スタッフブログのご紹介|不動産投資の和不動産

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  和不動産スタッフブログ

スタッフブログのご紹介

和不動産スタッフブログ

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

和不動産メルマガ
和不動産では会員様限定のメールマガジンを配信しております。
更なるマンション経営お役立ち情報を購読されたい方は、こちらからご登録ください。

最新記事のご紹介

2017/03/22 お部屋探しに1番時間をかけないのは、どんな人??

和不動産メルマガ読者の皆さま、こんにちは! ブログ担当です! 3/18~20は3連休でしたね!お天気に恵まれたお休みでしたが、皆さまはどのように過ごされたでしょうか? この季節、気になるのが「桜の開花予想日」ですよね! 日本気象株式会社の3/16の発表によると、東京の桜開花予想は明日3/23となっております。街中でもちらほら桜を見かけるようになりましたね(*´▽`*)

弊社で4/1に開催されます和不動産春の大イベント「お花見道中」の際、上野公園の桜が満開であるように、社員一同、日頃の行いをよくして(笑)準備万端、オーナーの皆様をお待ちしております!
ちなみに、先日からアフターフォロー部が中心となって日々更新されている、弊社のFace bookとTwitterはもうご覧になりましたか?
見てくださった方から非常にご好評をいただいており、中には「僕はいつ出演できるの?」なんてお声もいただいているため(笑)うれしい限りです^^
まだの方は是非ご覧ください!きっと弊社の和やかな雰囲気を感じとって頂けると思います!
Facebook ⇒ https://www.facebook.com/nagomifudousan/
Twitter ⇒ https://twitter.com/nagomi2103?ref_src=twsrc%5Etfw

このスタッフブログでは、不動産投資に関わるニュースやトピックスを取り上げながら”和不動産の顔”が皆さまに見えるように更新しております。
少しでも皆さまの不動産投資ライフに役立つ、有益な情報を届けられておりましたら嬉しく思います!

今回は、

◆不動産投資トピックス「お部屋探しに1番時間をかけないのは、どんな人?」
◆和不動産トピックス「Amazon不動産カテゴリーにて1位獲得!~日経新聞へ書籍広告掲載~」

といった内容でお届けいたします!
皆さま大変お忙しいかと存じますが、どうか最後までお付き合いくださいませ。

トピックス

お部屋探しに1番時間をかけないのは、どんな人?

全国賃貸住宅新聞2/27号に、SUUMOを運営するリクルート住まいカンパニーが行った「2015年度賃貸契約者に見る部屋探しの実態調査(首都圏版)」より、賃貸業界を考察する記事が掲載されました。

実際の記事

この調査は、1都3県で2015年度に賃貸契約をした方たちを対象に実施されました。

まず、部屋探し時の利用情報源として利用されることが多かった順番は、
① PCサイト(不動産ポータルサイトや不動産会社が運営するサイト等):51.4%
② 不動産会社に直接訪問:30.5%
③ スマホサイト・アプリ:29.6%
となりました。
PCサイトの利用率は前年とほぼ変わらない一方、スマホの利用率は2013年23.2%→2014年27.9%→2015年29.6%と着実に伸びています。「不動産会社に直接訪問」との差は1ポイントを切り、おそらく現在ではスマホ利用率が2番手に躍り出ることが予想されるでしょう。

買い物をECサイトで済ませる人が増えてきているように、ネットでの部屋探しが主流になったことで、不動産会社へ訪問する件数が減ってきています。

また、部屋探しのために訪問した店舗数を見てみると、
1店舗(46.5%)が最多で、2店舗(29.6%)、3店舗(10.7%)、0店舗(9.9%)と続きました。平均は1.6店舗でこれは2014年時の1.7店舗から微減しています。訪問数が0店舗と1店舗を合わせると5割を超える結果からも見てとれるように、昔の様に何店か足を運んで比較検討して決めるというやり方は、今の時代にはそぐわなくなっていることがわかります。

さらに、見学した物件数の平均は3.1件で、過去3年の調査で最も少ない結果です。
見学数で1番多かったのが、3件(21.7%)、次いで1件(17.6%)、5件(16.5%)、2件(16.4%)、0件(10.2%)となりました。

驚くべきは、全く見学しないで契約したケースが約1割あるということです。内見をせずネット上の情報でのみ判断しており、この数値は年々増加しています。ウェブ上での情報が充実してきた結果やユーザーの嗜好が変化してきたことなど、さまざまな要因が重なっていると思いますが、この傾向は今後も進んでいくでしょう。

このように部屋探しの効率化が進んでいることから、契約までの期間も短くなってきています。「部屋探しを始めてから契約するまでの期間」の調査結果は、
① 20~30日未満:25.3%、
② 5~10日未満:17.4%、
③ 10~20日未満が16.7%、
④ 2~5日未満が9.7%、
⑤ 1日が9.3%
となりました。
平均期間は「22.1日」で、平均期間が1番短い層が「男性社会人」で17.5日でした。
これは、1日で契約する割合が24.9%と最も多い「学生」の平均日数18.5日よりも短い結果です。

ネット社会が進み、自分が住む部屋も現地まで行かずに決める時代。
調査の結果からも出た通り、「サラリーマン」がお部屋を決めるスピードは圧倒的でした。逆に言えば、ネット検索で短期間に決めるサラリーマンに支持される物件であれば、マンション経営でリスクとして挙げられる「空室が長引くこと」を回避しやすいということになります。
弊社では、サラリーマンからの入居需要が高い「都心の築浅中古ワンルームマンション」をご紹介しております。物件の良し悪しはもちろんだと思いますが、大事なのは物件を購入した後の運用です。そのため、オーナー様の運用状況を可視化するコンサルティングシステムも独自に開発し、オーナー様へ手厚いサポートをさせていただいております。
まずは、和不動産の不動産投資セミナーへお気軽にご参加ください。そして、更に詳しくお話を聞いてみたい場合は、無料の個別相談をご希望頂き、お客様のご状況・ご希望をお伺いしたうえで、一人ひとりに合うプランをご提案させていただければと思います。

和不動産 セミナー申込はこちらからどうぞ!
⇒ http://nagomi-fudousan.com/seminar/study/

ちなみに弊社では3月に入り、入居率100%を更新中です。
新生活に向けた繁忙期の現在だけでなく、管理戸数が毎月増えていってもこの数値を保つことができるよう、退去が決まったらオーナー様への連絡を含め迅速な動きですぐに入居者をつけることに尽力させていただきます。すでに物件を所有していて、管理会社にお悩みの方がいらっしゃいましたら、管理会社移管のご相談も積極的に受け付けております。まずはお気軽にご相談くださいませ。

無料個別相談はこちら
⇒ http://nagomi-fudousan.com/muryosoudan/

和不動産トピックス
Amazon不動産カテゴリーにて1位獲得!~日経新聞へ書籍広告掲載~

和不動産の広告

日経新聞3月15日朝刊に、代表3冊目書籍「老後破産を防ぐ『都心・中古ワンルームマンション経営』」の紹介が掲載されました。
1月27日の書籍発売から約2か月ほど経ちましたが、引き続き反響をいただいており、Amazon不動産カテゴリーにて1位を獲得!
発売当初は「アパート・ビル経営」カテゴリーにて1位を獲得しましたが、今回はそれよりも上位のカテゴリーの「不動産部門」で1位獲得となりました。

ランキング

セミナーへご参加される方の中には、書籍をお読みになってからお越しになる方もいらっしゃり、ご来社の際にそのようなお声が聞こえると、嬉しさを隠し切れません!(笑)
・なぜ今マンション経営を始めるべきなのか?
・不動産投資の中でも、なぜサラリーマンにはマンション経営が向いているのか?
上記を知りたい!と思った方は、ぜひ書籍をお手にとっていただければと思います!

Amazon 書籍ページはこちら!
⇒http://amzn.asia/gMLqoIp

和不動産 セミナー申込はこちらからどうぞ!
⇒http://nagomi-fudousan.com/seminar/study/

街並みのイラスト

あとがき

上野動物園開園記念日

3連休のラストであった3月20日は「上野動物園開園記念日」です。
上野動物園といえば、実は世界三大珍獣である①オカピ、②コビトカバ、③ジャイアントパンダが揃っていることでも有名ですよね。

1882年に、農商務省所管の博物館付属施設として日本で初めて開園した上野動物園は、多くの動物の繁殖活動に成功しています。「初めて」といった言葉がつくとやはり、“特別感”や“本物”といった印象を受けるのは私だけでしょうか? 「そう思うよ!」と心の中で唱えてくださった方、誠にありがとうございます(笑)。

「アフターフォローNo.1宣言」を掲げている弊社では、ありがたいことに
「同じ不動産投資をおすすめしている会社さんとは違う!」
「購入後のコンサルティングに力を入れ親身になって一緒にやってくれるのは珍しい」
とお言葉を頂戴することがございます。
このようなお言葉をいただくことによって社員全員のモチベーションはますます上がり、新たにレベルアップしたい気持ちが生まれてきます。アットホームさは変わらずそのままに、弊社オーナー様へご提供できるものは常に新しい情報やサービスで、マンション経営を行う方に「特別感」という付加価値を感じていただけるよう日々邁進して参りますので、皆さまよろしくお願いいたします!

それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました。
また来週のスタッフブログでお会いしましょう。
さよなら。さよなら。

2017/03/15 中央区 五輪後を意識したまちづくりとは?

和不動産メルマガ読者の皆さま、こんにちは! ブログ担当です! 昨日3/14は…ホワイトデーでしたね!!弊社は女性社員が多く、先月のバレンタインデーでは女性社員全員より少数勢力の男性社員にチョコレートをプレゼントさせて頂きました! ホワイトデーの当日は、和不動産の男性社員よりお返しをもらいました!
ホワイトデー

男性の皆さまはバレンタインにいただいたお返しをしましたでしょうか??ホワイトデー以来、どこからか視線が気になる方は急いでお返しの品をお渡しいたしましょう!(笑)
日ごろお世話になっている方へ、感謝の気持ちのしるしとして何かプレゼントするのがいいかもしれませんね♪

このスタッフブログでは、不動産投資に関わるニュースやトピックスを取り上げながら”和不動産の顔”が皆さまに見えるように更新しております。
少しでも皆さまの不動産投資ライフに役立つ、有益な情報を届けられておりましたら嬉しく思います!

今回は、

◆不動産投資トピックス「中央区 五輪後を意識したまちづくりとは?」
◆和不動産トピックス「『週刊SPA!』3月14日号に和不動産の広告が掲載されました!」

といった内容でお届けいたします!
皆さま大変お忙しいかと存じますが、どうか最後までお付き合いくださいませ。

トピックス

【中央区 五輪後を意識したまちづくりとは?】

「住宅新報」2017年3月7日号に【東京都中央区・五輪後を意識した取り組み『臨海部の機能拡充へ』】という記事が掲載されました。

実際の記事
中央区

中央区は、日本を代表する有数の商業地である「銀座」・「八重洲」・「日本橋」を配し、もんじゃで有名な「月島」・「勝どき」といった臨海部までを占めており、2020年東京オリンピックでは「晴海」に選手村の建築が予定されています。
豊洲から話題になっている築地市場跡を通り虎ノ門までぬける環状2号線上で計画されているBRT(バス高速輸送システム)で、選手を都心や臨海部に運ぶ想定です。都心への優れたアクセスと来たる五輪が相乗効果を生み、2000年以降特にここ数年臨海部には大型タワーマンションの建設が相次いでいます。

国勢調査によると、中央区の2010年から2015年までの人口増加率は15.0%で、全国1位だった2000年~2005年の35.7%に比べると鈍化したものの、依然として高い増加率を誇ります。都内で10%以上増加したのは中央区のほかに千代田・港・台東の3区しかなく、東京都の平均2.7%増に比べるとはるかに高い水準にあるのです。

中央区の人口推移

そんな中央区も、かつては人口減少に悩んでいた頃もありました。1953年に17.1万人とピークを迎えた後は減少を続け、80年代に入ると土地代の高騰に伴い半数以下の8.2万人までに。そんな中1988年、区長の矢田美英氏は「定住人口10万人」の目標を掲げ、人口の増加を区政の重点施策に位置付けたのです。
具体的には、ウォーターフロントの再開発、定住性の高い住宅を設けることで容積率を緩和する街並み誘導型地区計画、中高層住宅の建設や住宅の共同化の促進を図る誘導・助成の推進、区立住宅の拡充などです。その結果、2017年1月時点の定住人口は14万人を超え、当初の目標を軽くクリアーしました。中央区は2015年に「2020年に向けた中央区の取組」を策定し、スポーツ・国際教育・交流・観光・文化・防犯・まちづくりの5つの分野について将来ビジョンを示しました。

晴海地区の再開発

晴海地区の「まちづくり」に関してはスマートシティ構想のほか、五輪後を意識したものが目立ち、選手村跡開発を始め多くの開発予定があるため、居住人口の増加が予想されます。
また、マンションだけでなく臨海部には観光業界からも注目されているMICE(国際会議)施設、大型クルーズ客船埠頭など新たな集客施設が計画され、就業人口や観光客など交流人口の増加にも期待が高まります。
混雑が予想される交通不便を解消する目的で、都と協力してBRTや地下鉄新規路線の実現などを推進していく方向性が示されています。

ほかにも「賑わいの復活」という別テーマでもまちづくりに取り組んでいます。
「日本橋再生計画」がそのひとつで、官民と地域が一体となってかつての文化・経済の中心であった日本橋の賑わいを取り戻そうと再開発やエリアマネジメント、イベントの開催などの活動を続けてきました。日本橋地区のシンボルである「日本橋」の景観を取り戻すために現在、中央区では日本橋上空の首都高速道路の移設に向けて日本橋川沿いで計画されている八重洲・日本橋地区の5つの再開発事業と連携した計画を進めています。

現在、晴海地区などでは水辺の立地を生かした再開発事業が進められ、隅田川や日本橋川・亀島川・朝潮運河などでは水辺を利用したNPOなどによる活動も行われています。
このように、中央区の水辺は都市の貴重なオープンスペースとしてだけではなく、様々な魅力を兼ね備えた潤い空間として見直され、再び人々の期待を集めているのです。

上記でご紹介した中央区のまちづくりの取り組みからも見てとれるように、2020年の東京オリンピックがゴールではありません。
弊社のセミナーや個別相談にご参加くださる方から「2020年の東京オリンピックがあるから皆さんマンション経営を行うのですか?」とご質問をいただくことがよくあります。それに対する答えは、「No」と言えるでしょう。
現在、マンション経営を行う方の理由として「将来の不安に備えたい」方と「相続税対策を行いたい」方とで大きく2つにわかれます。マンション経営の好立地としてあげられる都心3区の千代田区・港区・中央区は、ワンルームマンション規制により希少価値がますます高まってきております。
そういった状況の中、どのような物件が東京オリンピック後も資産価値を維持していけるのかをセミナーやセミナー後の質疑応答、個別相談等でお伝えさせて頂いておりますので、是非一度足を運んでいただけたらと思います。

和不動産 セミナー申込はこちらからどうぞ!
⇒ http://nagomi-fudousan.com/seminar/study/

無料個別相談はこちら
⇒ http://nagomi-fudousan.com/muryosoudan/

お電話でのお問い合わせはこちらから!
⇒ 0120-003-753 和不動産

和不動産トピックス
【週刊SPA!3月14日号」に和不動産の広告が掲載されました!】

和不動産の広告が「週刊SPA!3月14日号」にて掲載されました!

和不動産の広告

ポップな色合いの誌面の中でも目を引くこちらの広告。
仁王立ちのサラリーマンのバックに「家賃収入で老後の安心を手に入れよう!」の文字でインパクトがあるデザインに仕上っております!
こちらのサラリーマンはすでに、東京で中古ワンルームマンション経営を始めて、老後への対策を行っているのでしょう。自信に満ち溢れている様が伝わってきますね。

皆さまも「自分が老後破産になるのではないか…」という不安を抱え、老後をおびえながら過ごすのではなく、家賃収入により安定した生活を送りませんか?
「自分は預貯金があるから大丈夫。」と思っていても、公的年金を期待できない将来、目減りしていくばかりの預貯金だけでは、不安で長生きもままなりません。
定年を間近に迎え焦るのではなく、ローンを使える現役時代の今から老後の準備を始めることを弊社では強くおすすめしております。
「そうは言われても何から始めればいいのかわからない…」という方は、ぜひ毎週開催している不動産投資セミナーへご参加ください!弊社のセミナーへ参加される方は、まだ不動産投資を始めていない方がほとんど。テーマも様々にラインナップ豊富にご用意をしてお待ちしております!

和不動産 セミナー申込はこちらからどうぞ!
⇒http://nagomi-fudousan.com/seminar/study/

街並みのイラスト

あとがき

春

少しずつあたたかさを感じられるようになってまいりましたね。
年度末の会社が多いこの時期。
弊社もラストスパートをかけながら、来期に爆発的なロケットスタートを切るために社員一同、日々邁進しております。
ところで、皆様は弊社のFaceBook、Twitterをご覧になったことがありますでしょうか?
アフターフォロー部が中心となって毎日記事をアップしております。よろしければ皆様ぜひ「いいね!」をお願いします。
Facebook ⇒ https://www.facebook.com/nagomifudousan/
Twitter ⇒ https://twitter.com/nagomi2103?ref_src=twsrc%5Etfw
そして何と言っても!!
開催まで半月となりました、4月1日(土)の和不動産オーナー様限定イベント「お花見道中」に向けて社内では着々と準備が進んでおります!

「もうそろそろ和不動産のお花見イベントの季節だなあ」と、弊社イベントで季節の到来を感じていただけるよう、昨年よりもパワーアップしたイベントにいたしますので、オーナーの皆さまはぜひご参加ください(^ω^)!
新しい仲間もたくさん加わり、皆さまとお会いできることを今から楽しみにしております。
お花見の様子は、Facebookやtwitter、弊社ホームページでもご報告させていただきますので、まだ弊社のオーナー様ではない方にもご覧いただき「和イズム」を感じていただければと思います!

それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました。
また来週のスタッフブログでお会いしましょう。
さよなら。さよなら。

過去の記事一覧


セミナー開催中 老後破産を防ぐ メディア掲載実績 フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オリジナルコンサルシステム オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

株式会社和不動産
メニュー