新しい賃貸の形!“バケーションレンタル” 2015年8月6日(和不動産スタッフブログ) 不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

スタッフブログ(08/06)

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

2015/08/06【新しい賃貸の形!“バケーションレンタル”】

こんにちは!

いつも皆様には大変お世話になっております。

不動産投資セミナーでおなじみの和不動産です。

 

2020年に我が国で開催予定の東京オリンピック、

公開された「おもてなし制服」がダサいと波紋を呼んだりしていますね。笑

さてさて、この東京オリンピック、不動産業界にも大きな波を

呼ぶと予想される投資家の方も多いでしょう。

今回のコラムでは、全国賃貸住宅新聞より、

「世界各国で注目されるバケーションレンタル」という記事について

書かせて頂きます!

 

*新しい賃貸の形!“バケーションレンタル”

現在、国内の空き家率は13.5%、空き家数は820万戸に上り、

過去最高を更新いたしました。その中には、借り手の見つからない

賃貸住宅も多く含まれています。

 

その一方で、日本を訪れる訪日外国人旅行者は年々増加傾向。

それに伴いホテル業界は活況を迎えている中で、深刻なホテル不足が

懸念されています。今後東京では、2020年に約370万泊の供給が

不足すると現段階で予想されています。

このニュースだけを見ると、2020年に控えている東京オリンピックでは

外国人旅行者が路頭に迷い、大混乱を招く未来を想像してしまいそうですが、

実はこの不足分の370万泊は、東京の空き部屋を3%使用することで

カバーできる数字なのです。

201316671060

 

このような状況下の日本において、今不動産業界で注目を集めているのが

「バケーションレンタル」です。

この「バケーションレンタル」とは、保有している物件の部屋を

利用しない期間中、旅行者などの第三者に個人宅をレンタルする

民泊サービスのことです。このサービス注目を集めている理由は、

 

①ホテルよりも安価

②暮らすような滞在が可能

③ネットで検索・予約が完結

④現地ホスト(滞在場所の提供者)と交流が生まれる

 

など、様々な利点があり、世界各国で人気が広がっています。

国内でも、バケーションレンタルの物件を紹介するサイトは

10以上もあり、東京都だけでも5500件もの物件が

登録されています。

 

東京オリンピックを控える日本では、2020年に向けて更なる滞在需要の

増加が見込まれます。過去に、オリンピックをきっかけにバケーションレンタルが

拡大したイギリス・ロンドンも、慢性的なホテル不足の中、バケーションレンタルの

規制緩和を行い、世界各国からの旅行者を受け入れたそう。

これによる経済効果も大きかったようですね。

kankoukyaku_gaikokujin

他の先進国に続き、日本でも増加する訪日旅行需要を後押しすべく

滞在施設の供給能力が制約要因とならないよう、国家戦略特区法の

制定や自民党規制改革推進委員会の規制緩和提言などの受け入れ

環境整備が急ピッチで進められています!

このニュースに対し、実際に自分自身が保有する物件をウィークリーマンションなど

に転向するといった計画を考えているオーナー様も少なくはないようです。

皆様も今後の投資展開の一つの事例として、ぜひ今回のコラムを

参考にしてみてくださいね!

 

では、最後までお付き合いいただきありがとうございました!

また次回のコラムでお会いしましょう!

セミナー開催中 老後破産を防ぐ メディア掲載実績 フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オリジナルコンサルシステム オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら


株式会社和不動産
メニュー