【質問48】減価償却で節税ができると聞いたのですがどういう仕組みなのでしょうか? 不動産投資をされる方がよく質問されるFAQをまとめました。不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資Q&A(48)

不動産投資Q&A

【質問48】減価償却で節税ができると聞いたのですがどういう仕組みなのでしょうか?

【答え】

不動産の減価償却とは、購入した不動産が将来にわたって、時とともに朽ちていくものだけ毎年減価償却費として確定申告時に計上することができます。 減価償却ができるのは、劣化が生じるものだけになります。
つまり、不動産の減価償却ができるのは、建物だけであって、劣化しない土地は減価償却ができないことになります。
不動産投資からの収入がある場合、経費計上をすることにより、税金を安くすることができます。
税金はざっくりした計算方法でいうと、「収入―経費」に税率を掛け合わせたものとなります。
そうなれば、節税の方法の一つとして経費をできるだけ計上するということが挙げられます。
減価償却費は、実際に支出する費用ではないですが、経費として計上することができるので、
毎年の確定申告で、節税するためには重要な費用だといえます。

不動産の減価償却費の計算方法は、
「減価償却費の額=取得価格×耐用年数に応じた償却率」となります。
*償却率については償却率表があり、そこから算出します。
以下に中古ワンルームマンションを取得した場合の減価償却費の計算を例として掲載させていただきます。

【例】
 建物価格:2,000万円
 建築年数:10年
(耐用年数)
(47—10)+10×0.2=39年
(減価償却費の額)
2,000万円×0.026(耐用年数39年の償却率)=52万

>>  よくある質問一覧に戻る  <<



いかがでしょうか 不動産投資の疑問は解決いたしましたか?
詳しくお聞きになりたい方、ご相談は随時受け付けております。
不動産投資のプロ 和不動産にお任せください。

不動産投資Q&A

不動産投資に関するご質問、ご相談は随時受け付けております。
不動産投資が初めての方も お気軽に和不動産までご連絡くださいませ。
メール、電話(フリーダイヤル)でも受け付けております。

■不動産投資に関する お問い合わせ先
株式会社 和不動産
メール: info@nagomi-fudousan.com  >>お問い合わせフォームはこちら
電話(フリーダイヤル):0120-003-753


セミナー開催中 老後破産を防ぐ メディア掲載実績 フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オリジナルコンサルシステム オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー