不動産投資関連情報◆2013ワンルームマンション市場について◆ 2013年11月12日(和不動産スタッフブログ) 不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  スタッフブログ  >  2013  >  11月12日

スタッフブログ

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

2013年11月12日【不動産投資関連情報◆2013ワンルームマンション市場について◆】

◆2013年 ワンルームマンション市場について◆



こんにちは!スタッフの堀越です。 先日、気になるニュースがリリースされましたのでシェアしたいと思います。



2013



株式会社東京カンテイはこのほど、「2013年首都圏投資用ワンルームマンション市場動向調査」結果を発表した。



13年1月~9月の新築ワンルームの平均価格は1戸あたり2,437万円となり、21年ぶりに2,400万円台を突破した。



また、同期間の供給戸数は3,372戸、通年では5,000戸超となる見通し。 中古ワンルームの事例数は5万2,838件で、通年では2年連続で7万件を上回る可能性が高いとしていると発表した。



キャプチャ

ここで注目するポイントは、2点があります。



キャプチャ1まず一点目は、新築ワンルームマンションの供給戸数が5,000戸前後だということです。 都内に流入してくる人口に比べ、単身者用のマンションの供給が少ないということです。 少なからず賃貸市場に影響を及ぼすものと考えられます。



キャプチャ2もう1点は、中古のワンルームの流通事例が7万件あることです。 新築の供給戸数に比べ数倍の取引事例があるということは、出口戦略の見通しが非常に明るく投資マンションの リスクの一つである流動化に大きな影響を与えます。 中古の流通事例が多いということは、ワンルームマンションの売却がしやすい環境が整いつつあるということです。 そのことによって不動産オーナーの方々は、売却を視野に入れた計画を作ることも可能です。



投資用のワンルームマンションが、資産運用の方法として広く認知されてきたのではないでしょうか?


セミナー開催中 老後破産を防ぐ メディア掲載実績 フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オリジナルコンサルシステム オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー