早期リタイアを目指して! ワンルームマンションオーナー T・S様インタビュー(2013/03/31)お客様の声をご紹介いたします。不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

オーナー様の声(T・S様)

和不動産のオーナーの方にインタビューを行いました。お客様の声をご紹介します。

第1回 早期リタイアを目指して!ワンルームマンションオーナー T・S様インタビュー

CT065_L

T・S様 31歳 千葉県在住 外資系コンサルティング会社勤務 


和不動産事務局より
不動産投資を始めて6年、中古のワンルームマンションを複数物件所有されているオーナー様です。 きっかけは、ご両親からの勧めということで、親御さんの代から不動産投資を行っていらっしゃるようです。 今回、詳しくお話が聞けましたので、ご参考にしていただければと思います。



◆父親の影響で始めた不動産投資◆

AS144_L

営  業:T・S様は物件を着々と増やされていますが、自分がステップアップしているという実感はありますか。


T・S様:そうですね。不労所得という面では、今のところ順調にいっているかなと思います。

営  業:T・S様から見て、弊社はどのように見えますか。

T・S様:不動産のことももちろんですが、賃貸募集の仕方や物件の選び方、申告のやり方など色々な相談に乗ってもらえることが非常に助かっています。

営 業:不動産投資に興味を持たれたきっかけはなんですか。

T・S様:親が不動産好きで、持ち家以外に賃貸物件を所有していました。それで親から、6年ほど前にこの物件はどうかと紹介を受けたのが最初です。

営 業:やってみたら思いのほか、お金が入ってきた感じですか。

T・S様:そうですね。ガツガツという感じではないのですが、税金面なども含めて悪くないなという感想です。今後は、徐々に増やせる範囲で増やしていこうかなという感じです。

◆現在の収支と目指しているゴール◆

営 業:目指しているゴールはありますか。

AS035_L


T・S様:自分としては毎月50万円のキャッシュフローが出ればと思っています。それほど豪華な暮らしをしたいとは思っていないけれど、それぐらいあれば、安心材料になると思っています。使っても減らない収入というのは、使わなければお金が増えていくということですよね。それが50万くらいあれば十分だと考えています。それがひとつのラインです。今ちょうど半分くらいでしょうか。

営 業:弊社に今後求めるサービスはありますか。

T・S様:海外投資、たとえばアジアなどの物件についてアドバイスをもらえると助かります。まだ、やれるとは思っていませんが、ロケーションや購入資金の作り方などがわかると、また世界が広がるのかなと思っています。

営 業:そうなると、海外に転勤しなければならなくなりますね。

T・S様:マレーシアあたりですかね。

営 業:そうですね。人口率でいうとそのあたりでしょうか。

T・S様:日本では、キャピタルは狙いづらいと思いますが、海外にはその魅力があるのかなという印象があります。海外などうまくやれば、それこそ何倍にはなるかもしれないじゃないですか。それと通貨の分散という意味で、いくつかの国にわけるのも方法のひとつかと思っています。だから、求めることというと、和不動産のグローバル化でしょうか。

営 業:では、社名も変更しないといけないですね。

T・S様:和不動産インターナショナルでしょうかね。

◆海外の不動産投資の注意点◆

CT022_L

営 業:弊社のセミナーの講師をしていただいているファイナンシャルプランナーの先生の中でも、国内派と海外派で考え方が分かれることもあります。


T・S様:それは不動産に関してですか。

営 業:はい。海外派の先生からするとリスクも高いがそれ以上にメリットが高い海外で、より積極的にお金を増やすべきだという主張もあり、逆に国内派の先生からすると無駄なリスクを冒すよりも国内の不動産でまだまだ稼げるので、それで十分だという意見もあります。海外だと日本人のものの考え方と違うので、契約書の内容や建築の意識の違いも分からない中で海外の投資をするのは危険だと言われています。

T・S様:それはそうですよね。海外だと法律とかも違いますからね。いざトラブルとかあったときにどうしたらいいのかと、そういうときに信頼して任せられる業者がいないとできないですよね。

営 業:そういうツテがあってだったらいいと国内派の先生も言われています。また、日本よりも海外の方が圧倒的にメリットが高いのであれば、そういう危険を冒してもやる意味があると思います。でも、現状の日本の不動産でも十分にメリットがあるからそこまでやる必要はないというのが、国内派の先生の意見でもあります。それぞれみなさん、目標とされている金額が違うので、その目標に見合った運用を目指さないといけないですよね。

T・S様:そうですよね。

◆目標達成するために心掛けている事◆

営 業:T・S様の場合、目標としている金額に十分に近づいてきていますが、目標金額に全然届かない人からすると、やっぱり爆発力のあるものをやらないと目標達成ができませんよね。

T・S様:そうですよね。時間もとても大切だと考えています。たとえば日本で数年で倍にしようというのは無理だと思います。時間が無くなってくると、それこそギャンブルのような投資をしなければ目標にたどり着けなくなってしまいますよね。そういう意味では、自分は早めに気付くことができて、良かったと思っています。

営 業:今、年金問題もあって、何かしなくてはいけないと思っているけれど、踏み切れないという人もいらっしゃいます。そういう方にアドバイスできることってありますか。

T・S様:何が引っかかって踏み切れないのかわからないのですけど。

◆不動産投資のリスクについて◆

DL153_L

営 業:たとえばこの間、話を聞いた方だと、リスクが気になって仕方がないとおっしゃっていました。


T・S様:リスクがないものはないですもんね。銀行に眠らせておけば、リスクはほぼ皆無に等しいかも知れないですけれど、不動産はリスクとメリットのバランスがいいと思っていますけどね。株みたいに急に値上がったり、ゼロになったりというわけではなく、逆に急に倍とかいうこともないですけど、ローリスクミドルリターンといったイメージですかね。比較的コントロールできるところはできるじゃないですか。空室とかもありますけど、サブリースとかで回避できますし、あと火災とかは保険でカバーできますし。急にどうにもならないことっていうのは基本あまりないのかなって。そんなに大きくなくていいと思うんですけど、まず1戸やってみて、感覚をつかむって結構大事だと思っています。いきなり3千万4千万はあれですけど、1千万位、1千万前半くらいのをやってみて、こういう雰囲気なんだって、感覚を確かめればいいんじゃないかな。

営 業:T・S様自身、投資を始められて何か変わったことはありますか。

T・S様:それは、早くやらなきゃ損だということがわかりました。

営 業:そう思われた理由はなんですか。

T・S様:やっぱり過去の税金は取り戻せないじゃないですか。投資って積み上げゲームなので、1日でも早く始めた方が、結果的に得をすると思います。

◆不動産投資を始めてからの変化◆

AV081_L

営 業:そうですね。では、お金の使い方は変わりましたか。


T・S様:もともとそんなに浪費をすることはないのですけど、有効活用もできていなかったんです。それが、マンション経営をしてからは、これまでもらっていたお金がお金を生んでくれるようになりました。

営 業:今回の物件を買われるにあたっての動機も、たまってきたお金の使い道として貯金しているのはもったいないというお話でしたよね。早くお金を生んでくれるものにお金を交換したいということですね。

T・S様:そうですね。

営 業:そう考えられるようになったのは、投資を始められたからですよね。いかに長くお金を運用させるかが大切ということに気付かれたんですね。

T・S様:そうですね。

営 業:弊社のオーナー様で投資に回すお金を増やすために家計費を見直す方が多いのですが、その中でとことん切り詰めて車も売ってしまった方もいらっしゃいます。洋服もユニクロで十分だとおっしゃっていました。

T・S様:そうですね、あまり絞りすぎるのも問題かと思いますが、バランスよくしていけばいいんじゃないでしょうか。

営 業:あくまで、その方も自分の中でゴールは決めていて、そこにいきつくまでは我慢をすると、ゴールに行き着いたら楽しむと決めているようです。

T・S様:充電期間ですね。そういうのも大切だと思います。

営 業:今日はありがとうございました。

T・S様:振り返って考えてみるのもいい機会でした。ありがとうございました。

和不動産ではT・S様をはじめとして、沢山のオーナー様とお付き合いしております。様々な成功体験をもとに、皆様にあったプランをご提案しております。
より詳しく不動産投資のノウハウを聞きたい方は、個別相談で更に具体的なお話ができます。是非、個別相談にお申込みいただければと思います。
セミナー開催中 老後破産を防ぐ メディア掲載実績 フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オリジナルコンサルシステム オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

株式会社和不動産
メニュー