スタッフブログのご紹介|不動産投資の和不動産

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  和不動産スタッフブログ

スタッフブログのご紹介

和不動産スタッフブログ

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

和不動産メルマガ
和不動産では会員様限定のメールマガジンを配信しております。
更なるマンション経営お役立ち情報を購読されたい方は、こちらからご登録ください。

最新記事のご紹介

2017/04/19 働く女性の晩婚化と生涯未婚率の上昇

和不動産メルマガ読者の皆さま、こんにちは!ブログ担当です! 花の雨が降り注ぎ、早くも新緑が顔を出しはじめました。皆さま、春を満喫していらっしゃいますでしょうか? そろそろゴールデンウィークの話題で持ちきりになる頃ですね!今年は最大で9連休の大型連休となるようです。統計によると5連休の方が53,7%と一番多いようで、弊社も5/1~5/5までの5連休をいただく予定となっております。

大型連休というと、いざ海外旅行へ!とか、温泉へ!とか行きたくなりますが、計画的なお金の使い方の上で楽しんでいただくのが一番ですね。
どうしてもお金がたまらない…お金の使い方減らない…
という方は是非弊社のアフターフォローのコンサルティングを受けてみてください。お金がたまる工夫をお教えしますよ!

このスタッフブログでは、不動産投資に関わるニュースやトピックスを取り上げながら”和不動産の顔”が皆さまに見えるように更新しております。
少しでも皆さまの不動産投資ライフに役立つ、有益な情報を届けられておりましたら嬉しく思います!

今回は、

◆不動産投資トピックス「働く女性の晩婚化と生涯未婚率の上昇」
◆和不動産トピックス「YOMIURI ONLINEにて和不動産ページが公開されました!」

といった内容でお届けいたします!
皆さま大変お忙しいかと存じますが、どうか最後までお付き合いくださいませ。

トピックス
【働く女性の晩婚化と生涯未婚率の上昇】

現在日本では、女性の就業率の改善や晩婚化・生涯未婚率の上昇によって、単独世帯向けのワンルームマンションの賃貸需要が高まっています。

それらを裏付けるトピックスがありましたので、今回ご紹介いたします。

女性の労働力率の推移

内閣府の国民生活白書によれば、2002年の日本女性の年齢層別労働力率は、25~29歳では77.3%と1987年の61.9%と比べて15.4%も上昇しています。(図1参照)

女性の年齢層別労働力率は、20代中盤~50代前後をピークとして『M字カーブ』を描くように推移しています。
これは、出産や育児というライフイベントを期に離職し、その後育児が落ち着いてから、再度働き始める女性が多いためです。

この『M字カーブ』について1987年と2002年のデータを比較してみますと、労働力の推移で特に25~35歳の世代でゆるやかになってきていることが読み取れ、
この点から推察すると、女性が出産・育児の適齢期にもかかわらず就業を続けている様子がうかがえます。

25~29歳女性の労働力率の推移

しかしながら、図2のように25~29歳の女性を、
① 独身者
② 子どものいない既婚者
③ 末子年齢3~5歳の既婚者
④ 末子年齢3歳未満の既婚者
⑤ その他
の5項目に分け、1987年から2002年にかけて労働力率の変化を調べたデータを見てみると、②子どものいない既婚者は65%~74.9%へ10%、③末子年齢3~5歳の既婚者は52.7%~60.3%へ8%上昇しているのに対し、④末子年齢3歳未満の既婚者についてはほぼ横ばいの推移となっています。

25~29歳女性の構成比の変化

また、図3のように1987年から2002年にかけての25~29歳の女性の構成比の変化を見ると、労働力率の高い①独身者の比率が37.6%から58.4%に上がりましたが、労働力率の低い④末子年齢3歳未満の既婚者の比率が33.1%から20.6%に低下しています。

つまり、25~34歳女性の労働力率が上昇した原因は、20代~30代の女性の晩婚化や晩産化により、独身者や子どものいない既婚者の割合が増加したためと考えられます。

更に、現代日本では晩婚化に加えて、「生涯未婚率」も上昇しています。
朝日新聞朝刊4/5号に、日本の生涯未婚率を伝える記事が掲載されておりましたので、併せてご紹介いたします。

障害未婚率の推移

国立社会保障・人口問題研究所の調査によりますと、50歳まで一度も結婚したことがない人が、2015年時点で男性が4人に1人、女性が7人に1人いるという結果が発表されました。(図4参照)
同研究所では、5年に一度、国勢調査を分析し、50歳時点で一度も結婚したことがない人の割合を「生涯未婚率」と定義してその割合を算出しています。

この「生涯未婚率」が2010年の前回調査から男女とも3ポイント以上増え、過去最高を更新しました。
男性は1970年まで、女性は1960年までそれぞれ1%台が続きましたが、その後は増加傾向にあり、
今回は男性が前回調査比3.23ポイント増の23.37%、女性は同3.45ポイント増の14.06%でした。

都道府県別でみると、男性では沖縄の26.20%がトップで、岩手26.16%、東京26.6%が続き、女性は東京の19.20%が最も高く、次いで北海道17.22%、大阪16.50%となりました。
東京は労働環境が整っているので、男女とも未婚でバリバリと働いている方が多いのでしょう。

一方、同研究所が昨年9月に公表した出生動向基本調査によると、「いずれは結婚したい」と考える18~34歳の未婚者の割合は男性85.7%、女性89.3%でした。
同研究所の担当者によると、結婚したいと考えている人が80%代の高水準にも関わらず、生涯未婚率が高い理由として、「結婚資金」や「結婚のための住居」の確保を障害と考えている人が多く、「非正規労働者の増加も生涯未婚率の上昇に影響している」とみています。

こういった状況はすぐに改善されるばかりか、日本では今後益々未婚率が上がると予想されます。ということは、とくに東京では、核家族化や単独世帯の割合はさらに増えていくので、それに伴い単独世帯向けの賃貸のワンルームマンションの需要が高まることは歴然といえるでしょう。

しかしながら、そういった需要が高まるなかワンルームマンションの建築を規制する条例や建築指導要綱が東京都23区を中心に近年強化されており、今後、駅近や良い立地でワンルームマンションを建てることは難しくなっていくでしょう。

このような、社会状況を把握しながら、賢く不動産投資・マンション経営を行っていくためには、「活きた情報」が必要となります。弊社のセミナーでは不動産投資の専門家ならではの視点から法律や最新の情報をお伝えしておりますので、是非お気軽にお越しいただけたらと思います。
セミナー以外でも随時、無料個別相談を開催致しておりますので、お申込みいただければと存じます。

和不動産 セミナー申込はこちらからどうぞ!
⇒ http://nagomi-fudousan.com/seminar/study/

無料個別相談はこちら
⇒ http://nagomi-fudousan.com/muryosoudan/

和不動産トピックス
【YOMIURI ONLINEにて和不動産ページが公開されました!】

4月より、読売新聞の電子版「YOMIURI ONLINE」の“日本の未来を元気にする企業”というコンテンツにて、和不動産のページが公開されました。

実際のコンテンツ

「新しい生き方の明日を考える」として、和不動産からは東京の築浅中古ワンルームマンション経営をご紹介。
和不動産のこだわりである充実したアフターフォローをはじめとした、マンション経営の疑問やリスクに丁寧にお答えしているコンテンツが目白押しとなっております。
こちらのページは、広告ではないので誰でもお金を払えば掲載できるものではなく、当然、読売新聞という権威のあるメディアのコンテンツに掲載するわけですから、信頼のある会社であることが前提条件となっており、内容も新聞社基準の厳しいチェックを通過し掲載されています。
気になる内容は、アフターフォローのご紹介、セミナー情報、書籍情報など盛りだくさん!
ちなみに和不動産オリジナルアニメの第1話がお試し視聴できますので、不動産投資に興味のある方は是非視聴してみてくださいね!

和不動産 セミナー申込はこちらからどうぞ!
⇒ http://nagomi-fudousan.com/seminar/study/

街並みのイラスト

あとがき

なすび記念日

本日4月17日は冬春なす主産県協議会が制定した「なすび記念日」です。
4(よ)1(い)7(な)で「よいなす」のごろ合わせと、今日が命日の徳川家康の好物がなすであったことから制定されたようです。
なすは栄養がないと思われがちですが、表面の紫色は「ナスニン」というポリフェノールの一種で抗酸化作用があり、食物繊維も豊富な野菜です。
徳川家康といえばご長寿で有名ですね。家康のご長寿に、なすも一役買ったのかもしれません(*^^*)
現在の日本人の平均寿命は83.7歳で、世界一の長寿国です。
セミナー紹介でもお伝えしましたが、「老後」といわれる定年後の生活に不安を抱えている方は8割を越えておりますが、何もしないで老後を迎えてしまう方が多いのも現実です。
“老後破産“にフィーチャーした、弊社代表の書籍もAmazonにてご好評いただいております!

弊社代表の書籍

現役サラリーマン時代から、健康に気を付けて、不動産による資産運用をして老後に備え、元気で充実した晩年期を過ごしていただければと思います。

それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました。
また来週のスタッフブログでお会いしましょう。
さよなら。さよなら。

2017/04/12 固定資産税の大問題「タワマン節税」封じ込みへ

和不動産メルマガ読者の皆さま、こんにちは! ブログ担当です! 桜も満開となり、本格的に春の陽気になってきましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか? ぽかぽか陽気に誘われて、色々とお出かけしたくなってしまいますね(*^-^*) 通勤する方々の服装も少しずつ軽やかになって、見ていて楽しい気持ちになります。

弊社の新入社員も入社から一週間を迎え、慣れてきまして徐々に戦力となってきましたので、セミナーやイベントで活躍する機会もこれからますます増えていく予定です!
ぜひ楽しみにご期待くださいませ。
このスタッフブログでは、不動産投資に関わるニュースやトピックスを取り上げながら”和不動産の顔”が皆さまに見えるように更新しております。
少しでも皆さまの不動産投資ライフに役立つ、有益な情報を届けられておりましたら嬉しく思います!

今回は、

◆不動産投資トピックス「固定資産税の大問題『タワマン節税』封じ込みへ」
◆和不動産トピックス「『週刊ダイヤモンド』4/8号に和不動産の記事が掲載されました!」

といった内容でお届けいたします!
皆さま大変お忙しいかと存じますが、どうか最後までお付き合いくださいませ。

トピックス
【固定資産税の大問題『タワマン節税』封じ込みへ】

『週刊エコノミスト』4月11日号に「固定資産税の大問題『タワーマンション節税』を防ぐ」といった記事が掲載されました。
今話題となっている「タワマン節税」という言葉をご存知の方は、多いと思います。
価格の高い上層階の部屋ほど売買価格に対する相続税評価額の圧縮効果が高くなり、上層階の億ションを購入できる富裕層の間で節税対策として流行ったものでした。今回、そのタワマン節税における固定資産税などの「課税方法」が見直されます。

従来、タワーマンションのように高層階と低層階で購入価格が大幅に違う場合でも、マンション各戸の所有者に課せられる固定資産税額は、建物1棟に課せられる固定資産税を「区分所有1戸の専有部分の床面積の割合」で案分した金額と設定されていました。売買価格が極端に高い上層階でも通常価格の下層階でも、専有部分の床面積が同じであれば固定資産税額は同じだったのです。

今回見直されたのは、評価方法自体ではなく固定資産税額の案分方法。
端的に言うと、高層階ほど税額が高くなるように変更となります。
固定資産税の見直しの対象となるのは、高さが60メートルを超えるタワーマンションで、課税の基準日となる2018年1月1日時点で建物として完成している物件です。
改正税法の施行が今年4月からとなっているため、契約が今年3月末までに行われているタワーマンションは対象外となります。
具体的には、固定資産税の算出になる区分所有1戸の専有部分の床面積を高層階になるほど広くなるよう「階層別専有床面積補正率」を用いて、案分する税額に差をつけるという方法です。
実際の補正率は、1階を100とし階数が1増すごとに、10を39で割った数を加えた数値となり、40階の部屋でしたら、補正率が110となるよう決められました。
天井の高さ・付帯設備の程度で上下階に著しい差異がある場合はその差異に応じて補正を、居住用以外に専有部分がある場合は居住用部分のみに補正を適用するなどで対応していきます。
この方法で40階のタワーマンションの固定資産税を算出すると、1階の税額は現行制度に比べて5%減、40階は5%増に、50階建てになると1階との税率の差は13%にもなります。

以上のように簡単に説明させていただきましたが、タワマン節税についてお分かり頂けたでしょうか?
この仕組みを利用した、こんな事例があったそうです。
--------------------------------------------------------------------------------------------
親の預金を勝手に引き出して約3億円のマンションを取得!
親が病気で床に臥せている間に預金を引き出し、約3億円のマンションを購入。
その後親の死亡による相続時にはマンションの評価額を6000万円程度として相続税を申告し、そして高額で売却。現金を一時手に入れましたが、国税側はマンションの評価を取得価格とほぼ同額の3億円と認定し、過度な節税は否認された。(国税不服審判所、2011年7月1日裁決)。
--------------------------------------------------------------------------------------------
上記の事例のように、相続税逃れのために、資産を現金から不動産へと変えてもそこに正当性が見られない場合は、認められず節税にはなりません。親の預貯金を勝手に使う時点で言語道断な事例ではありましたが、前述までで述べた通り、タワーマンションを利用した節税にもメスが入っていることから、この手法はもう使えなくなってしまいます。

そんなタワーマンションに替わる節税対策として利用すべき不動産が、「都心の築浅中古ワンルームマンション」になります。
その理由は、弊社セミナーや個別相談にて特別にお話しさせていただきます。
相続を考えたときに押さえなくてはいけないポイントは3つ。
① 早めの相続税対策
② 揉めない相続税対策
③ 納税資金の確保
となっております。
この3つのポイントを押さえることが出来るのが、「都心築浅中古ワンルームマンション」なのです。
相続税対策は早めに対応することにこしたことはありません。どんな長生きの家系でもいずれは必ず訪れることになります。「ウチにはそんな資産がないから関係ない…」と思っていても、この機会に一度きちんと相続のことを考えてみてはいかがでしょうか?
効果的な相続税対策の方法をお探し中の方は、ぜひ一度弊社の無料個別相談にてお話をお伺いさせていただければと思います。

和不動産 セミナー申込はこちらからどうぞ!
⇒ http://nagomi-fudousan.com/seminar/study/

無料個別相談はこちら
⇒ http://nagomi-fudousan.com/muryosoudan/

和不動産トピックス
【『週刊ダイヤモンド4/8号』に和不動産の記事が掲載されました!】

実際の記事

4/3発売の『週刊ダイヤモンド4/8号』に、資産形成のご提案として「“老後破産”を防ぐ都心の築浅中古マンション経営」と題した、弊社代表・仲宗根の記事が掲載されました!
定年を間近に控えてから老後の心配をするのでは、すでに手遅れとなってしまう可能性も…。
本誌では、“65歳以上の方の〇人に1人が貧困層!?”といった驚きの調査結果や、老後の生活に困らないために、資産運用方法としての「マンション経営」についてご説明いたしております。
今後一層加速する超高齢化社会への備え方を知りたい方や、「本当に将来そんなに生活に困窮するの?」とお考えの方へ、ご一読をおすすめしたい内容となっております。
書店でお手にとっていただくか、弊社にお越しいただいたご希望の方には該当ページを抜粋した資料をお渡しさせていただきます!
ぜひ弊社セミナーや個別相談でご来社いただき、記事詳細をご確認ください!

和不動産 セミナー申込はこちらからどうぞ!
⇒ http://nagomi-fudousan.com/seminar/study/

街並みのイラスト

あとがき

元日からちょうど100日

おととい4月10日は、なんと!
元日からちょうど100日目の日でした!2017年も残すところ、あと265日となりました!

って、まだ結構ありますね(笑)新年度が始まって10日目です。
まだまだ大丈夫と思って油断していたら、気付くとなくなっているのが「お金と時間」
と耳にしたことがあります。
どちらも楽しく幸せに生きていくために大切なものですね(*’ω’*)

時間とお金を有効に使うということを意識して残りの265日を過ごしたら、きっと実り多い1年にできることでしょう。
新年度10日目、元日から100日目の今日をきっかけに♪
かねてから興味があった事を始めてみたり、話してみたかった人に話しかけてみたりと、何かにチャレンジしてみてもいいですね(^^♪
不動産投資でも時間は一番の味方です。早く始めた分だけ目標と成功に近づきやすくなっています。
せっかくの2017年の100日目に不動産投資を検討してみるのもお薦めですよ!

それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました。
また来週のスタッフブログでお会いしましょう。
さよなら。さよなら。

過去の記事一覧


セミナー開催中 老後破産を防ぐ メディア掲載実績 フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オリジナルコンサルシステム オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

株式会社和不動産
メニュー