第45回(2016年8月8日)フォーチュンマップゲーム開催レポートをご紹介いたします。

不動産投資の和不動産

フォーチュンマップゲーム開催レポート(45)

フォーチュンマップゲーム開催レポート

フォーチュンマップゲーム開催レポートをご紹介いたします。

2016/08/08【第45回】フォーチュンマップゲーム開催レポート

皆さんこんにちは!不動産投資セミナーでお馴染みの和不動産です。

本日は、資産運用体験プログラム、「フォーチュンマップゲーム体験会」を開催いたしました!
これから不動産投資を始めようとお考えの方や、弊社オーナー様にもお越しいただきありがとうございます!
和やかな雰囲気ながら活発に交流もあり、大変充実したゲーム会となりました!

第45回フォーチュンマップ

ここではまず、資産運用の『ノウハウ』を構築する”2つのポイント“をご説明いたします。

1つは、本を読んだり調べたりすることで蓄積される「知識」。情報社会である今、知識を得ることは比較的簡単と言えます。
しかし、もう1つのポイントである「体験」は、実際にやらないと身につかないことから、それを補うための疑似体験が必要になります。

そこで、フォーチュンマップゲームでは、その「体験」を補えるように、ゲームを通して資産運用の基本が身につくプログラムになっています!

それでは、フォーチュンマップゲームにおいて重要な3つの要素をご紹介いたします。

① 職業カード
② 目標の設定
③ 3つのカード

①実際にゲームを開始する前に、参加者の皆さまにはご自分と境遇の近い【職業カード】をお選びいただきます。どんな職業か、既婚か未婚かなどで収入や支出が変わり、それぞれのライフスタイルがより想像しやすくなります。

②15年というゲーム内時間の中で【目標の設定】をすることで、自分の資産運用をどう進めていくか流れを決めます。「結婚や出産などのライフイベントよりも投資を重視して大きな資産を得るのか?」、「資産運用もこなしながら家族形成を考え行動し幸せな家庭を築くのか?」...進め方は千差万別です!

③フォーチュンマップゲームの進行は、【3つのカード】によって展開していくことになります。
社会情勢の動きを表し投資の機会となる『ニュースカード』、ゲーム時間の1年が経過し、ニュースカードの結果から投資市場の変動が表される『リザルトカード』、そしてボーナスが入ることもあれば会社が倒産危機に陥るなど、様々なライフイベントが起きる『イベントカード』。その3種類のカードから1つ選んでいくのですが、タイミングとカードの引き方を考え、投資のタイミングを逃さずに進めていくことが大切です。

上記のポイントを踏まえこのゲームでは、投資によってお金を動かすことで収入を増やしていくことになります。しかし、特にゲーム初心者の方は、手持ちの現金が少ないからと投資をせずに進行してしまい、他のプレイヤーとの大きな差を埋められず目標が達成出来ない…という光景を目にします。

今回は、ゲーム開始から即座に日本の不動産に投資をしていった方が大きな資産を得ておりました。ニュースから影響を受けにくく、流動性が高くなくとも安定している不動産投資で、ローンを最大限活用して運用していくことが成功の鍵となっていました。

資産が増えていく人を見て途中から不動産への投資を大きくした方、他の人のニュースカードへの予想を参考にする方もいらっしゃいましたが、他の参加者から資産運用の進め方を学べることもこのゲームの大きなメリットです!
ありがたいことにリピーターの方が多いゲーム会ですが、毎回新たな発見があることも魅力の一つとなっています。
また、ご夫婦でいらっしゃる方や、女性お一人のお客様からも「楽しく資産運用が学べました!」「とても良い雰囲気で安心でき、わかりやすい内容で大変勉強になりました!」といったご感想をいただいておりますので、安心して資産運用が学べるゲーム会になっているのではないでしょうか?

少しでも気になったという方は、ぜひ一度お気軽にご参加ください!お待ちしております。

それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました。
次回のレポートでお会いしましょう!

【和不動産のゲーム会・不動産投資セミナー】開催日はこちらをチェック!
⇒ https://nagomi-fudousan.com/seminar/study/

不動産投資セミナー 無料個別相談 ウェビナー LINE公式アカウント オーナー様の声 オリジナルコンサルシステム 代表取締役 仲宗根 和徳書籍 コロナショックで判明!安心を得るための方程式は【本業+資産収入】でした! マンション経営で結果を出すために習慣を変えるべき理由 変化に対応 メディア掲載実績 和不動産youtube公式チャンネル engage

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー