不動産投資情報◆賃料下落についての考察その2◆ 2014年3月2日(和不動産スタッフブログ) 不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  スタッフブログ  >  2014  >  3月2日

スタッフブログ

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

2014年3月2日【不動産投資情報◆賃料下落についての考察その2◆】

◆賃料下落についての考察その2◆



みなさんこんにちは!! 前回に引き続き、賃料下落についての考察



(三井住友トラスト基礎研究所投資調査 研究員 菅田氏レポート) から



今回は、築浅の時期と築古の時期では、経年による賃料への下げ圧力の違いについて



詳しくお話したい思います。 経年による賃料の下落は年率に換算すると平均して1%程度と



考えている人が多いそうですが しかし、築浅の時期と築古の時期では、



経年による賃料への下げ圧力に違いがあるはずです。



実際に、どの時期が経年による賃料下落圧力が大きくて、その下落幅はどれくらいかを



把握するのはとても難しいと思います。



そこで、東京23区の賃貸マンションを対象に、



タイプ(2区分)×成約時期(11区分)×築年数(26区分)で 区切った



アットホーム株式会社の成約事例データ(階層化データ)を用いて、572本のモデルを構築し、



経年が賃料に与える影響を分析致しました。

ブログ0302



図表1をみると、経年による賃料の下落は3つのフェーズに分けられています。



第一段階は、築3年~築10年のフェーズ。このフェーズが賃料に一番大きな下げ圧力がかかっています。



築浅物件は新築物件との競合にさらされ、賃料に対する下げ圧力が大きくなっています。



第二段階は、築11年~20年のフェーズ。第一段階に比べると、賃料への下げ圧力が低下していきます。



新築物件の賃料と比較されにくく、築12年も築13年もあまり変わらない、と認識されることから、



賃料への下げ圧力が第一段階よりも小さくなっていると考えられます。



第三段階は、築21年以降のフェーズ(分析では築25年までしか扱っていない)。



第二段階よりも賃料に対する下げ圧力が低下しています。 特に、シングル(18㎡以上30㎡未満)においては、経年による下げ圧力がほぼ解消されつつあるそうです。



このように、築年数によって賃料に対する影響度が異なっています。



一方で、築0年~築25年の賃料下落率を平均すると概ね1%前後と 住宅市場関係者の感覚と一致しています。



本日はここまで!! 次回、築年数の経過による競争力の低下は新規供給量に影響を受ける傾向



について詳しくお話したい思います。

キャプチャ88


セミナー開催中 老後破産を防ぐ メディア掲載実績 フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オリジナルコンサルシステム オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー