不動産投資関連情報◆個人の不動産への投資ブームについて◆ 2013年11月21日(和不動産スタッフブログ) 不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  スタッフブログ  >  2013  >  11月21日

スタッフブログ

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

2013年11月21日【不動産投資関連情報◆個人の不動産への投資ブームについて◆】

◆個人の不動産投資ブームについて◆



個人の不動産投資ブームが広がりを見せていると住宅新報が報じました。特に最近増えているのが20代~30代の若年層です。 年金不安など将来への備えが主な動機であります。これについて検証したいと思います。

★☆★☆★☆★☆★≪商品によって客層が違う≫★☆★☆★☆★☆★☆



ワンルームマンションなどの不動産を購入し、他人に貸して賃料収入を得たり、その後の売却によって利益を得る不動産投資。 新築ワンルームマンションのデベロッパーの顧客は、30代~50代の会社勤めの男性がほとんど。 定年後の家賃収入を得たい時期に合わせて住宅ローンの完済計画を立て資産形成をしているという。 一方中古のワンルームマンションの販売会社では20代~30代の購入層が増えているという。 こちらの購入動機は設けたいというよりは何かしないと将来が不安と考える人が多いようです。 株よりも不動産の方が安定感があると言う見方をしている人が多い。



201314965756



会社によって販売方法も異なりますし、商品ラインナップも異なりますので一概には言うことはできませんが、 個人個人にあったコンサルティングを行うことが大切であると再確認しました。

★☆★☆★☆★☆★≪ポイントは≫★☆★☆★☆★☆★☆



大切なことは自分に合った持ち方をするということが大事なのではないでしょうか?若い方は預貯金も少ないので、手頃に始められるもの行うのはわかりますが、50代の方が少額の頭金で始めてもリスクが伴います。若い人と年配の方では置かれてる状況も異なりますし、一概に比較はできません。このように一つの方法が正しいのではなくてどの方法でもやり方次第では上手くいくと思います。ただ、それがご自身にあってるかどうかは別です。しっかりとご自身に合った方法考えていきましょう。



DR109_L



今後も将来の不安は減ることはないと思いますので、不動産投資が年金対策のスタンダードな商品になると確信しました。


オリジナルコンサルシステム セミナー開催中 相続税対策 メディア掲載実績 相続税・生前贈与対策は和不動産で 老後破産を防ぐ フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー