◆不動産投資セミナーレポート② 2014年1月25日◆ 2014年1月31日(和不動産スタッフブログ) 不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  スタッフブログ  >  2014  >  1月31日

スタッフブログ

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

2014年1月31日【◆不動産投資セミナーレポート② 2014年1月25日◆】

2014年1月25日◆

 ◆不動産投資セミナー開催レポート②◆



                               こんにちわ!



DSCN0545 今回も先日の「本格派FP大倉修治先生による投資不動産セミナー」



 「2014年、今年の不動産投資のトレンドはこれだ!」の開催レポート第二弾です。



 前回の日経新聞の【景気指数】の続きです。 こちらに、不動産関連の数字もあります。



 ⑥マンション契約率 首都圏・近畿圏  →首都圏では、昨年80%前後。契約率の平均は70%なの   で、昨年はマンションが売れたことがわかります。



⑦公共工事請負金額 前年比 →昨年は、4月以降20%超もあり、9月には約30%となってます。   ここににて、資材の高騰もあり、RC造で使用する「HK鋼材」が1.35倍高騰したのが、1月21日の   日経新聞夕刊に出ていました。また、工事を請け負う職人の数が不足し、人工費用も上がっているようで、今から、新築のアパートを建てるのはどうかとの話もありました。



①の新発10年国債が伸びているので、金融機関から融資が受けやすくなっているということも あります。

キャプチャ

キャプチャ.PNG1

キャプチャ.PNG2



続いて、「東京カンテイ」という不動産鑑定の統計を出しているところのデータからの話しですが、 中古マンション70㎡の販売価格が上がっており、特に23区は価格上昇率が高いです。 また、さいたま市の価格が上がったのは、2015年3月開業予定の『東北縦貫線(上野東京ライン)』 計画【宇都宮線・高崎線・常磐線】により、利便性が上がるとの見込みらしいです。



投資不動産に言えば、物件価格が上がり利回りが下がっても、来る相続税の増税に備えて、 ワンルームマンションやタワーマンションなどを購入して、税額を下げるという 節税対策で購入する人も増加したそうです。



続いては、「金融政策の副作用」のお話しです。 金融資産の6割が現預金の日本では、インフレになると金利が増加するので、 それほど金利を上げないのではというのが、大倉先生の見解でした。 ただ、資産を持つものと持たざるものとの貧富の格差が大きくなるのは、 確実視されていると断言されてました。



今回は盛りだくさんなので、セミナーレポートはここまでで、 次回続きを報告します!ではまた!


オリジナルコンサルシステム セミナー開催中 相続税対策 メディア掲載実績 相続税・生前贈与対策は和不動産で 老後破産を防ぐ フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー