不動産投資関連情報◆注目の街情報!第4回 東京駅◆ 2013年11月9日(和不動産スタッフブログ) 不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  スタッフブログ  >  2013  >  11月9日

スタッフブログ

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

2013年11月9日【不動産投資関連情報◆注目の街情報!第4回 東京駅◆】

◆注目の街情報!第4回 日本を代表する拠点に復活 東京駅◆

皆さん、こんばんは!注目の街情報 第4回目は東京の中心東京駅をお届けします。2002年の丸ビル竣工により観光スポットとして大きく変化している。同エリアでは、丸の内地区の大家といわれる三菱地所が1兆円をJR東日本が東京駅周辺だけで約2,000円規模の 大型投資を行い、東京の中心として復権するとともに、世界の東京として更なる発展を遂げている。

このエリアには現在4,000の事業所があり、約240,000人就労している。また、アジアヘットクオーター特区のメインエリアとして、今後も発展が期待される。

全体で約120ヘクタールのエリアに約30戸のビルが竣工され丸の内のイメージがガラッと変わりました。

丸の内再開発

★東京ステーションシティ★

一方東京駅構内、八重洲側で開発を推進しているのがJR東日本と森トラスト。東京駅を含む開発エリアを「東京ステーションシティ」の コンセプトで東京駅を単なる通過点でなく、一つの大きな街ととらえ、丸の内側では歴史と伝統、八重洲側では先進性を前面に出した新しい文化が発信されるような行きづくりを推進しています。

一連の再開発の結果、大丸東京新店の来店客数は、前年から2.5倍増の大盛況となりました。

これらの開発により東京駅は、日本を代表するビジネス街だけでなく、商業施設も兼ね備えた新しい街に生まれ変わりました。今後は、アジアヘッドクォーター特区のビジネスコンシェルジュも併設されているため、国際化の促進も進み、ますます注目だましとなって行くことでしょう。

オリジナルコンサルシステム セミナー開催中 相続税対策 メディア掲載実績 相続税・生前贈与対策は和不動産で 老後破産を防ぐ フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー