【質問30】表面利回りと実質利回りの違いを教えてください。 不動産投資をされる方がよく質問されるFAQをまとめました。不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資Q&A(30)

不動産投資Q&A

【質問30】表面利回りと実質利回りの違いを教えてください。

【答え】

基本的に利回りとは投資した額に対して1年間でどのくらい収入を得ることが出来るのかを表したものになります。

「表面利回り」とは年間の家賃収入を不動産の購入価格で割って計算した利回りのことで、「実質利回り」とは年間の家賃収入から維持経費を差し引いたものを不動産価格に購入時の諸経費を足したもので割って計算した利回りのことを言います。

例えば不動産価格2000万円の物件に対して1年間で100万円の家賃収入があった場合、
「表面利回り」は
100万円÷2000万円=5%
となります。
「実質利回り」ではかかる経費を収入(家賃)から差し引きます。

購入にかかる経費を50万円、年間でかかる維持経費を20万円とした場合、
(100万円―20万円)÷(2000万円+50万円)=3.9%
という計算になります。

このように「表面利回り」の方が「実質利回り」より高めの数字となります。
不動産業者が物件の広告を出す際には「表面利回り」を用いますが、実際に自分の手取りがいくらになるかというのは「実質利回り」になります。
投資用の不動産物件の収益力を正しく知るには「実質利回り」を使用するべきですが、「実質利回り」とはあくまで瞬間的な数値でしかありません。
この利回りの計算結果は年ごとに変化する可能性が高くあり、現在の利回りが将来にわたって保証されているわけではありません。
不動産物件を探す際には、その物件の「実質利回り」を実際に算出してみることが一般的な目利きとなります。
「表面利回り」と「実質利回り」は色々な物件を比較するときの第一段階の目安という程度に考え、広告などで出ている「表面利回り」だけで判断しないように注意しましょう。

>>  よくある質問一覧に戻る  <<



いかがでしょうか 不動産投資の疑問は解決いたしましたか?
詳しくお聞きになりたい方、ご相談は随時受け付けております。
不動産投資のプロ 和不動産にお任せください。

不動産投資Q&A

不動産投資に関するご質問、ご相談は随時受け付けております。
不動産投資が初めての方も お気軽に和不動産までご連絡くださいませ。
メール、電話(フリーダイヤル)でも受け付けております。

■不動産投資に関する お問い合わせ先
株式会社 和不動産
メール: info@nagomi-fudousan.com  >>お問い合わせフォームはこちら
電話(フリーダイヤル):0120-003-753


セミナー開催中 老後破産を防ぐ メディア掲載実績 フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オリジナルコンサルシステム オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー