不動産投資ってどのくらいの人数がやってるの?初心者におすすめの投資は?(和不動産スタッフブログ) 不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産

スタッフブログ

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!


毎週開催 不動産セミナー開催中


意外と多い不動産オーナー、実は身近な存在かも?

皆さん、こんにちは!和不動産スタッフブログ担当です。

営業をやっているとよく「不動産投資ってどのくらいの人がやっているのですか?」と聞かれることがあります。それは、これから始められる方には、非常に気になるポイントですよね。

イメージ画像 お部屋

皆さまの周りで「賃貸マンション」「賃貸アパート」にお住まいの方も多いのではないでしょうか?もしかすると、皆さま自身も、「賃貸マンション」「賃貸アパート」にお住まいかもしれません。

首都圏の賃貸物件は、ワンルームマンションの数だけでも約28万戸と言われています。当然、不動産投資家の方は一人で何件も物件を保有していることもあるため、供給戸数=オーナーの数とはなりませんが、それでも相当な人数が不動産オーナーとなっているというのは予想がつきますよね。

わざわざ、「私、賃貸マンション持ってるよ」なんて言う方も少ないので、不動産投資をしている人は少ないと思われがちですが、実は意外と身近な存在かもしれません。


東京は、単身世帯が増加する


イメージ画像 東京タワー

2020年末時点で東京23区の人口は950万人を突破し、 1世帯当たりの人数は1.83人と、ほとんどが単身者となっています。 ※参考:東京都の統計 住民基本台帳による東京都の世帯と人口(区市町村別男女別人口/地域別世帯数及び一世帯当たり人員)

自分が住むための家を購入する単身者は多くありません。 単身者のほとんどが、大学生や社会人の賃貸住まいか、お一人暮らしのご老人であると推測されます。


今後も、スマートシティの実現に向けて進む再開発により、都心の単身世帯はさらに増加する可能性が高いです。実際、東京都も「2035年には都内の世帯数のうち単身世帯の割合が50%を超える」と予想しています。

不動産投資を始めようとお考えなら、増加傾向にある単身者をターゲットにした「東京23区のワンルームマンション投資」を視野に入れてみてはいかがでしょうか?

単身者が増えてもワンルームマンションは増えない


イメージ画像 マンション

単身者の増加に応じて、ワンルームマンションも増えるのでしょうか?

その答えは、「いいえ」です。

東京23区では、すべての区にワンルームマンションの建築に対する規制が条例で制定されています。区によって規制条件は違いますが、「一戸あたりの最低専有面積の指定」「総戸数に対し一定数以上、ファミリータイプ住宅を設置する」などがあります。たとえば、渋谷区では2013年に、28㎡未満のワンルームマンションが建築できなくなるなどの条例が制定されました。

ワンルームマンションは規制の影響で新築物件の建築が抑えられているのです。

需要が増えているのに供給が増えないということは、高い入居率を維持できるということです。

不動産投資で安定した収入を得たいのなら、 このような市場に参入することも一つです。ぜひ、自分に合った投資スタイルを考えていただければと思います!


初心者にもおすすめのワンルームマンション投資

初めての不動産投資は、分からないことだらけで不安だと思います。

そんな「不動産投資初心者」におすすめしたいのが、「ワンルームマンション投資」。その中でも、さらにおすすめなのが、「東京23区築浅中古ワンルームマンション投資」です!

その理由は、以下の通りです。

●不動産投資の中でも比較的少額で始められる

不動産投資は、一棟アパート、一戸建て、一棟マンション、区分マンションなど、さまざまな種類に分類されます。

区分マンションの中でも「ワンルームマンション」は規模が小さいため、投資用物件の中では比較的安い価格で販売されています。

さらに、中古物件であれば、新築より安く販売されるため、「中古ワンルームマンション」は不動産投資の中でもリスクが低く、初心者向けの物件タイプだと言えます。


●管理の手間がかからない

ワンルームマンションは、他の不動産に比べて管理の手間がかかりません。

たとえば、一棟物件は、何部屋分もの管理+建物全体の管理をする必要があります。一方、ワンルームマンションは、所有している部屋の専有部分だけを管理すれば良いのです。

それだけでなく、一棟物件は、築年数が経過すれば外壁の塗り替えやエレベーターの改修工事など、さまざまな大規模修繕が発生し多額の修繕費が発生してしまうのに対し、ワンルームマンションなら、毎月納める管理費・修繕積立金が大規模修繕等の費用に充てられますので、一度に大きな修繕費が発生しないというのもポイントです。


●失敗するリスクが少ない

「東京23区築浅中古ワンルームマンション投資」は、失敗してしまうリスクがかなり低いです。

その理由は、先述したとおり、需要が多いのに供給が少ないから。

需要が多く供給が少ないということは、空室リスクが低いということ。
それはお分かりいただけると思います。

そして、空室リスクが低いということは、常に安定した家賃収入を得ることができ、失敗してしまうリスクが少なくなるということなのです!


イラスト 街並み

不動産投資を始めようと検討されている方は、おそらく「老後の年金不安解消のため」「今より豊かな生活を送りたい」など、さまざまな目的があることと思います。

目的を果たすために不動産投資を始められるのなら、失敗しないことが第一です。

失敗しないために気を付けるべきポイントや、この先選ばれる物件などを詳しく知りたい方は、ぜひ弊社のセミナー・無料個別相談へご参加ください!


毎週開催!和不動産の不動産投資セミナー

和不動産では毎週、さまざまなテーマで不動産投資セミナーを開催しています!

東京23区築浅中古ワンルームマンション投資のメリットはもちろん、不動産投資における注意点やリスク、入居者から選ばれる物件や空室リスクの低い物件の選び方など、最新の不動産市況とともに詳しく解説いたします。

不動産投資について勉強したい方、これから不動産投資を始めるにあたり基礎から知識をつけたい方はぜひご参加ください!

▼和不動産のマンション投資セミナー開催スケジュール
和不動産 セミナー申込み

プロに相談!和不動産の無料個別相談

和不動産では、無料個別相談を随時受付中です!

今の年収に満足できないため副業や資産運用を検討している」
「不動産投資を始めたいけどローンがきちんと返済できるか不安」
「相続税や所得税など、税金対策に不動産投資を始めたい」
など、お金や不動産投資に関するお悩みは、無料個別相談にてご相談ください!

お客様の不安解消のため、適切なアドバイスとご提案をさせていただきます。
初回個別相談では物件のご提案はいたしませんので、小さなことでもぜひお気軽にお申込みください!

▼個別相談は、対面とWEBの両方からお選び頂けます!
個別相談 随時受付中


不動産投資セミナー 無料個別相談 ウェビナー 和不動産の特徴 マンション投資 生命保険の代わり LINE公式アカウント オーナー様の声 オリジナルコンサルシステム 代表取締役 仲宗根 和徳書籍 間違った相続税対策が争族と後悔を生む! コロナショックで判明!安心を得るための方程式は【本業+資産収入】でした! マンション経営で結果を出すために習慣を変えるべき理由 変化に対応 資産管理会社の活用法 メディア掲載実績 和不動産youtube公式チャンネル engage

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー