不動産投資関連情報◆外国人を取り込め!-その1-◆ 2014年1月17日(和不動産スタッフブログ) 不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  スタッフブログ  >  2014  >  1月17日

スタッフブログ

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

2014年1月17日【不動産投資関連情報◆外国人を取り込め!-その1-◆】

◆外国人を取り込め!-その1-◆



和不動産では、オーナー様にとって有益になりそうなお話をブログで紹介しています。その中で、業界紙「住宅日報」は有益な不動産オーナーにとって、情報が満載です!それでは、2014年1月7日付の「住宅新報」の記事からのお話を紹介 します。



*******************************************



今後の日本を知るには、政策を知るのが一番!



国が定めた区域において、規制改革等の施策を総合的かつ集中的に推進 するために必要な事項を定める国家戦略特区法案が、昨年の臨時国会で成立。



経済社会の構造改革を重点的に推進することにより、産業の国際競争力を強化すると共に、国際的な経済活動の拠点の形成を促進するための法律だ。2013



国家戦略特区を指定すると共に、特区ごとの区域方針を決定する。 安倍政権は、「日本を世界で一番ビジネスのしやすい国にする!」 としており、大胆な規制改革が行われることになる。



国家戦略特区には、「農業」「教育」など様々な分野があるが、注目は「都市再生・まちづくり」だ。



昨年10月に日本経済再生本部が決定した「国家戦略特区における 規制改革事項等の検討方針」では、都市再生・まちづくりの特区内での規制改革として、



①都心居住促進のための容積率・用途等土地利用規制の見直し ②エリアマネジメントの民間開放(都市機能の高度化等を図るための道路の占用基準の緩和) ③滞在施設の旅館業法適用除外が挙げられる。



*******************************************DR118_L



少し硬い文章で、聞きなれない言葉も多いですが、 一言でいうと、少子高齢化に向けて人口減少に歯止めをかけるべき、『外国人を取り込むための魅力的なまちづくり』を進めるということです。



次回は、この特区の詳細をご紹介します。 では、続きはまた。


オリジナルコンサルシステム セミナー開催中 相続税対策 メディア掲載実績 相続税・生前贈与対策は和不動産で 老後破産を防ぐ フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー