不動産投資関連情報◆「トーキョーを買え!」第二弾!◆ 2014年1月20日(和不動産スタッフブログ) 不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  スタッフブログ  >  2014  >  1月20日

スタッフブログ

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

2014年1月20日【不動産投資関連情報◆「トーキョーを買え!」第二弾!◆】

◆「トーキョーを買え!」第二弾◆



引き続き、2014年1月11日付の「週刊東洋経済」からの不動産の記事を紹介します。



*******************************************



19ILCU13「東京はお買い得」戻ってきた海外マネー



なぜ、東京なのか。 オリンピック開催決定や円安などもあってこの傾向は加速しており、 「不動産市場はこの2~3ヶ月でヒートアップしている。



昨年の夏以降は6月~7月の価格で買おうとして買えない」状態です。



海外勢による日本不動産特科型のファンド組成も相次いでいる。



「今後少なくとも2~3年間は投資するのにグッドタイミングではないか」とみているらしいです。



日本の投資用不動産の市場規模は米国について大きい。 投資用不動産(取引額)の市場規模は、1位の米国は25.4%、2位は日本は10.1%、3位は熱狂していようにみえる中国で7.0%です。 「東京だけでみると、経済規模は世界一の都市。 人口も1300万人を有し、法律的な規制もきちんとしていて治安も良く、 物件も十分なストックを抱えている」と判断されています。



ですが、外国人投資比率は2割程度と他の主要都市よりまだ低いです。 1位のロンドンは2320億ドル、海外投資家割合58% 2位のニューヨークは1600億ドル、33% 3位の東京は1560億ドル、19% 4位のパリは1090億ドル、50% 5位のロスアンゼルスは970億ドル、26% となっています、



ということは、日本はまだまだ外国人投資比率が高まっていく予感があります。



続きはまた!

20131


オリジナルコンサルシステム セミナー開催中 相続税対策 メディア掲載実績 相続税・生前贈与対策は和不動産で 老後破産を防ぐ フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー