させていただきました。
1つ目は「物件の構造でコストは変わる」といったテーマで解説をさせていただきました。法定対応年数の違いによるランニングコスト、入居者が住みたくなる管理の仕方、長く品質を維持できる構造は長期の入居に繋がるということなどを検証しました。収益が上がりやすい体制を整えた方が安心して収益を伸ばすことに集中できます。リスクの低い物件を【徐々に育てていくか】リスクの高い物件の【トラブルを処理しきるか】で、大きくスタイルが変わってくるのです。つまり、リスクの高い物件は早めに収益を確保し、トラブルが顕著化する前に売却するべきではないか、そもそもリスクの高い物件自体が安定した不動産投資を行っていくには向いていないと考えます。
2つ目は「家賃の高い低いでコストは変わる」といったテーマで解説を行いました。地域ごとの築年数による家賃の下落率のデータによると、10年間で一位の下落率の地域は12.50%で、最も下落の少ない地域では4.03%となっておりました。20年間では一位の下落率は27.58%、最も下落の少ない場所では8.35%となっておりました。この結果から見ても、下落率の低い地域に購入することは、コストを維持するうえで重要と言えるのではないでしょうか。
3つ目は「家賃額で資産価値も変わる」といったテーマで行いました。ここでは賃料を上げることで取引価格に
与える影響について解説を行いました。賃料は単純に月々の家賃が上がり下がりするというだけではないのです。
4つ目は「空室率も構造で変わる」といったテーマで解説を行いました。初めに人の集まる場所の検証を行い、都市計画で決まっている地域の特性や、さらに入居者が求めるものについて幾つかデータをご紹介し、そこから空室に与える影響と家賃の下落率の考え方、下落率と空室率を掛け合わせた場合の手取り収入に与える影響をご紹介させていただきました。
和不動産では、不動産投資で後悔しないために、購入後に収益が残るかが最重要となり、まずはエリアや構造を含め賃料が取れる物件を選ぶことが不動産投資の第一歩と言えると考えます。

弊社では月・水・金・土・日曜日に不動産投資セミナーを開催いたしております。
テーマは初心者の方はもちろん、経験者の方にも役立つ内容盛りだくさんのテーマを数多く取り揃えております。
まずは、一度お運びくださいませ!

それでは最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。
また次回の不動産投資セミナーレポートでお会いしましょう!

【和不動産の不動産投資セミナー】開催日はこちらをチェック!
⇒ http://nagomi-fudousan.com/seminar/study/

不動産投資セミナー 無料個別相談 ウェビナー LINE公式アカウント オーナー様の声 オリジナルコンサルシステム 代表取締役 仲宗根 和徳書籍 コロナショックで判明!安心を得るための方程式は【本業+資産収入】でした! マンション経営で結果を出すために習慣を変えるべき理由 変化に対応 メディア掲載実績 和不動産youtube公式チャンネル engage

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー