【質問28】利回りが高い方が良いと思っていますが、利回りは高ければ高いほど良いわけではないのですか? 不動産投資をされる方がよく質問されるFAQをまとめました。不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資Q&A(28)

不動産投資Q&A

【質問28】利回りが高い方が良いと思っていますが、利回りは高ければ高いほど良いわけではないのですか?

【答え】

一概に利回りが高ければいいという訳ではありません。

まず、「利回り」には大きく分けて2種類あります。
年間家賃額から購入価格を単純に割ったものが「表面利回り」、年間家賃収入から各種経費を引いた金額から購入価格を割ったものが「実質利回り」です。

一般的に、広告などでうたわれている利回りは「表面利回り」ですので、購入後に多くの経費がかかる物件であった場合、見込んでいた家賃収入が得られないことがあります。

考え方としては、あくまでも掲載されている数字での計算(想定)となってしまうことがほとんどとなるため、目先の利回りのみで判断するのはとても危険になります。

また、『利回りの高い=安くしないと売れない』物件とも言えるので、投資リスクが高いと言うことも忘れてはいけません。

たとえば、東京都心部にある区分Aと、地方都市にある区分Bの比較をしてみます。
区分Aは、都心部の好立地にあり、入居希望者が多く、将来の賃料の値上げも見込め、転売することも容易だと考えられます。

これに対して、区分Bは、地方都市のはずれにあり、地域の衰退とともに賃料も下落傾向にあり、空室率も高く、空室になっても次の入居者が決まるまで長い時間が掛かり、いざ売却するときにも購入者を捜すのは容易ではありません。

すなわち、区分Bは、区分Aに比べて、賃料の下落リスクや空室リスク、売却し難いというリスク(「流動性リスク」といいます)など、多くのリスクを抱えています。こうした場合、区分Bよりも区分Aの方が投資効率の高い物件となります。
表面利回りだけで物件を判断せずに、経費率を考えて物件を選ぶことが大切です。

>>  よくある質問一覧に戻る  <<



いかがでしょうか 不動産投資の疑問は解決いたしましたか?
詳しくお聞きになりたい方、ご相談は随時受け付けております。
不動産投資のプロ 和不動産にお任せください。

不動産投資Q&A

不動産投資に関するご質問、ご相談は随時受け付けております。
不動産投資が初めての方も お気軽に和不動産までご連絡くださいませ。
メール、電話(フリーダイヤル)でも受け付けております。

■不動産投資に関する お問い合わせ先
株式会社 和不動産
メール: info@nagomi-fudousan.com  >>お問い合わせフォームはこちら
電話(フリーダイヤル):0120-003-753


セミナー開催中 老後破産を防ぐ メディア掲載実績 フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オリジナルコンサルシステム オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

株式会社和不動産
メニュー