不動産投資関連情報◆「トーキョーを買え!」第三弾!◆ 2014年1月21日(和不動産スタッフブログ) 不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  スタッフブログ  >  2014  >  1月21日

スタッフブログ

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

2014年1月21日【不動産投資関連情報◆「トーキョーを買え!」第三弾!◆】

◆「トーキョーを買え!」第三弾!◆



引き続き、2014年1月11日付の「週刊東洋経済」からの不動産の記事を紹介します。



*******************************************



「東京はお買い得」戻ってきた海外マネー



AV152_Lさらに、低金利状態が続いていることで、他国と比べても物件投資利回りと金利の差 が比較的大きい状態にあります。 つまり、物件から得られる賃料に対する借入コストが低く、その差額の収益を 安定的に得られることに魅力があります。



「圧倒的な資本調達コストの低さから、東京は割安とみられている。 足元の投資利回りは、物件価格が上がっておりやや低下傾向にあるが、 それでもグリーバルに見た投資市場としはとても魅力的な市場だ」 と海外投資家はみています。



06~07年の不動産ミニバブル時は、日本にハイリスク・ハイリターン狙いの 投資家が殺到した。それが一転、今や世界随一の安定市場になっているのです。



ミニバブル時は、売却益狙いにヘッジファンドに代わって、日本不動産への投資を 拡大させているのは、「政府系投資ファンド」や「年金基金」など、 「長期投資を志向する投資家」です。



さらに、ここへきて存在感を強めているの、アジアの投資家です。 「日本は依然経済大国で国内消費も底堅い。ビザの緩和やLCCの参入などで 海外からの観光客の増加も見込める。 こんな素晴らしい投資対象はない」という声も聴きます。



現に、2013年は日本への渡航者が過去最高で1000万人を超えたそうです。 益々魅力が高まりますね!



続きはまた!

キャプチャ88


オリジナルコンサルシステム セミナー開催中 相続税対策 メディア掲載実績 相続税・生前贈与対策は和不動産で 老後破産を防ぐ フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー