オーナーさんに帳簿付が必要なわけ 2015年3月23日(和不動産スタッフブログ) 不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  スタッフブログ  >  2015  >  3月23日

スタッフブログ

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

2015年3月23日【オーナーさんに帳簿付が必要なわけ】

こんにちは!

いつも皆様には大変お世話になっております。

不動産投資セミナーでおなじみの和不動産でございます。

 

以前のコラムでも何度か、オーナー様への「帳簿付け」を

おすすめさせて頂きましたが、今回のコラムでは

帳簿をつける必要性を改めて整理させていただきます。

 

①不動産投資がどれだけ利益を出しているのかを把握すること

不動産を運用し利益を出していくということは、時間がかかり

長丁場となることがほとんどです。

途中で飽きてしまったり、モチベーションの低下を防ぐためにも、

「今自分がどれだけ儲かっているのか」を常に知っておくことが

モチベーション維持のカギとなります。

 

ようするに、自分の資産からどれだけのキャッシュフローが

生まれているのかの管理です。

「利益がきちんとでている」と分かれば、失敗したのではないかという

不安も払しょくできますし、なにより手元にお金が入るのは誰であれ

嬉しいものですよね。

その嬉しい気持ちが、不動産運用のモチベーションを高めてくれます。

 

②一部屋ごとの利益の把握

自分の保有している物件をまとめてどんぶり勘定するのではなく、

物件のひとつひとつが「今、どのくらい儲かっているのか(あるいは儲かっていないのか)」

を把握しておくことで、「いつ利益が確定して売却できる」のかが分かります。

持っている物件によって、取るべき戦略は様々。

複数物件を保有していると、運営が上手くいっているお部屋もあれば

なかなか家賃が上がらなかったり、入居者のつかないお部屋もあったりします。

そういったお部屋ごとの帳簿を付け比べることにより、先々の計画や目算が立てやすくなります。

yo8_image1 DSC_0112

③投資計画の立案

①と②が示す状況を踏まえることで、現状を確認することができ、

今後立てていく計画の立案がより具体的に、明確になってゆきます。

新しく物件を購入する際や現状の問題解決に欠かせません!

 

いかがでしょうか?

不動産への投資をしている方でも、自営業の方や会社を経営されている方は

頭がもうすでに”経営者脳”となっていますので、帳簿付の重要性に気づき

小まめに帳簿付をされている方が多いです。

 

不動産への投資は、”投資”と名がついていますが、

良い方を変えれば「賃貸業」です。

自分が持っている物件を入居者様に貸し出し、利益を得る。

それこそ頭を”経営者脳”に切り替えて、今一度不動産運用についての意識を

改めていただければ幸いです!

 

では最後までお付き合いいただきありがとうございました!

また次回のコラムでお会いしましょう!!

セミナー開催中 老後破産を防ぐ メディア掲載実績 フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オリジナルコンサルシステム オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

株式会社和不動産
メニュー