【質問33】不動産がインフレに強いというのは何故ですか?不動産投資をされる方がよく質問されるFAQをまとめました。不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資Q&A(33)

不動産投資Q&A

【質問33】不動産がインフレに強いというのは何故ですか?

【答え】

インフレとは簡単に言うとモノの価値が上がり、お金(紙幣)の価値が下がる減少のことです。
インフレは需要と供給のバランスによって引き起こされる場面がほとんどです。
買い手(需要)が多い場面では値段が上がり、売り手(供給)が多い際には値段が下がるのです。
不動産は人の生活に欠かせない衣・食・住という生活の基本的な要素の一つですから、不動産の価格は世の中の景気に連動して動きます。

例えば、1975年当時大卒の初任給は9万円程度でした。当時は四畳半(7.4㎡)で家賃1万円ほどですから、現在の20㎡で計算すると2万7千円くらいの金額になります。
2015年現在の大卒の初任給は平均20万7千円。
新卒の全国平均家賃は5万5千円、首都圏エリアでは6万5千円です。
東京23区内では築40年の物件でも7万円位の金額で募集しています。
かつて2.5万円ほどで貸していた部屋は40年経って2.5倍も高い金額で貸せているのです。

つまり、家賃はその時の物価に連動した収入源になってくれるのです。
よく「家賃は収入の3割」と言われますから、3室のワンルームマンションを所有しておけばどんな時代も人が一人食べて行けるだけの収入になってくれる訳です。
当然、収益(家賃)を高く生んでくれるモノは高く売れる為、インフレになると売却価格も高くなります。
これが、不動産がインフレに強いと言われる理由です。

>>  よくある質問一覧に戻る  <<



いかがでしょうか 不動産投資の疑問は解決いたしましたか?
詳しくお聞きになりたい方、ご相談は随時受け付けております。
不動産投資のプロ 和不動産にお任せください。

不動産投資Q&A

不動産投資に関するご質問、ご相談は随時受け付けております。
不動産投資が初めての方も お気軽に和不動産までご連絡くださいませ。
メール、電話(フリーダイヤル)でも受け付けております。

■不動産投資に関する お問い合わせ先
株式会社 和不動産
メール: info@nagomi-fudousan.com  >>お問い合わせフォームはこちら
電話(フリーダイヤル):0120-003-753


セミナー開催中 老後破産を防ぐ メディア掲載実績 フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オリジナルコンサルシステム オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー