2015年1月25日配信のメールマガジンです。不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  メールマガジン  >  2015  >  1/25

和不動産メールマガジン 2015年1月25日

和不動産メールマガジン 成功大家さんの声をお伝えします。

和不動産からオーナー様へ定期配信を行っているメールマガジンをご紹介します

2015年1月25日【運用する金額について】

topics

1)お客様の声(不動産投資家の声)

2)不動産投資のメリット『運用する金額について』

3)今週の不動産投資セミナーご案内 2015年1月31日(土)11:00~

不動産投資!成功したいけど失敗したくない人の為のノウハウ教えます!

4)ニュース

5)あとがき

yorokobi

不動産投資の目的は、キャッシュフローを得る為に行うものです!和不動産では、リスクを少なく安心にキャッシュフローを増やすことをお勧めしております。そんな、お客様の声をご紹介します。

2014295498221

S・T様 IT企業勤務 35歳 男性

現状、家賃も入ってきて空室もないので安心しています。家賃口座のお金を使わなかったら、1年で100万円程貯まって満足しています。

E・M様 保険会社勤務 25歳 男性

何もしなくても口座のお金が増えてきている。また、確定申告のおかげで、額面の給料も増えて節税対策になった。

O・T様 化学メーカー勤務 53歳 男性

他社で、購入したがフォローもなく不安でセミナーに参加しました。所有物件は、キャッシュフローは年間数百万出ていますが、リスクがかなり高かったのでその辺のバランスを取ってくれた提案が良かったです。これで、安心して不動産投資ができます。

2014292077700

多くのオーナー様が増やしたいキャッシュフローですが、増やすにあたり順番があります。そして、そのやり方もあります。オーナー様のタイミングを考えた提案が評価され非常にありがたい次第でございます。

tessoku

和不動産では、目標のキャッシュフローを達成する方法をご提案しております。

目標が高ければ、大きな資産で運用する必要が出てきますが、大きくリスクを取る事も問題です。キャッシュフローを増やしながら、リスクを抑えたバランスを意識した不動産投資の根本をご紹介します。z54

 z53

上記の図の比較についてです。

不動産投資では、ローンを組むことがベースとなります。

例えば、

その1:ローン1000万円、金利2.5%、期間35年、家賃6万円の場合、月々の収支は24,250円となります。

その2:ローン1億円、金利2.5%、期間35年、家賃60万円の場合、月々の収支は242,505円となります。

数字を見比べていただくとお気づきかと思いますが、ローンを組む金額が大きければ高額家賃物件を持つことができ、月々の収支も大きくなるということです。

数字だけで見ればおわかりかと思いますが、ではなぜそのような考え方が必要なのでしょうか?

2014291047938

そもそもなぜ、不動産投資を始めようと思われましたか?

その人それぞれ、きっかけがあったと思います。

・友人が始めている。

・勤務先同僚が、不動産投資の話をしていた。

・収入を増やしたい。

・老後資金(年金)としての蓄えが欲しい。

・株などの投資より安定した投資がしたい。

などなど。

 

不動産投資に興味を持った際はまだ、将来の目標などはまだない状態だと思います。なんとなく、よさそうだな。とか、周りが言っている(やっている)からといった漠然としたことだったかと思います。

 

具体化していくと、

・家賃収入で余裕資金を作っておきたい。

・老後資金の準備を開始しておきたい。

・仕事の休みはしっかり休みつつ、不労所得がほしい。

・節税ができる。

といったところでしょうか。

どの項目にも当てはまって始めてみようかなと思われる方も多いと思います。

 

・家賃収入で余裕資金

自分で支払するものではなく、勝手に毎月決まった資金が入ってきたらいいですね。

 

・老後資金準備

高齢化社会である現在、20代、30代の方達が公的年金受取額が下がってしまうのでは。と言われている中で、若年層も将来の不安を抱えています。

 

・不労所得がほしい

働かずして収入を得ることができたらそれは、とてもありがたいことです。

 

・節税ができる

サラリーマンが通常計上できない経費計上ができる。必要以上に支払は避けたいですよね。とはいえ不動産投資というと始めるのが難しいそうとか、メリットばかりではないとか。後ろ向きな考えも起きてしまうのはどなたでもあることです。後ろ向き、つまりはデメリットと思われるところは、どういったこととお考えでしょうか?

主な考えとしては、いろいろひとりでできるのか不安。と、考えられる方が多いようです。そういった不安を解消できれば、上記でお話した将来の資金準備に充てることができますね。

kaigo

不安を解消し、不動産投資を始めましょう!

いざそうなった際、次に不安になることは何でしょうか?

やはり資金ですよね。

ローンを組むことになりますが、不動産投資ではそのローンが最大のポイントとなるのです。ここで思い出していただきたいのは、冒頭でお話しました図の比較です。

その1とその2のローン金額です。

1000万円と1億円でした。

1億円という金額のローンを組むことは少々怖い気がするというご意見をよく聞きます。単純に怖いというイメージだけで止めてしまうのは、不動産投資の最大のメリットを活かさずに諦めてしまうことになるのです。なぜ、高額の比較をだして、お話を進めているのでしょうか?

不動産投資をする上で、目標を決めて始めます。

目標というのは、キャッシュフローを増やすこと。

つまりは、毎月の収入を増やしていくことが目標であり、不動産投資を始める上でのメリットです。

その目標達成に向けて必須となるのが、ローンを組むことにつながります。目標達成するには、月のキャッシュフローを上げることになりますが、近道となるのが、ローン金額となります。

資金力!

とても強そうな言葉ですが、資金力こそ不動産投資をする上での装備になります。

1000万円のローンと1億円のローン。

Web

金額だけでみると1億円の方がリスクありそうと思われる方が多いですよね。

単純に月々のキャッシュフローとして計算すると、もちろん1億円の方がキャッシュフローとしては大きくなります。

自分では、なかなか貯めることのできない1億円。

ですが、ローンを組むことにより1億円という資金を動かすことができるのです。不動産投資は大きな資金を動かすことができますが、株式やFXといったような日々変動する、リスクがある投資とは異なります。

家賃の日々変動はありませんし、変動があるとすれば更新時です。さらに、不動産投資は長期的なリターンを得ることができます。その安定したリターン、キャッシュフローを得るには、ベースであるローンを高額で組むことです。

ベースが大きければ、かける数字が小さくても計算結果で答えが大きくなります。ベースを大きくすることでキャッシュフローが増え、蓄えが生じます。その蓄えを使い、さらに大きな資金を動かしキャッシュフローを増やす。賭け事のようなことではなく、長期的に高額資金を動かす資金力!を不動産投資での、ローンはフルに活かすことができるのです。

怖がらずに使えるものは使い、資金力!をつけていきましょう!

ローンをたくさん組んだ方が、不動産投資が加速する理論は、ご理解いただけたかと思います。文章でお伝えするより、もっと詳しく知りたい!方は、今週のセミナーにご参加いただければと思います。

seminar

2015年1月31日(土)11:00~ 和不動産セミナールーム

【不動産投資!成功したいけど失敗したくない人の為のノウハウ教えます!】

【セミナー概要】

短期間で不動産投資から資金力をつける!ハイリスク・ハイリターンと思われがちな不動産投資ですが、内容をしっかり理解すれば、低リスクであることがわかります。

さらに、不動産投資を短期間で成功されている方達はどのような方法で成功しているのか?ノウハウをしっかり理解していきましょう。

不安があるまま、何となく始めるのではなく、しっかり学び納得した上で始めて資金力を身につけていきましょう。

kazoku

【セミナー目次】

~不動産投資が必用な理由(お金からの開放)~

なぜ、不動産投資を始めようと思われましたか?将来の備え?などおそらく不安のあることがあり始めてみようと思ったきっかけがあるはずです。そこから不動産投資が合致しているか考えていきます。

~ハイスピード不動産投資のメカニズム~

実際に不動産投資を始めてから、どのくらいのペースでどのように進めていくか?などをわかりやすく解説します。

~目標を達成する方程式、レバレッジの考え方~

目標を達成するにはどのような考え方、方程式になるのか?あてはめた場合の考え方は?など、数字なども使用し解説します。

~長期間ローンを組めるメリット、リスクの比較~

不動産投資でのローンのメリットについて、またメリットの感じ方などの実感できる部分での解説をします。また、アパートとマンションのリスク比較なども解説していき、より理解を深めていきます。

~物件購入後もスピードアップ!~

物件購入して終了ではありません!ご存じない方も多いかもしれませんが…物件は購入してからが大事!ご理解いただいた上で購入後のスピードアップ解説をします。

上記以外にも、購入時以外の投資も必要であることなど初めての方でもわかりやすく解説していきます。

ご不明点は、質疑応答のお時間も設けております。

ご参加にあたり不安の解消と、不動産投資についての知識、理解を深めてください!!

moushikomu_btn

atogaki

間もなく2月。

2月の行事といえば、節分ですね。節分の意味ご存知でしょうか?

季節を分けるという意味があるそうで、春夏秋冬の季節の始まりはすべて節分になるそうです。その中で一番有名なのが、2月3日の節分ですね。日本では昔から立春が一年の始まりとされていたので、良い日の行事としていまも残っていると言われています。

地域によっては、一年の始まりということで、蕎麦を食べる(大晦日にあたるので)ところもあるようです。

 

節分行事としてはやはり、豆まき。芸能人や著名人の方々が豆まきされている風景をよくテレビでみます。

それから、恵方巻き。

もともと太巻きは7種類の具材を使用されています。7という数字が七福神に関係した縁起物とされてきたそうです。

しかし、恵方巻きを食べる風習は昔からあるものではなかったそうです。201344058849

発祥や由来は諸説あり、謎ですが、日本全国に広まった理由としては、1998年(平成10年)にコンビニのセブン-イレブンが全国販売にあたり、商品名として恵方巻きを採用したことにより、全国に広まったそうです。販売業者が商品を売る為に採用されたことがきっかけとなったそうです。実際、2002年(平成14年)には日本での知名度は50%くらいだったのですが、2006年(平成18年)には90%以上の知名度となりました。

節分は毎年行事として行っているものなので、恵方巻きについても古くからの風習かと思っていましたが、販売業者発信で以外に新しいものなのだなと思いました。

今年の恵方は西南西です!みんなで恵方巻きを食べて、幸福を呼び込みましょう!

会社連絡先
お問合せは、こちらをクリック!


Facebookやってます! 【いいね!】大歓迎です!


twitterやってます! 【フォロー!】大歓迎です!


個人情報保護指針は、こちらをクリック!


勧誘指針は、こちらをクリック!


セミナー開催中 老後破産を防ぐ メディア掲載実績 フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オリジナルコンサルシステム オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー