東京圏マンション賃料やや上昇 2014年12月8日(和不動産スタッフブログ) 不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  スタッフブログ  >  2014  >  12月8日

スタッフブログ

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

2014年12月8日【東京圏マンション賃料やや上昇】

こんにちは!

いつも皆様には大変お世話になっております。

不動産投資セミナーでおなじみの和不動産でございます。

 

今日は「住宅新報」より、東京圏マンション賃料やや上昇

という記事をご紹介いたします。

AV095_L

 

住宅新報社が年2回実施している「4大都市圏家賃調査」によると、

ワンルームマンションの平均賃料は、7万1854円。

前回調査比1.69%上昇したそうです。

0.62%上昇の前回調査時より、上昇幅が拡大しています!

1%台での上昇はすごいことですね!

 

総合すると、

マンションはやや上昇傾向⤴アパートはほぼ横ばいから小幅上昇だったようです。

 

首都圏の業者へヒアリングしたところ、

「相場に大きな変動はない」見方が多かった。

成約賃料の上限と下限の幅が広がり、二極化が進んだ印象があるとのこと。

平均賃料が若干上昇したエリアでも、下限が引き下がっている場合、

相場の上向き感を実感できないのが現状である。

 

都心や高級エリアを擁するエリアの一部では、募集賃料の上昇傾向が見られた(前回同様)。

「敷金、礼金を2か月ずつで設定する」など、大手管理会社が強気の条件に戻し始めている。

この業者は、投資物件の取引が活況を呈していることが背景にあると。

 

~今後に期待される声も~

今後の市況には、期待する声が聞かれている。

都営新宿線・大江戸線沿線では『来春は異動増やす方向の企業が多い』と予測しており、

賃貸需要も伸びる!と見ている。

 

企業の異動があるということは、もちろん人も動きます。

通勤は、アクセスがいいと助かりますよね。

人が動く⇒通勤に便利なところに動く。会社近くに動く。

 

やはりここでも『S・K・Y』な街が注目されてくるのでは?!

 

他に法人の絡む賃貸需要について、

「東日本大震災後の落ち込みからは回復した」

「新築マンションが募集から1カ月半で満室になったことがある。

その7割が優良企業の借り上げだった」との声が上がったそうです。

 

企業での借り上げもありますが、

条件によっては個人で探し、賃貸するケースも増えるのではないでしょうか。

 

目先の動向だけではなく、将来どうなるのかな?なんて、考えながら

物件とのステキな出会いができればいいですよね。

 

では、最後までお付き合いいただきありがとうございました!

また次回のコラムでお会いしましょう。

セミナー開催中 老後破産を防ぐ メディア掲載実績 フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オリジナルコンサルシステム オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

株式会社和不動産
メニュー