不動産投資情報◆2014年1月1日現在の公示地価を公表◆ 2014年3月19日(和不動産スタッフブログ) 不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  スタッフブログ  >  2014  >  3月19日

スタッフブログ

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

2014年3月19日【不動産投資情報◆2014年1月1日現在の公示地価を公表◆】

みなさんこんにちは!!

本日は18日に発表されました 2014年1月1日現在の公示地価についてお話したいと思います。

東京、大阪、名古屋の三大都市圏は前年比0.7%上昇致しました。

2013

リーマンショック前の2008年以来、6年ぶりにプラスになりました。

東北では東日本大震災と福島第1原発事故に伴う移転需要などから、 福島県は住宅地が19年ぶりに上昇に転じました。

宮城県の住宅地も昨年に続きプラスとなり、上昇率は2年連続で全国1位でした。

syarie

東京の湾岸地域の住宅地は、オリンピックの開催決定で、 人気に拍車がかかっています。

このうち中央区勝どきの住宅地では、地価が10.9%上昇し、 東京で上昇率が最も高くなりました。

背景にあるのは、2020年の東京オリンピックと パラリンピックの開催決定を追い風にした「マンション人気」です。

この地区は、東京オリンピックの選手村予定地から徒歩圏内にあり、 オリンピックの開催決定後、

マンションの資産価値が一躍注目を集めました。 さらに「環状2号線」という新橋や虎ノ門に直結する道路の延伸工事が進み、

交通アクセスが上がることも人気に拍車をかけています。

マンションの販売センターの本江孝充所長は 「オリンピックが決まる前からの事業だったが、追い風を非常に感じている」

と話しています。

 

投資家さんにとっては地価があがるということは 土地の評価があがるので固定資産税が 少しあがってしまうかもしれませんが、

物件の価格も上がるので キャピタル・ゲインが狙える可能性がありますから総合的には 良いお話だと思います。

本日はここまで!! でわ、また★

オリジナルコンサルシステム セミナー開催中 相続税対策 メディア掲載実績 老後破産を防ぐ フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー